« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008.02.23

ディジタルアーカイブの長期利用に関するシンポジウム

日時:2008年3月14日(金) 13:00 - 17:00
場所:筑波大学・春日キャンパス・情報メディアユニオン
    つくば市春日1-2
    つくばセンター/つくばエクスプレスつくば駅より、徒歩約10分

詳細はhttp://www.kc.tsukuba.ac.jp/index_das08.htmlでご覧下さい。

2008.02.15

人と防災未来センターリニューアル展示見学会・シンポジウム

「大規模震災と歴史資料」のご案内

 阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター(神戸市中央区)は、
一九九五年の阪神大震災の経験を語り継ぎ、
その教訓を未来に生かすことを目的として二〇〇二年に開設されました。
しかしその震災をめぐる映像や体感を重視した展示に関しては、
過去に問題点が指摘されていました。
 今年一月九日、同施設がリニューアルオープン致しました。
このたび、リニューアルされた展示を再度検討するとともに、
震災と歴史資料との関わりを考え直すための機会として、
以下のような見学会とシンポジウムを開催致します。
みなさまふるってご参加下さい。」

・日時 三月二九日(土)午後一時~五時三〇分
・場所 阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター
       http://www.dri.ne.jp/
・講師 北原糸子氏(神奈川大学教授)
    「関東大震災―資料と研究の間―」
    福田正氏(人と防災未来センター資料室)
    「人と防災未来センター資料室の現状と課題」
・参加料 五〇〇円(入館料)
・申し込み方法:史料ネット宛に住所・氏名・電話番号・見学会参加希望と明記
の上、メール・FAX・はがきで受付。定員は五〇名。
・お問い合わせ先:歴史資料ネットワーク
・主催 歴史資料ネットワーク
・共催 大阪歴史科学協議会、大阪歴史学会、京都民科歴史部会、日本史研究会

寒川文書館の普及事業

1 第1回資料保存活用講演会
 「市民が集う史料館-尼崎市立地域研究史料館に学ぶ-」
 日 時  3月8日(土)午後2時
 会 場  寒川総合図書館3階 会議室
 講 師  辻川 敦さん(尼崎市立地域研究史料館館長)
 
http://www.lib-arc.samukawa.kanagawa.jp/bunsyo/contents/oshirase.html#080209_01

2 第4回企画展
 「100年前の発掘調査−記録資料にみる大神塚古墳−」
 会 期  3月2日(日)~8月31日(日)
 会 場  寒川文書館展示コーナー
 展示説明会  3月9日(日)午前10時30分・午後2時
 
http://www.lib-arc.samukawa.kanagawa.jp/bunsyo/contents/oshirase.html#080209_02

 ボランティア募集
 日 時  2月27日(水)・28日(木)・3月1日(土) 午後1時~5時のうち、都合
      のよい時間
 内 容  上記展示のパネル作成・展示替え作業
 応 募  2月22日(金)までに文書館へ電話かFAXで
 
http://www.lib-arc.samukawa.kanagawa.jp/bunsyo/contents/oshirase.html#080209_03

2008.02.12

東京国立近代美術館フィルムセンターの時間雇用職員公募

東京国立近代美術館フィルムセンターが、
 1.事務補佐員1名(情報資料室)
 2.技能補佐員2名(相模原分館管理担当)
を公募しています。

雇用予定期間はそれぞれ以下のとおりです。
 1.平成20年4月1日~平成21年3月31日(年度契約,最大5年まで更新することが
  ある)
 2.平成20年4月1日~平成21年3月31日(年度契約,更新することがある)

職務内容は以下のとおり。
 1.映画関連資料等の整理・データ入力等及びこれらに附帯する業務
 2.映画フィルムの調査補助及び入出庫及びこれらに附帯する業務

応募資格は以下のとおりです。

 1.映画と映画保存活動に興味・関心があること。パソコンでワード、エクセルが使用できる
  こと
 2.映画フィルムの現像所等で5年以上の経験があり,フィルム編集機の操作経験を有するこ
  と。パソコンでワード、エクセルが使用できること

応募締切:平成20年3月3日(月)(必着)

詳しくは、同館のサイトの「採用情報」をご参照ください。
http://www.momat.go.jp/jinji/index.html

日野町臨時職員(町史編さん業務)の募集

滋賀県日野町が、「町史編さん事業にかかる古文書調査および編集業務」を担当する
臨時職員1名を募集しています。

雇用期間:平成20年4月1日から平成21年3月30日までです。

資格要件:4年制大学または大学院で日本近世史または近代史に関わる分野の専門課程を履
修した方で、古文書調査(解読および整理)または自治体史編さんの実務経験があり、自動
車の運転ができる方

