« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008.04.27

NPO法人 情報公開クリアリングハウス記念講演

NPO法人 情報公開クリアリングハウスでは定期総会と記念講演「公文書管理の現
状と課題」を開催します

 日時:2008年5月13日(火) 
  1.総会(19:00-20:00)、2.記念講演(20:00-21:00)
 場所:東京ウィメンズプラザ・視聴覚室℃ 
 講師:後藤仁さん(神奈川大学法学部教授・政府「有識者会議」メンバー)
  ※記念講演は,どなたでも参加できます(資料代500円)
   参加希望の方はメールでお申込みください icj@clearing-house.org

情報公開クリアリングハウスのサイト:http://www.clearing-house.org/

平成20年度香川県立ミュージアム嘱託職員(学芸業務)募集要項

平成20年6月1日から香川県立ミュージアムにおいて、古文書解読を中心とする
専門業務に従事する嘱託職員を募集します。

1.採用予定人数・業務内容
採用予定人数:2名程度
業務内容:主に館内での資料整理(古文書解読)を中心とした専門的業務
     に従事します。

2.受験資格
次の各号のすべての条件を満たす者
ア 大学・大学院で歴史学等を学び、博物館学芸員資格を有し古文書解読ができ
  る者、又はそれと同等の能力があると認められる者
イ パソコンの基本操作(ワード、エクセルなど)のできる者

詳しくは同館のサイトhttp://www.pref.kagawa.jp/kmuseum/でご覧ください。

2008.04.15

記録と史料 第18号

 書 名:記録と史料 第18号
 編 集:全国歴史資料保存利用機関連絡協議会編集・出版委員会
 発 行:全国歴史資料保存利用機関連絡協議会
 発行年:2008年3月31日
     B5判 135p ISSN 0917-2343
目次

■研究
 日本におけるアーカイブズのオンライン総合目録
  構築にむけて                 五島敏芳 p.1-17

■特集1:ICA/SPA京都会議ー概要と意義、参加記    p.18-30
 ICA/SPA運営委員会全史料協交流レセプション
  ー開催実行委員会事務局の報告         数野文明
 ICA/SPAとの交流レセプション参加記     藤隆宏
 ICA/SPA交流レセプションに参加して
  ーメキシコのアーカイブズと公文書管理     村井友子
 2007年ICA/SPA運営委員会・全史料協
  交流レセプションに参加して          野村晃子

■特集2:シンポジウム 未来への遺産ー重要文化財
  「京都府行政文書」の保存と活用             p.31-40
 シンポジウムの概要と意義
  ー科研費研究の紹介も含めてー         福島幸宏
 シンポジウム参加記               柴田知彰
 近現代史研究と近代行政文書の公開方法の課題
  ー文書館への期待と要望ー           竹永三男

■世界の窓
 わたしと米国公文書館             青木冨貴子 p.41-44

■アーカイブズ・ネットワークー南から北からー
 市民運動の結実ー小山市文書館の開館       平田輝明 p.45-49
 磐田市歴史文書館の開館について         佐藤喜好 p.49-53
 分子科学研究所・史料編纂室の現状        木村克美 p.53-55
 核融合科学研究所核融合アーカイブズ室      木村一枝 p.56-60
 地方史研究協議会シンポジウム
  「歴史資料保存利用運動のなかの公文書館法
   ーその理念と現実ー」            平野明夫 p.60-61

■書評と紹介                        p.62-72
 小川千代子+阿部純、大川内隆朗・鈴木香織・研谷紀夫/著
  『アーカイブを学ぶー東京大学大学院講義録
    「アーカイブの世界」ー』       加藤 James
 高山正也/編『公文書ルネッサンスー新たな
  公文書館像を求めてー』            宮田克也
 木下敏之/著『日本を二流IT国家にしない
  ための十四ヵ条』               藤吉圭二
 鈴江英一/著『開拓史文書の森へー近代史料の
  発生、様式、機能ー』             佐藤宥紹

■資料ふぁいる
 全史料協第33回(茨城)大会・研修会の記録         p.73-107

■会員刊行物情報                      p.108-120

■全史料協この一年                     p.121-125

■全史料協会則                       p.126-133

■会誌投稿規定・執筆要領                  p.134-135

編集後記

---------------------------------
 本書は非会員にも有償頒布しています。
 全史料協の出版物に関する問合せ先は、全史料協編集・出版委員会事務局まで

問合せ:全史料協編集・出版委員会事務局
 〒680-0017 鳥取県鳥取市尚徳町101 鳥取県立公文書館内
        TEL.0857-6675-5552 FAX 06-6675-5552

2008.04.14

国文学研究資料館パートタイム職員の募集

パートタイム職員の募集について
当館では、パートタイム職員を次のとおり募集します。

1.採用期間 平成20年5月1日~平成21年3月31日
(採用期間は、更新することがある。最大3年間。)
2.職 名 事務補佐員
3.採用予定数 下記業務内容1~4について各1名

4.業務内容 事務補助
 1庶務・秘書関係
 2経理関係
 3システム管理業務補助
 4史料整理(目録編集準備)業務補助

5.応募資格 ・1~4とも高校卒以上又はそれと同等以上の学力を有し、パソコ
ンでワード、エクセル等が使用できること。
・1~4とも仕事に熱意があり、協調性に富んでいること。
・3については、インターネットの基礎知識及びコンピュータの基
礎知識を有すること、また、システム構成、ネットワークの基礎
的知識があれば、なお望ましい。
・4については、近世・近代の古文書が読め、史料目録の作成・編
集ができる者。
6.勤務条件等 ・勤務日 1~3とも月曜日~金曜日(ただし、祝日、年末年
始(12/29~1/3)を除く)
4については、月曜日~木曜日
・勤務時間 週30時間(1~3は1日6時間、4については、
月曜日、火曜日は8時間、水曜日、木曜日は7時間)
・勤務場所 国文学研究資料館(住所:東京都立川市緑町10-3)
・給与等 時給 876 円~1,200 円(当館規程により算出)
通勤手当有り、各種保険適用(健康保険、厚生年金、
雇用保険)

7.応募要項 履歴書(自筆・写真貼付)を下記まで郵送願います。
なお、「4.業務内容」のうち、希望するものを履歴書に明記するこ
と。(封筒の表には必ず「パートタイム職員応募」と朱書のこと)
また、4については歴史史料関係の目録編集に携わった経歴を詳細
に明記。

8.応募締切日 平成20年4月18日(金)必着
9.選考方法 書類審査の後、面接を行います。
面接日の詳細等はおって連絡します。
応募多数の場合は、面接に至らないこともありますが、ご了承願い
ます。
なお、4については面接時に古文書の読解テストを行う予定です。

10.書類提出先 〒190-0014 東京都立川市緑町10-3
国文学研究資料館管理部総務課人事係 宛

11.問い合わせ先 国文学研究資料館管理部総務課人事係 後藤、井村
TEL 050-5533-2908 又は2909
【個人情報の取扱い】
ご提出いただいた書類は採用選考のために限って、利用します。
ただし、採用された方の個人情報については、引き続き採用後の雇用管理のために利
用します。その他の方の提出書類については、採用選考終了後、返却します。

詳細はhttp://www.nijl.ac.jp/contents/pa-tosyokuinkoubo.pdfで確認してください。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...