« 法律の条文の書き方 | トップページ | 「記録社会」の功罪 »

2003.12.20

花岡事件の記念館

花岡事件記念館設立の動きがある。この地から、平和を発信するのだそうだ。

http://www.archivists.com/news.html

この文章は、記念館開館までは見やすいところにおいておく必要がありそうだ。

« 法律の条文の書き方 | トップページ | 「記録社会」の功罪 »

コメント

花岡事件の記念館と言うけれど、地元の人は入ってないんだよね~大館市花岡町だけど、もとは別々なんです。何か、さも地元の人がやってる風に見えるけど、違うんだよね。もっとも地元でも、花岡事件知ってる人はほとんど居ないからな~ちなみにちゃんとわかってる人、資料持ってる人はこの事業に参加してません。声もかかりませんでした。お株取られちゃうもんね。でも建てても資料もなくてどうするんでしょう?箱作ればいいもんじゃないでしょ。まるで一昔前の行政みたい・・・
地元の人間は冷めてますね。

な~るほど。そうなんですか。地元でなければ分からないこともあるんですね。

もっとも、この不況下にこういう運動がうまくいくんでしょうか。掲載しながら、心配したりしました。

お金なら有りますよ。メンバー見れば弁護士はいるし、資産家の県会議員はいるし、歯医者、退職公務員、和尚など みんなどんな生活して、どんな家に住んでいるか知っているから冷めているんです。購入する不動産も知ってるし(随分JAにふっかけられたな~)数年前からやっててこれしかお金が無いのはどうゆう事でしょう?鹿島からのお金も有るんじゃないのかなぁ?まぁ地元民じゃないから加害の地 花岡 なんて言葉を使えるし(人に罪があるのに地名に罪を押し付けてるみたいですよね)所詮は他人の褌・・にしか見えませんね。この件に関しては、いろいろ教えてくれる人も知ってるんでそのうちまた・・・凡ミスだと思うけど川を工事したのは韓国の人ではなく、中国人ですよ。記事には他にもいろいろあったけどとりあえず。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/38212

この記事へのトラックバック一覧です: 花岡事件の記念館:

« 法律の条文の書き方 | トップページ | 「記録社会」の功罪 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...