« 日本建築家協会 関東・甲信越支部 情報開発部会主催セミナー | トップページ | 「あるアーキビストの日常」2年目 »

2006.05.30

アート・ドキュメンテーション学会大会・年次大会

日程:2006年6月3日(土)、4日(日)
会場:九州国立博物館
主催:アート・ドキュメンテーション学会、九州国立博物館

日程:
6月3日(土)シンポジウム「ミュージアム・ドキュメンテーションの新時代」
6月4日(日)研究会、総会、見学会(九州国立博物館施設)
6月5日(月)オプショナル・ツアー(長崎歴史文化博物館、長崎県美術館)

6月3日(土)シンポジウム
「ミュージアム・ドキュメンテーションの新時代
 ― 新しい風は、いつだって、西から吹いて来る ―」

基調講演
東昇(九州国立博物館 研究員)
道脇寿満(福岡県企画振興部高度情報政策課 企画主幹)
 「九州国立博物館の情報とミュージアム・ドキュメンテーション」

竹内有理(長崎歴史文化博物館 教育・研究グループリーダー)
 「指定管理者制度の中のミュージアム・ドキュメンテーション
  -長崎歴史文化博物館の事例」
村田良二(東京国立博物館 研究員)
 「東京国立博物館のあらたなミュージアム・ドキュメンテーション」
高野明彦(国立情報学研究所 教授・連想情報学研究開発センター長)
 「文化遺産オンラインの目指す情報発信」
パネルディスカッション

6月4日(日)研究会
植野健造(石橋財団石橋美術館 主任学芸員)
 「日本近代美術史研究と新聞記事資料」
土屋伸夫(筑波大学大学院 博士課程 人間総合科学研究科 芸術学専攻)
 「芸術支援学から見たデザインギャラリー銀座・松屋での企画展に関する一考察」
福田博同(跡見学園女子大学文学部)
 「美術シソーラスの形成とデータの世代交代について」
川口雅子(国立西洋美術館)
 「国立西洋美術館におけるコレクション・マネジメント・システムの構築」
三嶋章浩、斎藤伸雄、秋元良仁(凸版印刷株式会社)
 「収蔵品管理ASPシステムの試作と試行結果」

詳細・問合せhttp://wwwsoc.nii.ac.jp/jads/news/2006/0603.htm

« 日本建築家協会 関東・甲信越支部 情報開発部会主催セミナー | トップページ | 「あるアーキビストの日常」2年目 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/10305663

この記事へのトラックバック一覧です: アート・ドキュメンテーション学会大会・年次大会:

« 日本建築家協会 関東・甲信越支部 情報開発部会主催セミナー | トップページ | 「あるアーキビストの日常」2年目 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...