募集期間:平成20年2月26日(火)まで。

詳しくは、同町のサイトをご参照ください。
http://www.town.shiga-hino.lg.jp/contents_detail.php?co=new&frmId=646

「学芸員募集の掲示板」で紹介されていました。
http://www.town.shiga-hino.lg.jp/contents_detail.php?co=new&frmId=646
http://8531.teacup.com/yondaro/bbs/1987

東京都公文書館の非常勤職員募集


専務的非常勤職員(事務補佐員)1名を募集しています。
職務内容:整理閲覧業務(資料整理保存、目録作成、閲覧業務等)

応募資格:大学学部卒業又は卒業見込みの者
     職務上求められる能力として、以下の条件を満たしていること。
     ・人文科学に関する一定以上の知識を有すると認められる者
     ・歴史史料に関する一定以上の知識を有すると認められる者
     ・コンピューター(機器管理、情報ネットワーク)にある程度精通している者
任用期間:平成20年4月1日から平成21年3月31日までの1年間(更新あり)です。
応募締切:平成20年2月15日(金)です。

詳しくは、同館のサイトをご参照ください。
http://www.soumu.metro.tokyo.jp/01soumu/archives/99bosyu.htm

2008.02.05

バイタル・レコード・マネジメント

バイタル・レコード・マネジメント
-貴方の会社・機関は大丈夫ですか?いざという時の重要記録文書管理-

2008年2月22日(金) 14:00~17:00
バイタルレコードとは、コーポレートガバナンスや内部統制の観点から、企
業の存続に不可欠な重要記録文書のことで、これが失われると、その企業は、
社外に向けての説明責任が果たせなくなります。バイタル・レコード・マネ
ジメント(VRM)とは、たとえ災害・テロ・事故・事件などの緊急事態に遭遇
しても、バイタルレコードが使える様に管理しておくことをいい、VRMによる
事業継続が、顧客を守り、従業員を守り、事業を守ることに繋がります。

今回のセミナーでは,VRMを他に先駆け実施されてきた富士ゼロックス株式会社
の石井幸雄氏を講師にお迎えします。

富士ゼロックス株式会社は、かねてより緊急事態への対応策を協議されており
ましたが、1995年の阪神淡路大震災において、神戸支店のあったビルが半壊し
た状況で、約40万ページにも及ぶ契約書類の消失から間一髪で逃れたという経
験から、全社をあげて本格的にVRMに取り組み始められました。

実体験に基づいた危機管理を学ぶ絶好の機会ですので,沢山の方のご参加をお
待ちいたしております。なお,セミナー終了後,講師を交えての懇親会を実施い
たしますので,こちらにも奮ってご参加ください。

講師:石井 幸雄 氏(富士ゼロックス株式会社)
定員:50人
参加費:会員:4,200円、 非会員:6,300円(いずれも消費税込み)
 ※ 開催7日前以降のキャンセルについては、参加費の全額を頂戴いたします。

後援:記録管理学会
(なお、記録管理学会会員の方は、上記の会員価格でご参加できます。)

会場案内:
大阪大学中之島センター
住所:〒530-0005大阪市北区中之島4-3-53
TEL:06-6444-2100 FAX:06-6444-2338
URL:http://www.onc.osaka-u.ac.jp/

交通機関:
阪神本線 福島駅より 徒歩約9分
JR東西線 新福島駅より 徒歩約9分
JR環状線 福島駅より 徒歩約12分
地下鉄四つ橋線 肥後橋駅より 徒歩約10分
地下鉄御堂筋線 淀屋橋駅より 徒歩約16分
大阪市バス(53系統・75系統) 大阪駅前バスタミナル→田蓑橋 下車徒歩1分
大阪市バス(107系統) 天満橋→淀屋橋→肥後橋→土佐堀一丁目 下車徒歩8分

申込方法:
協会Web(http://www.infosta.or.jp/info_semi/semitop.html)をご覧下さい。

開催の7日前までに受講票・請求書等をお送りいたします。

申込みと同時に入会される方は、入会金を免除の上、次年度(2008年度)入会とし
ます。
ご入金確認後、本セミナーに会員価格で参加できます。さらに、2008年の会誌1月
号から3月号まで贈呈します。
(年会費 普通会員11,000円、学生会員5,500円)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...