2017.12.06

■第5回公害資料館連携フォーラムin大阪【12/15-17】

標記のフォーラムが開催されます。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、あおぞら財団のサイトをご参照ください。
http://aozora.or.jp/archives/29615
----------
日程:2017年12月15-17日(金-日)
会場:大阪市立大学 杉本キャンパス全学共通教育棟 ほか
参加費:
 フィールドワーク:3,500円
 フォーラム:3,500円/学生2,500円
12/15(金) 13-17時 フィールドワーク 2コース(先着55名)
(1)西淀川コース:定員30名 (あおぞら財団案内)
 国道43号の環境対策、淀川、千北診療所、あおぞら苑、大野川緑陰道路、西
淀川・公害と環境資料館見学、公害患者のお話
(2)尼崎コース:定員25名(あまけん、尼崎市立地域研究史料館案内)
 赤とんぼセンター(公害患者のお話)、杭瀬団地、国道43号の環境対策、元
浜緑地、キャナルベース、21世紀の森、尼崎市立地域研究史料館見学
12/16(土) 13時~20時30分 基調講演/分科会/交流会
13:00-15:00 基調講演「記憶の繋ぎ方:場所の力とメモリアル」
 東 自由里さん
15:15-17:45 分科会
16-1[資料保存]公害資料の活用
 ゲスト:尼崎市立地域研究史料館、西淀川・公害と環境資料館
 担当委員:清水善仁(法政大学大原社会問題研究所環境アーカイブズ)、小
田康徳(西淀川・公害と環境資料館)
16-2[学校]公害と差別を考える
 ゲスト:古川正博((公社)全国人権教育研究協議会事務局次長)
    小玉敏也(麻布大学、(一社)日本環境教育学会、元埼玉県公立小学
校教員)
 担当委員:高田研(都留文科大学)、安藤聡彦(埼玉大学)、畑中一成(大
阪市人権教育研究協議会)
16-3[地域づくり]公害患者が望む「公害の教訓」の活かされ方とは
 ゲスト:森脇君雄(西淀川公害患者と家族の会会長)
 担当委員:除本理史(大阪市立大学)、川中大輔(龍谷大学)
18:30-20:30 交流会(会場 野のはなハウス(大阪市立大学内))
12/17(日) 9時30分~15時 分科会/全体会
9:30-12:00 分科会
17-1[公害入門]日本の公害環境問題の克服と裁判の役割
 ゲスト:村松昭夫(あおぞら財団理事長、大阪西淀川公害訴訟弁護団、大阪
アスベスト弁護団団長)
 担当委員:小田康徳(西淀川・公害と環境資料館)、西村仁志(広島修道大
学)
17-2[語り部]語り部からの学びを深める
 ゲスト:松永真純(大阪教育大学非常勤講師)、西淀川公害患者と家族の会
 担当委員:北村美香(結creation)、吉永利夫(ミナコレ)、安藤聡彦(埼
玉大学)、高田研(都留文科大学)、畑中一成(大阪市人権教育研究協議会)
17-3[企業]企業とともに公害の経験を伝える
 ゲスト:菱山隆二(企業行動研究センター所長)
 担当委員:除本理史(大阪市立大学)、清水万由子(龍谷大学)、五十嵐実
(日本自然環境専門学校)
13:00-15:00 フォーラム 全体会
主催:第5回公害資料館連携フォーラムin大阪実行委員会(順不同)
共催:(一社)日本環境教育学会、(公社)日本環境教育フォーラム
後援(予定):環境省、大阪府、大阪市、大阪府教育委員会、大阪市教育委員
会、ESD活動支援センター、全日本博物館学会、日本展示学会、日本アーカイ
ブズ学会、水平社博物館、大阪私立学校人権教育研究会、アジア・太平洋人権
情報センター(ヒューライツ大阪)、きんき環境館、朝日新聞社、毎日新聞社、
産経新聞社、共同通信社、エコネット近畿
協力:尼崎市立地域研究史料館、地球環境パートナーシッププラザ
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

■法政大学大原社会問題研究所の専門嘱託(アーキビスト)募集

法政大学大原社会問題研究所が、専門嘱託(アーキビスト)1名を募集してい
ます。
業務内容は以下の通りです。
----------
大原社会問題研究所環境アーカイブズにかかる以下の業務
・所蔵資料の整理・目録化
・閲覧ならびに利用者対応
・webサイト・ネットワーク管理
・書庫・閲覧室の環境整備
・その他,所長が必要と判断した業務
----------
応募条件は以下の通りです。
----------
いずれの条件も満たす方
(1)大学院博士前期課程または修士課程修了以上の学歴を有する者
(2)資料館や公文書館等の資料保存利用機関において,資料の整理・保存・
公開等の実務経験を有する者
必須ではないが,図書館司書・博物館学芸員や資料の整理・保存・公開等に関
する資格を有する者が望ましい。
----------
応募締切は2018年1月10日です。
詳しくは、同大学のサイトをご参照ください。
http://www.hosei.ac.jp/saiyo/senmon_2_bosyu.html

