« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008.05.28

日本レコードマネジメント社の求人

募集職種
業種:コンサルタント・シンクタンク
職種:一般事務その他
職種名:文書整理事

雇用形態:正社員

仕事の内容:
1.文書管理システムの導入を検討中の企業にプレゼンテーションを行います。
2.文書管理システムの導入を決めた企業の現状調査(ヒアリング、アンケート、実地調
  査)を行い、調査結果を集計分析し導入計画等を盛り込んで調査報告書にまとめます。
3.文書管理システムの運用ができるよう、各種のルールや運用方法を決めます。また、
  プロジェクトチームを組んで、既存文書や記録類を整備してデータベースに登録します。

募集対象となる方:未経験者歓迎
勤務地:東京都千代田区神田司町2-2新倉ビル
交通手段:
【最寄駅】
山手線神田駅から徒歩5分
地下鉄丸の内線淡路町駅から徒歩5分
地下鉄銀座線神田駅から徒歩5分

勤務時間:08:40~17:20

※応募にあたってはhttp://www.joboo.jp/で「日本レコードマネジメント」と検索の上
 「一般事務その他(文書整理事務)」でご覧ください。

2008.05.26

史料保存利用問題シンポジウム

主 催:日本学術会議史学委員会、日本歴史学協会、全史料協専門職問題委員会
後 援:日本アーカイブズ学会
日 時:平成20年6月21日(土)13:30~17:30
会 場:学習院大学南3号館201教室

次 第
開会挨拶:藤井讓治(日本学術会議会員・京都大学教授)

報告者:
高野修(元藤沢市文書館長)
 「「公文書館法」成立前後の運動と理念」
折井美耶子(総合女性史研究会)
 「地域女性史資料の保存と管理・公開―国立女性教育会館のアーカイブズ問題も含めて―」
高埜利彦(日本学術会議連携会員・学習院大学教授)
 「アーキビスト(文書館専門職)養成制度の取組と今後の課題」

閉会挨拶:木畑洋一(日本学術会議連携会員・日本歴史学協会会長・東京大学教授)

詳しくは、日本学術会議のサイトをご参照ください。
http://www.scj.go.jp/ja/event/index.html

2008.05.19

全史料協関東部会講演会

日時:2008年5月22日(木) 15:00~16:30
場所:東京都港区港勤労福祉会館 1F第一洋室
http://www.city.minato.tokyo.jp/sisetu/syoko/kinro/index.html
【プログラム】
講演会:根本 彰氏(東京大学大学院教育学研究科教授)
「地域資料とは何か-国立国会図書館調査に基づいて-」

★事前申込み不要です。参加希望者は直接会場にお越しください。
全史料協会員以外の方も参加可能です。

当日は全史料協関東部会平成20年度総会も開催されます。

2008.05.15

アート・ドキュメンテーション学会2008年度年次大会

2008 Annual Conference of JADS: Japan Art Documentation Society

シンポジウム
物語るアート・ドキュメンテーション
'Narratives in Art Documentation'

アート・ドキュメンテーションはこれまで 絵画や彫刻など静的なオブジェクト
を 対象としてきた。 一方で 時間や動きを伴う芸術や、コンテキストや物語を
孕む芸術に、 ドキュメンテーションはどう応じるのだろうか。 「物語る」は
「モノ」と「語る」 に読み解くことができる。「モノ」は記述され「コト」を
語り、 「コト」は記録され「モノ」に新たな意味を与える。
様々な芸術の形態として 絵画、マンガ、演劇・映画、舞踊、写し絵を取りあ
げ、 静と動、モノとコトの関係性を比較・検証しながら “物語るアート・ド
キュメンテーション”を考える。

主 催:アート・ドキュメンテーション学会
共 催:京都国際マンガミュージアム
後 援:京都精華大学、京都市教育委員会
会 場:京都国際マンガミュージアム 多目的映像ホール

6月7日(土)シンポジウム[第58回研究会]13:00-
6月8日(日)公募研究発表会[第59回研究会]10:00-
      第19回(2008年度)総会
      京都国際マンガミュージアム施設見学会[第43回見学会]

年次大会実行委員長 山本浩幾(早稲田大学演劇博物館)
年次大会副実行委員長 上田修三(京都国際マンガミュージアム事務局長)
------------------------------
プログラム
6月7日(土)13:00-17:30 [開場は30分前から]
■シンポジウム「物語るアート・ドキュメンテーション」
○会場館挨拶 上田修三(京都国際マンガミュージアム 事務局長)
○基調講演  「イメージとテクストの交感:歴史的事例から見るアート・ドキュ
メンテーション」 /鷲見洋一(アート・ドキュメンテーション学会会長)
○ブリーフ・イントロダクション 「物語るアート・ドキュメンテーション」のた
めに /水谷長志(独立行政法人国立美術館情報企画室長)
○趣旨説明・パネリスト紹介 /山本浩幾(早稲田大学演劇博物館)
○ 「物語る美術作品のドキュメンテーション:一西洋美術史研究者の立場から」
 /千速敏男(成安造形大学造形学部准教授)
○ 「非/アートとしてのマンガの収集・保存・公開に関する諸課題―京都国際マ
ンガミュージアムの研究活動を通じて」 /吉村和真(京都国際マンガミュージ
アム、京都精華大学国際マンガ研究センター 研究統括室長、京都精華大学マン
ガ学部准教授)
○ 「(財)松竹大谷図書館の資料整理方法について」 /井川繭子(財団法人松
竹大谷図書館司書)
○ 「3次元モデルを用いた伝統舞踊アーカイブ」 /片山美和(NHK放送技術研究
所 人間・情報 三次元映像処理研究グループ 専任研究員)
○ 「写し絵を成立させた江戸の政治と文化」 /山形文雄(劇団みんわ座代表 
「写し絵師 平成玉川文楽」)・田中佑子(劇団みんわ座美術・写し絵研究)
○パネルディスカッション
■懇親会(18:00-) ハートンホテル京都 >google map

