« 東京国立近代美術館フィルムセンター時間雇用職員(事務補佐員)公募 | トップページ | 人文科学とコンピュータシンポジウム「じんもんこん2007」『デジタルアーカイブと時空間の視点』 »

2007.11.06

シンポジウム「震災資料の保存と活用-文書館・図書館・博物館-

日時:2007年12月8日(土)13時~17時
会場: 新潟大学総合教育研究棟D棟大会議室(1F)
駐車場あり。新潟大学には、新潟駅から越後線に乗り換え新潟大学前駅(新潟
駅から約20分)で降り、徒歩15分でつきます。隣の内野駅からは徒歩20分でつ
きます。内野駅からはタクシーが使えます。
(〒950-2181 新潟市五十嵐2-8050)

申込方法:
11月29日(木)までに震災資料シンポ事務局(新潟大学人文学部矢田俊文研究室)へ
電話025-262-6542、Fax025-262-6542、E メール yata@human.niigata-u.ac.jp
シンポジウム、懇親会それぞれについて参加申し込みをお願いします。

・ 参加申込書・
12月8日(土)
震災資料シンポジウムに参加する ( )
懇親会に参加する        ( )


2004年10月23日に発生した「新潟県中越地震」から3年余が経過しました。ま
た、本年2007年7月16日には「新潟県中越沖地震」が起きました。本年は、
1995年1月17日に起こった阪神淡路大震災後の震災資料保存の取り組みの報告
を聞き、さらに新潟県内の文書館・図書館・博物館の3年間の取り組みの報告
を聞き、震災資料の保存・活用のあり方について考えていきたいと思います。

報告
神戸大学附属図書館震災文庫の取り組み
 神戸大学附属図書館         岡風呂賢氏・田原勝典氏
長岡市立中央図書館文書資料室の震災資料の保存と活用の取り組み 
 長岡市立中央図書館文書資料室    星純子氏
『新潟県中越大震災文献速報』の作成と課題~新潟県立図書館の取り組み~  
 新潟県立図書館          野沢篤史氏
震災民具救済の実例及び反省と今後の課題
 新潟県立歴史博物館        野堀正雄氏

パネルディスカッション
パネラー:岡風呂賢・田原勝典・星純子・野沢篤史・野堀正雄
司会:矢田俊文(新潟大学災害復興科学センターアーカイブズ分野代表)

主催:新潟大学災害復興科学センターアーカイブズ分野
共催:新潟大学附属図書館・新潟史学会・新潟大学災害復興科学センターアー
カイブズ分野

17時30分~19時30分
懇親会 新潟大学生協第1食堂

« 東京国立近代美術館フィルムセンター時間雇用職員(事務補佐員)公募 | トップページ | 人文科学とコンピュータシンポジウム「じんもんこん2007」『デジタルアーカイブと時空間の視点』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/16998521

この記事へのトラックバック一覧です: シンポジウム「震災資料の保存と活用-文書館・図書館・博物館-:

« 東京国立近代美術館フィルムセンター時間雇用職員(事務補佐員)公募 | トップページ | 人文科学とコンピュータシンポジウム「じんもんこん2007」『デジタルアーカイブと時空間の視点』 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...