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

2017.11.23

■講演会「学習院アーカイブズの効用」【12/5】

標記の講演会が開催されます。
詳しくは、全国大学史資料協議会のサイトをご参照ください。
http://www.universityarchives.jp/archives/2017/11/post_179.html
----------
日時:平成29(2017)年12月5日(火) 17時30分~19時00分
会場:学習院大学 西5号館 202教室
    http://www.gakushuin.ac.jp/mejiro.html
講師:高埜 利彦 氏(学習院大学教授)
演題:「学習院アーカイブズの効用」
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

■デジタルアーカイブ学会関西支部第1回例会【12/7】

標記の例会が開催されます。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、デジタルアーカイブ学会のサイトをご参照ください。
http://digitalarchivejapan.org/bukai/kansai
----------
日時:12月7日(木)13:00~16:30(開場12:30)
場所:エルおおさか本館6階604号室
報告1:デジタルアーカイブに関わる肖像権を60分で学ぶ in 関西 (13:00~
14:45)
 福井健策(弁護士・骨董通り法律事務所)
報告2:国立民族学博物館における地域研究画像デジタルライブラリの構築と
研究者支援(仮)(15:00~16:30)
 飯田卓(国立民族学博物館 学術資源研究開発センター 准教授)
 丸川雄三(国立民族学博物館 人類基礎理論研究部 准教)
主催:
 デジタルアーカイブ学会関西支部
 エル・ライブラリー(大阪産業労働資料館)
定員:30名(先着順)
参加費:無料
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

2017.11.13

■公開シンポジウム 「地域の記憶と記録を今に活かす ─ 地域文化資源デジ タルアーカイブの役割 ─」【11/24】

標記のシンポジウムが開催されます。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、東京文化資源会議のサイトをご参照ください。
http://tohbun.jp/blog/2017/10/23/post-1032/
----------
主催 東京文化資源会議(TCha)
 後援:デジタルアーカイブ学会(JSDA)
 協力:デジタルアーカイブ推進コンソーシアム(DAPCON)
日時・場所
 2017年11月24日(金)午後4時~6時半
 東京大学ダイワユビキタス学術研究館 ダイワハウス石橋信夫記念ホール
構成
1.基調講演「東日本大震災デジタルアーカイブからまなぶ地域アーカイブの
課題」
 坂井知志 常磐大学教授(JSDAコミュニティアーカイブ部会長)(20分)
2.報告1「谷根千デジタルアーカイブの概要と考え方」(20分)
 宮本隆史 東京大学特任助教(TCha地域文化資源デジタルアーカイブPT・
プロジェクトマネージャー)
3.報告2「DAPCONの取り組みと地方デジタルアーカイブ構築・運営支援」
(20分)
 長丁光則 デジタルアーカイブ推進コンソーシアム事務局長
<休憩>(10分)
4.パネルディスカッション「地域文化資源活用にデジタルアーカイブをどう
活かすか」(80分)
<パネリスト>(敬称略)
 長坂俊成(立教大学教授)
 水島久光(東海大学教授)
 宮本聖二(ヤフー(株)映像エグゼクティブ・プロデューサー)
 森まゆみ(作家)
 柳与志夫(東京大学特任教授):司会
参加方法
1.参加費は無料です。
2.参加申し込みは申し込みフォームからお願いいたします。
 125名の定員が埋まりしだい受付を締め切らせていただきます。
3.終了後、午後7時から懇親会を開催します。申し込みフォームに懇親会の参
加希望もご入力ください。
 会場:東京大学山上会館
 会費:5000円
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

■文書等保存利用研修会「歴史資料の公開について考える」【11/27】

北海道立文書館が、標記の研修会を開催します。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、同館のサイトをご参照ください。
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sm/mnj/gyouji/kensyu_kai.htm
----------
日時 平成29年11月27日(月) 13:00 ~ 16:30
会場 北海道庁赤れんが庁舎2階1号会議室(札幌市中央区北3条西6丁目)
内容
北海道立文書館における“非公開”の扱い
 山田正(北海道立文書館)(13:05 ~ 14:05)
アーカイブズの保存活用を巡る法的課題─その利用を中心に─
 早川和宏氏(東洋大学教授、弁護士、全史料協理事)(14:20 ~ 16:20)
質疑応答(~ 16:30)
午前中(11:20 ~ 11:50)に、希望者のみ閲覧室・書庫見学
募集 歴史資料の保存・利用に関心のある方50 名
参加無料
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

