2016.08.12

■資料保存セミナー「写真保存の基礎~どのように残すことがベストなのか?」【9/9】

日本図書館協会資料保存委員会が、標記のセミナーを開催します。
参加申し込みは不要です。
詳しくは、同委員会のサイトをご参照ください。
http://www.jla.or.jp/committees/hozon//tabid/121/Default.aspx
----------
主催:日本図書館協会資料保存委員会
日時:2016年9月9日(金) 19:00-20:30
会場:日本図書館協会 2階研修室
講師:山崎信 氏
(株式会社フォトクラシック代表取締役。日本大学芸術学部写真学科非常勤
講師)
参加費無料・申込不要
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

■講演会「チリ共和国のアーカイブズ、アーカイブズ制度、アーキビストについて(仮)」【9/13】

標記の講演会が開催されます。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、学習院大学アーカイブズ学専攻のサイトをご参照ください。
http://www.gakushuin.ac.jp/univ/g-hum/arch/index.html
----------
アーカイブズ学専攻では、公益財団法人渋沢栄一記念財団(予定)、日本アーカ
イブズ学会との共催で、チリ共和国・アーキビスト協会会長エウヘニオ・バス
トス氏をお招きし、講演会を開催いたします。
「チリ共和国のアーカイブズ、アーカイブズ制度、アーキビストについて
(仮)」
日時:2016年9月13日(火)18時30分~
会場:学習院大学 北2号館10階大会議室
終了後、懇親会を予定しています。参加費1000円(予定)
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

2016.08.10

国立公文書館 ICAソウル大会記念シンポジウムを開催

【日程】2016年9月11日(日)
【時間】14:30~17:45 (※14:00開場)
【場所】一橋講堂(東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター2階)
【参加費】無料

※詳しいことはhttp://www.archives.go.jp/about/activity/ica2016.htmlでご覧ください。

2016.08.02

びぶろす-Biblos 73号(平成28年7月)

発行/国立国会図書館総務部
ISSN:1344-8412

目次
【特集:公文書を探索する】
『特集:公文書を探索する』にあたって

公文書館の国際的動向をめぐって
 学習院大学文学部教授 保坂裕興
国立公文書館の活動について
 国立公文書館総務課企画法規係公文書専門員 長谷川貴志
宮内庁宮内公文書館の紹介
 宮内庁書陵部図書課宮内公文書館公文書調査室 辻岡健志
外務省外交史料館の所蔵史料・活動の概要
 外務省大臣官房総務課外交史料館 日向玲理
近現代政治史を映す憲政資料
 国立国会図書館利用者サービス部政治史料課 鈴木宏宗
欧州議会とアーカイブ ―歴史公文書部門を訪問して―
 国立国会図書館調査及び立法考査局議会官庁資料課 舟越瑞枝

ニュージーランド図書館訪問記:国立図書館、市立図書館、議会図書館
 国立国会図書館総務部支部図書館・協力課 横田志帆子

国立国会図書館 利用者アンケートご協力のお願い
日誌(平成28年4月~平成28年6月)
国立国会図書館刊行物紹介(平成28年4月~平成28年6月)

http://www.ndl.go.jp/jp/publication/biblos/index.html

■全史料協近畿部会第134回例会「体験してみよう! よその現場 -宇治田原町郷之口区有文書-」【8/20】

全国歴史資料保存利用機関連絡協議会の近畿部会が、標記の例会を開催します。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、同部会のブログをご参照ください。
http://jsai-kinki.com/blog-entry-80.html
----------
とき 平成28年8月20日(土) 午後1時30分~4時30分
ところ  京都府綴喜郡宇治田原 郷之口会館 2階会議室
集合場所 近鉄新田辺駅前改札前(当日、係員が案内表示を出します)
集合時間 同日正午(12:00)
 集合場所から京阪バスで1時間弱移動します。バス賃は片道440円です。
車にて直接現地に集合していただいても結構です。
参加募集人員は8名までです。
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

