« 第23回全国歴史資料保存利用機関連絡協議会全国(茨城)大会及び研修会 | トップページ | 第18回保存フォーラムのご案内 »

2007.08.19

全史料協近畿部会第91回例会のお知らせ

(近世古文書研究会と共催)

1 日 時  平成19年9月14日(金) 午後1時30分から午後4時45分

2 場 所  和泉市コミュニティセンター 1階 中集会室
        所在地:大阪府和泉市府中二丁目7-5
        電 話:0725-43-0532

3 テーマ  自治体と大学の連携-自治体史編纂事業をとおして-

4 報告者
 (1) 報告(自治体から)
   テーマ:「合同調査と地域史研究」
   報告者:森下徹氏(和泉市教育委員会文化財振興課)
 (2) 報告(大学から)
   テーマ:「地域連携事業と自治体史編纂」
   報告者:坂江渉氏(神戸大学大学院人文学研究科地域連携センター)
       村井良介氏(神戸大学大学院人文学研究科地域連携センター)

5 内容
近年、地方公共団体の財政悪化等のため、資料調査が滞っている状況を耳にすること
が多い。

また身近な歴史遺産や史料などが散逸してしまった地域も少なくない。このような状況
を打開する方法の一つとして、大学と合同で資料調査をおこなう方法などが検討されて
いる。この例会では、自治体史編纂事業をとおして、自治体と大学の連携について考え
る。

自治体側から、市史編纂の当初から大阪市立大学と協同で古文書調査をおこなってい
る和泉市にご報告いただき、大学側から、さまざまなかたちで兵庫県内の自治体史に
関わっている神戸大学大学院人文学研究科地域連携センターにご報告いただく。そし
て、2つの報告をとおして、自治体と大学の連携のメリットや問題点について考えてい
きたい。

« 第23回全国歴史資料保存利用機関連絡協議会全国(茨城)大会及び研修会 | トップページ | 第18回保存フォーラムのご案内 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/16168205

この記事へのトラックバック一覧です: 全史料協近畿部会第91回例会のお知らせ:

« 第23回全国歴史資料保存利用機関連絡協議会全国(茨城)大会及び研修会 | トップページ | 第18回保存フォーラムのご案内 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...