6月8日(日)10:00-15:30 [開場は30分前から]
■公募研究発表会
○[10:00-10:25](発表1) 「東京国立博物館資料館における資料情報の整備と提
供」  /住広昭子(東京国立博物館学芸企画部博物館情報課図書・映像サービス室)
○[10:25-10:50] (発表2) 「近現代儀礼研究とドキュメンテーション-岩倉具
視の国葬に関する図巻・写真・文書の統合的研究」  /研谷紀夫(東京大学大
学院情報学環)
○[10:50-11:15](発表3) 「「図像デジタル・アーカイブ」の課題―日本大学総
合学術情報センターの実践から」  /中川裕美(日本大学総合学術情報セン
ター)  
○[11:15-11:40](発表4) 「地域ミュージアムの課題と解決策の方向性-収蔵品
管理システム導入館インタビューより」  /内田剛史(早稲田システム開発株式
会社)  
○[11:40-12:05](発表5) 「MLA+E試論-独立行政法人国立美術館における情報
〈連携〉再論」  /水谷長志(独立行政法人国立美術館情報企画室/東京国立近
代美術館情報資料室)  
12:05-12:15 休憩
12:15-13:30  総会
13:30-14:30 休憩
14:30-15:30  京都国際マンガミュージアム施設見学会

2008.05.13

JIIMA2008文書情報管理セミナー 内部統制を支える文書管理

日時:6月10日(火)10:00-17:30
会場:建築会館ホール  (定員 200 名)
 JR田町駅徒歩3分
 東京都港区芝5−26−20

詳しいことはhttp://www.jiima.or.jp/0806seminar/index.htmlでご覧
ください。

アーカイブ基礎セミナー  ゼロからの資料保存

日時:2008年6月12日(木曜日)PM1:00〜4:15
会場:大阪大学附属図書館本館(6F)図書館ホール
    豊中市待兼山町1−1  TEL06-6850-6269 / FAX06-6850-6274
主催:全国歴史資料保存利用機関連絡協議会資料保存委員会
共催:大阪大学文書館設置準備室 
後援:全史料協近畿部会・懐徳堂記念会・全国大学史資料協議会

〔参加の申込み先〕
全史料協資料保存委員会事務局(香川県立文書館)
761-0301 高松市林町2217-19 電話087-868-7171 FAX087-868-7198
E-メール:bunshokan@pref.kagawa.lg.jp
◇添付の「申込みページ」により、ファックス・メール・電話でお願い
 します。
◇申込〆切は2008年6月10日(火)です。

詳しいことはhttp://www.jsai.jp/iinkai/hozon/index.htmlでご覧ください。

2008.05.09

国際アーカイブズの日制定記念講演会の開催

演題 「江戸幕府とアーカイブズ」
講師 東京学芸大学教授
    NHK大河ドラマ「篤姫」時代考証者
    大石 学 氏
日時 2008年5月28日(水)15時~16時30分
会場 春日部市視聴覚センター
    春日部市粕壁東3−2−15(教育センター内)
    東武伊勢崎線春日部駅東口下車徒歩約10分
募集定員 先着100名
参加費  無料
申込み  電話で埼玉県立文書館へ
       048−865−0112

※ICA(国際文書館評議会)は、2007年11月に、同会が
 発足した6月9日を「国際アーカイブズの日」(International
  Archives Day)に制定し、全世界で記念行事を行うよう
  呼びかけています。

2008.05.08

2008年記録管理学会研究大会のお知らせ

2008年大会テーマ:“記録管理の人材養成を考える”
場所:学習院大学創立百周年記念会館
(JR目白駅下車 徒歩1~2分、正門入ってすぐ右側。
日時:2008年6月13日(金)午後、14日(土)午前、午後
特別講演:尾崎護氏
     (矢崎科学技術振興記念財団理事長
      ・公文書管理のあり方に関する有識者会議座長)

詳しいことは記録管理学会のサイトhttp://wwwsoc.nii.ac.jp/rmsj/でご覧ください。

2008.05.05

「中国における映像アーカイブと中国研究への応用」

中国研究データベース・ワークショップ
「中国における映像アーカイブと中国研究への応用」

開催:2008年5月15日
   (於・東京都/東洋文庫)

詳しいことはhttp://www.tbcas.jp/でご覧ください。

アーカイブズ・カレッジ(史料管理学研修会)

■ 長期コース(東京)
 平成20年7月7日(月)〜25日(金)、8月25日(月)〜9月12日(金)
  申し込み締め切り:平成20年5月16日(金)
■ 短期コース(滋賀)
 平成20年11月17日(月)〜22日(土)
  申し込み締め切り:平成20年7月4日(金)

 どちらも郵送申し込みのみ(当日消印有効)。

詳しいことはhttp://www.nijl.ac.jp/contents/events/index.html
ご覧ください。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...