■平成28年度 公文書館機能普及セミナー in 山口「現在〈いま〉、求められる公文書管理と公文書館~備えるべき機能と役割~」【8/31】

全国歴史資料保存利用機関連絡協議会が、標記のセミナーを開催します。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、同会のサイトをご参照ください。
http://www.jsai.jp/iinkai/chousa/20160831seminar.html
----------
日 時:平成28年8月31日(水) 13:00~16:45
会 場:山口県庁 1F  視聴覚室 (山口市滝町1-1)
定 員: 80名(事前申込み制、参加無料)
プログラム:
13:00-13:10 趣旨説明
13:10-14:40 基調講演「現在〈いま〉 、求められる公文書管理 ~公文書管理
法施行から5年を経過して~」
 早川和宏(東洋大学法学部法律学科〈教授・弁護士〉 /全史料協理事)
14:50-15:30 報告1 「高松市における公文書管理条例と公文書館」
 三好久美子(元高松市公文書館/(公財)日本都市センター)
15:30-16:00 報告2 「山口県内市町の公文書館機能~ミニマムモデル・アンケ
ート調査結果報告~」
 伊藤一晴(山口県文書館)
16:00-16:45 ディスカッション
 コメンテーター:嶋田典人(香川県立文書館)
 コーディネーター:宮田克成(三豊市文書館)
主 催:全国歴史資料保存利用機関連絡協議会(全史料協)
共 催:山口県・山口県教育委員会
----------

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

■史料論

-大津透, 桜井英治, 藤井讓治, 吉田裕, 李成市編. 史料論. 岩波書店, 2015,
299p, (岩波講座日本歴史, 21).
主な内容は以下の通りです。
----------
序論 史料論の今日的課題と成果
木簡史料論
国史の編纂─『日本書紀』と五国史の比較
中世史料学の現在
中世史と考古学
画像資料と歴史研究・叙述・教育
近世史料と調査論
アーカイブズと歴史学
オーラルヒストリーの展開と課題─歴史学と社会学の狭間から
近現代展示論─歴博「現代展示」の経験を通して
歴史資料の保全と活用─大規模災害と歴史学
----------
出版社による紹介が以下のページにあります。
https://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/01/0/0113410.html

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

■レコード・マネジメント・ハンドブック: 記録管理・アーカイブズ管理のための

-エリザベス・シェパード, ジェフリー・ヨー共著. 森本祥子, 平野泉, 松崎
裕子編訳. レコード・マネジメント・ハンドブック: 記録管理・アーカイブズ
管理のための. 日外アソシエーツ, 2016, 400p.
主な内容は以下の通りです。
----------
第1章 レコード・マネジメントを理解する
第2章 レコード・マネジメントのコンテクストを分析する
第3章 レコードを分類し、コンテクストをドキュメント化する
第4章 レコードを作成して取り込む
第5章 評価選別、リテンション、処分を管理する
第6章 レコードを保持し完全性を確保する
第7章 アクセスを提供する
第8章 レコード・マネジメントを導入する:実務および管理上の諸問題
----------
出版社による紹介が以下のページにあります。
http://www.nichigai.co.jp/cgi-bin/nga_search.cgi?KIND=BOOK&ID=A2611

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

■アーカイブズと文書管理: 米国型記録管理システムの形成と日本

-坂口貴弘. アーカイブズと文書管理: 米国型記録管理システムの形成と日本.
勉誠出版, 2016, 400p.
主な内容は以下の通りです。
----------
はしがき
序章 本書の課題
第1部 米国型文書検索システムの形成:シカゴ万博から第二次世界大戦後まで
 第1章 検索手段としての文書整理法とその改革
 第2章 米国型文書整理法の普及と教育
 第3章 米国国立公文書館における検索手段の誕生:文書整理法との関係を
中心に
第2部 第二次世界大戦前後の米国における文書選別処分・配置システム
 第4章 米国連邦政府における文書選別処分システムの確立
 第5章 レコード・マネジメントの成立と文書配置システム
第3部 近現代日本における米国型記録管理システムの導入
 第6章 米国型文書検索・配置システムの受容と変容:集中から分散へ
 第7章 日本占領と米国型記録管理システム:GHQ/SCAPによるアーカイブズ
調査
 第8章 戦後の文書管理改善運動における保存と廃棄:選別処分システムの
視点から
終章 文書管理とアーカイブズの連携に向けて
あとがき
----------
出版社による紹介が以下のページにあります。
http://bensei.jp/index.php?main_page=product_book_info&products_id=100601

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

2016.07.25

■記憶が歴史資料になるとき: 遠藤家文書と歴史資料保全

-天野真志. 記憶が歴史資料になるとき: 遠藤家文書と歴史資料保全. 蕃山房,
2016, 78p, (よみがえるふるさとの歴史, 11).
出版者による紹介が以下のページにあります。
http://banzanbou.com/annai/#book013

from ブログ「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

«■過去を伝える、今を遺す: 歴史資料、文化遺産、情報資源は誰のものか

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

ねこ時計

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...