« 国際シンポジウム「近世アーカイブズの多国間比較」 | トップページ | シンポジウム「仏教関連資料のデジタル化の現状と将来」 »

2007.09.09

東京大学史料編纂所 学術創成特任研究員の募集

概要
平成19年度科学研究費補助金(学術創成研究費)「目録学の構築と古典学の再生
-天皇家・公家文庫の実態復元と伝統的知識体系の解明-」(研究代表者 東京
大学史料編纂所教授 田島公[課題番号:19GS0102])の研究課題遂行に伴い、禁
裏・公家文庫収蔵古典籍を中心としたデジタル画像内容目録の作成、日本古代
を中心とした古典籍・古文書等の目録学的研究及び本科研の研究組織の運営を
行える日本古代史専攻の若手研究者1名を募集。

機関・部署名:東京大学・史料編纂所
所在地:〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
職種:学術創成特任研究員
勤務形態:週40時間(年度契約。平成22年3月31日まで更新可能)。給与は本
     学規定による。
応募資格:次の各要件を満たす者。
    (1)大学院博士後期課程(古代史専攻)単位取得以上の学歴を有する者。
    (2)平成20年4月1日時点で40歳未満の者。
    (3)日本古代を中心とした古典籍・古文書等の史料学的研究を行ったこ
       とがあり、「目録学的研究」に理解がある者。コンピュータの操作
       に堪能で、大型科研等の研究組織や大学・各種研究機関等が中心と
       なった、本科研の研究課題に関連する大規模蔵書群の整理・目録作
       成・研究に従事した経験など、禁裏・公家文庫に収蔵された古典籍
       ・古文書等の充分な調査歴・研究歴があることが望ましい。
募集期間:平成19年9月10日(月)~10月5日(木)必着
採用予定日:平成19年12月1日(応相談)

提出書類、送付先、問い合わせ先等の詳細はhttp://www.hi.u-tokyo.ac.jp/index-j.html
でご覧ください。

« 国際シンポジウム「近世アーカイブズの多国間比較」 | トップページ | シンポジウム「仏教関連資料のデジタル化の現状と将来」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/16397476

この記事へのトラックバック一覧です: 東京大学史料編纂所 学術創成特任研究員の募集:

« 国際シンポジウム「近世アーカイブズの多国間比較」 | トップページ | シンポジウム「仏教関連資料のデジタル化の現状と将来」 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...