« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006.08.18

寒川文書館開館準備ボランティア募集

目下準備を進めております寒川文書館ですが、このほど、ボランティア
による準備作業を行うことになりました。

日程は9月4日(月)~9月8日(金)です。

町民に限らず、広くお手伝いいただける方がいらっしゃれば、来ていた
だいて、それが館のPRにもつながればと考えております。

詳しくは寒川文書館開館準備ボランティア募集のページをご覧ください。

--------------------------------------------------------
ちょっとローカルな話題だが、参加できる人はぜひ参加してはいかがだろうか。
文書館の開館に立ち会うというのは、滅多にできない経験だと思う。

全史料協関東部会第237回月例研究会開催のお知らせ

1.日時 2006年9月20日(水) 14:00から16:30まで(13:30分から受付開始)
2.会場 長野県立歴史館 第一研修室
     〒387-0007 千曲市屋代260-6
     Tel:026-274-2000 e-mail:rekishikan@pref.nagano.jp
     ホームページ:http://www.npmh.net
     交通のご案内
     ・しなの鉄道屋代駅から徒歩25分 屋代高校前駅から徒歩25分
     ・長野電鉄屋代線東屋代駅から徒歩20分
     ・長野自動車道更殖ICから車5分
     ・高速道路バス停「上信越道屋代」から徒歩3分
3.内容 「資料保存機関の指定管理者制度について考える」
   14:00~14:15
    報告1 「長野県立歴史館の動向」 長野県立歴史館文献史料課 児玉卓文氏
   14:20~14:50
    報告2 「松本市立博物館の動向」 松本市立博物館 館長補佐 窪田雅之氏
   14:55~15:15
    報告3 「長野市公文書館の準備状況について」 文書館準備室 鬼頭康之氏
   15:30~ 質疑
    県立歴史館と松本市立博物館は、近年財団による運営を離れ、それぞれ県教育
   委員会・市教育部生涯学習課の管轄となりました。資料保存機関への指定管理者
   制度導入をめぐる動きが格地で見られる中、あえて直営の方針をとった見内の二
   つの博物館の取り組みと、長野県内2番目の市町村文書館となる長野市の公文書
   館の準備状況について、前半にご報告いただきます。後半はそれを受けて、参加
   者との意見交換も実施する予定です。
5.申込み 
  別紙申込書にご記入の上9月13日(水)までに、関東部会事務局あてFAX又は、
  Eメールにてお申し込みください。

研究会運営事務局
〒241-0815 横浜市旭区中尾1-6-1神奈川県立公文書館内
全史料協関東部会事務局(井上喜行)
電話045-364-4461 FAXO45-364-4459
Eメール kobun.0219@pref.kanagawa.jp

-----------------------------------------------------------------
テーマは文書館の運営の問題である。指定管理者制度との関連で論じられそうだ。
長野県では、第三者の運営から直営への変換が行われている。

最近の流れとは違う流れになっているのだが、その辺を踏まえた内容になりそうだ。

2006.08.14

第114回記録管理学会例会

「我が国において健全な公文書館制度を確立するために
 -米国から学んだこと」

沖縄県公文書館の仲本和彦氏は、メリーランド大学でのアーキビスト
養成コースを終了後、米国国立公文書館を拠点に米国の沖縄統治関係
資料の発掘に携わってこられました。併せて米国の記録管理制度、特
に公文書館の機能・運営、戦略計画策定、記録管理システム、中間書
庫システムを研究してこられ、このほど帰任されました。
今回の例会は、指定管理者制度を導入し大きな分岐点にたつ日本の公
文書館制度について、米国国立文書館の事例から学んだことを念頭に、
皆様と討議する場を設けることにしました。夏の夜の例会にぜひ皆様
のご参加をお待ちしています。

講師:仲本和彦氏((財)沖縄文化振興会公文書管理部)
日時:2006年9月8日(金)18:30~20:30(受付:18:00)
場所:九段会館 2F 孔雀の間
   千代田区九段南1-6-5 Tel:03-3261-5521
   交通:地下鉄東西線、半蔵門線、都営新宿線「九段下」4番出口
会費:6000円(夜の例会のため食事代を含む。非会員6500円)
申込:今回は会場の関係で最大20名までとさせていただきます。
   申込は8月31日までに、例会担当黒済までE-mail,FAXで。
   お名前、所属機関、連絡先(住所、TEL、FAX、E-mail)、
   所属団体名を記載し送付下さい。
   E-Mail: akurozumi@amber.plala.or.jp
   FAX:03-3237-5091 Tel:03-3237-5109(会社直通)
--------------------------------------------------------

夜の例会は珍しい。仲本氏の帰朝報告会だ。ホットな話が聞けそう。

2006.08.09

アーカイブズ・レコード・マネージメントせみなー募集案内

電子メールなどの通信手段を使用する遠隔地セミナーです。

入門コース「レコードとアーカイブズ」:
 9月上旬~2月開講
基礎コース「アーカイブズ・レコード・マネージメントの基本的理論」:
 9月下旬~2月開講

参加資格:
アーカイブズ保存利用機関((公)文書館,図書館,博物館,歴史編集機関など)
の担当者やレコード・マネージャー。

募集人員:
各コース10名まで

申込締切:8月26日(土)

詳細はhttp://www16.plala.or.jp/AoyamaARMsLab/welcomej/News/seminar.htm
ご覧ください。

------------------------------------------------------------------------------
電子メールを主体とした、アーカイブズの遠隔セミナーが始まる。まぁ、「通信教育」だ。
主催者の青山氏は、通信課程のアーカイブズ教育の教科書も出版しているので、充実したセミナーになるはずだ。

アーカイブズの授業を受けたいと思っている人にとっては朗報だろう。定着して欲しいセミナーだ。

2006.08.08

記録管理学会第113回例会(関西開催)

テーマ:「電子化文書の長期保存」

 大量の情報を扱う環境での利便性の向上や検索技術の発達、電子署名法
やe-文書法などに見られる関連法令の整備により、今後、文書の電子化
が促進される傾向にあります。
 今回の例会では、電子化文書について、特に長期にわたり“記録”とし
て保存し、かつ利用するために、考えておくべきさまざまな課題について
ご報告いただきます。みなさま、ぜひご参加ください。

内容:1.「電子化文書を“記録”として扱い続ける-法的及び技術的な
     現状と課題-」
    講師:山本隆彦氏(株式会社松村組 一級建築士)
   2.「文書を電子化する-ラボから見た現状と課題-」
    講師:松井正宏氏(株式会社アピックス JIMA上級文書情報
       管理士)
日程:2006年8月26日(土)午後1時30分~午後4時30分
会場:クレオ大阪中央 研修室(2)
   大阪府大阪市天王寺区上汐5-6-25 電話06-6770-7200
   地下鉄谷町線四天王寺前夕陽ヶ丘駅下車1、2番出口徒歩3分
共催:全国歴史資料保存利用機関連絡協議会近畿部会
参加費:無料
懇親会(参加自由):4千円程度
連絡先:例会・懇親会参加ご希望の方は下記までご連絡ください。
    関西例会担当者 平塚詩穂
    e-mail:rmsj-reikai@mail.goo.ne.jp
    FAX:072-771-2585

-----------------------------------------------------------
電子記録の長期保存というのは、現在大きな問題となりつつある。
これについての講演会が行われる用になってきた。

それにしても、「電子化」と簡単には言うのだが、作る方はいいのであるが、
それを引き受けて保存しなくてはならない方はなかなか大変であったりする。

それを焦点に当てての講演会だ。なかなか面白そうだ。

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...