■ARMA東京支部第115回定例会「取締役会の意思決定の合理性向上」【11/28】

標記のセミナーが開催されます。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、ARMA International東京支部のサイトをご参照ください。
http://www.arma-tokyo.org/index.htm
----------
開催日程:2017年11月28日(火)午後2時00分~5時00分
開催場所:中央大学駿河台記念館 3階330号室
 〒101-8324 東京都千代田区神田駿河台3-11-5
(JR お茶の水駅、営団地下鉄千代田線新お茶の水駅、営団地下鉄丸ノ内線御
茶の水駅下車)
(主催)ARMA International 東京支部
(協力)長谷川俊明法律事務所
(後援)一般社団法人日本経営協会、記録管理学会、企業史料協議会
セミナー
(1)基調講演:長谷川俊明法律事務所 弁護士 長谷川俊明 氏
 ・テーマ:「取締役会の意思決定の合理性向上」
(2)講演(解説):
 長谷川俊明法律事務所 弁護士 荒木洋介 氏
 ・テーマ:「AIの活用による取締役会の実効性評価」 *デモを予定
 ARMA International 東京支部 西川 康男
 ・テーマ:「取締役会評価のための情報ガバナンスについて~GARP の成熟
度モデルの適用~」
(3)参加費用:会員:4,000 円、非会員5,000:円
定 員: 50名(先着順)
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

2017.11.09

全史料協関東部会第293回定例研究会のお知らせ

テーマ:「東京大学経済学図書館・経済学部資料室の所蔵資料とその保存」

○日時  平成29(2017)年12月8日(金)13:30~17:00  (13:00より受付開始)
○会場  東京大学経済学研究科学術交流棟(小島ホール)1F 第1セミナー室
     〒 113-8654 東京都文京区本郷7-3-1
     東京メトロ丸の内線・本郷三丁目駅より徒歩約6分
     都営大江戸線・本郷三丁目駅より徒歩約5分
〇研究会内容
  (1) 報告 「東京大学経済学図書館・経済学部資料室の所蔵資料とその保存」
          矢野 正隆 氏(東京大学経済学部資料室)
  (2) 施設見学
〇定員 45名(先着順)

※詳しいことはhttp://www.jsai-kanto.jp/でご覧ください。

2017.11.08

■日本自治学会第17回研究会分科会「公文書管理と情報公開」【11/11】

日本自治学会が、標記の分科会を開催します。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、同会のサイトをご参照ください。
http://www.nihonjichi.jp/
----------
日 時  2017年11月11日(土)・12日(日)
場 所  立正大学品川キャンパス
分科会A・オープンセッション
11号館5階・7階 14:30~17:00
分科会A「公文書管理と情報公開」
報告者
 嶋田 典人(香川県立文書館主任専門職員)
 勢一 智子(西南学院大学法学部教授)
 魚住 弘久(熊本大学大学院人文社会科学研究部・法学系教授)
 司 会 伊藤 正次(首都大学東京大学院社会科学研究科教授)
オープンセッション
 司 会 岩崎 忠(高崎経済大学地域政策学部准教授)
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

■シンポジウム「情報管理専門職をめぐる民間企業と大学・学界 ─記録情報 管理の現状と研究教育・人材育成─」【11/17】

標記のシンポジウムが開催されます。
参加申し込みは不要です。
詳しくは、九州大学大学院統合新領域学府ライブラリーサイエンス専攻のサイ
トをご参照ください。
http://lss.ifs.kyushu-u.ac.jp/?p=1131
----------
シンポジウム
「情報管理専門職をめぐる民間企業と大学・学界 ─記録情報管理の現状と研
究教育・人材育成─」(2017年度日本アーカイブズ学会第1回研究集会)
主催:日本アーカイブズ学会・九州大学大学院統合新領域学府ライブラリーサ
イエンス専攻
共催:九州大学附属図書館
日時:2017年11月17日(金)14時~17時
会場:九州大学中央図書館4階視聴覚ホール(九州大学箱崎キャンパス 福岡
市東区箱崎6丁目10番1号)
入場無料(どなたでも参加できます。事前申込み不要)
趣旨説明
清原和之(日本アーカイブズ学会研究部会委員)
報告
三谷直也(株式会社 日立ドキュメントソリューションズ)
「「企画」「開発」「運用」が三位一体となったプロジェクトマネジメント
支援 -記録情報管理の視点から-」
高津隆(帝国データバンク史料館)
「企業の記録と資料を守るために -出番を待つアーカイブズ専門家-」
岡崎敦(九州大学大学院統合新領域学府ライブラリーサイエンス専攻)
「21世紀の情報管理専門職の養成について」
パネルディスカッション
司会:清原和之
パネリスト:三谷直也、高津隆、岡崎敦
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

«■JBMIA文書管理システムセミナー2017「働き方改革につながる電帳法スキャナ 保存制度」【11/17】

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...