« スマトラ沖大地震・大津波被災文化遺産救済支援五人委員会 緊急第2次アピール | トップページ | 総合研究大学院大学葉山高等研究センターで「上級研究員」公募 »

2005.02.25

第22回 歴史研究と電算機利用ワークショップのご案内

史料電子化のメーリングリストe-siryouに以下のようなお知らせがありました。
転載可なのでここにも書きます。
↓ここから
----------------------------------------------------------------
第22回 歴史研究と電算機利用ワークショップのご案内

<期日>2005年3月12日(土)
<主催>情報知識学会 人文・社会科学系部会
<会場>東京国立博物館 平成館3階 第二会議室
東京都台東区上野公園13-9
  JR上野駅公園口から徒歩10分。
  JR鶯谷駅南口から徒歩5分。
 (ご来場の際は展覧会場に入る「正門」ではなく東京芸術大学・国際子
  ども図書館側の「西門」からおいでください)
<参加資格>ご関心のある方はどなたでも参加いただけますが、事前のお申
 し込みが必要になります。
参加ご希望の方は下記の事項を明記の上、3月9日(火)までに、
児島秀樹 koma@econ.meisei-u.ac.jp あて電子メールでご連絡ください。
●ご氏名
●ご所属(会社、学校など) 
●ご連絡先メールアドレス
●懇親会参加のご希望

【プログラム】

14:30 開会
14:40-15:30
熊本町方諸品値段調帳(天保10年亥5月―明治3年午5月)の職種品名一班:
熊本大学附属図書館寄託永青文庫史料による
安澤秀一氏

15:30-16:20
『定本 飯野家文書 中世篇』
-国指定重要文化財『飯野家文書216通』-
伊藤敦子氏(飯野文庫)

16:30-17:00
総括討論:閉会
----------------------------------------------------------------
↑ここまで

史料の電子化、というのはアーカイブズと直接関係ないのだが、まぁ、無関係ではない
と思う。歴史資料を電子形態で扱うことについて、こういう活動が続いているのはいいこ
とだと思う。散人にとっても、貴重な情報源の一つである。

« スマトラ沖大地震・大津波被災文化遺産救済支援五人委員会 緊急第2次アピール | トップページ | 総合研究大学院大学葉山高等研究センターで「上級研究員」公募 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/3070241

この記事へのトラックバック一覧です: 第22回 歴史研究と電算機利用ワークショップのご案内:

« スマトラ沖大地震・大津波被災文化遺産救済支援五人委員会 緊急第2次アピール | トップページ | 総合研究大学院大学葉山高等研究センターで「上級研究員」公募 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...