« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008.06.17

第1回「国際アーカイブズの日」記念日本大会アピール

2008年6月9日に国立公文書館で「国際アーカイブズの日」記念講演会が
開催されました。

この行事の報告等が以下で読めます。


第1回「国際アーカイブズの日」記念日本大会アピール - 国立公文書館
http://www.archives.go.jp/news/pdf/080613_03.pdf

「国際アーカイブズの日」記念講演会報告 - 国立公文書館
http://www.archives.go.jp/news/pdf/080613_02.pdf

「国際アーカイブズの日」について - 国立公文書館
http://www.archives.go.jp/news/pdf/080528_01.pdf

2008.06.13

東アジア近代史学会 第13回研究大会・総会

日程:2008年6月21日(土)〜22日(日)

場所:中央大学後楽園キャンパス理工学部新3号館内 小講堂

大会参加費:会員1000円、非会員1500円、
懇親会参加費:5000円 (予定)

6月22日(日)午前9時00分受付

●歴史資料セッション(13時00分〜)

「現代における歴史学研究と私文書—保存と公開の視点から—」


現代における歴史学研究と私文書—保存と公開の視点から—
  伊藤隆氏(東京大学名誉教授)

日本近代史の私文書の保存と公開の現状
  季武嘉也氏(創価大学)

資料収集・保存と公開の問題点—私の経験と危惧—
  三輪宗弘氏(九州大学附属図書館記録資料館)

「朝鮮総督府関係者の録音記録」とその文章化をめぐる諸問題
  宮田節子氏(学習院大学東洋文化研究所)

歴史資料における“公”と“私”の領域—海外での事例—
中見立夫氏(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)

(コメンテーター)小池聖一氏(広島大学大学院)
(司会)加藤聖文氏(国文学研究資料館アーカイブズ研究系)


詳しいことはhttp://wwwsoc.nii.ac.jp/jameah/13taikai.htmでご覧ください。

2008.06.08

JIMA2008文書情報マネジメントセミナー

日程:2008年7月8日
場所:大阪産業創造館

【セミナー】
 第一部 10:00〜12:10
 第二部 13:00〜14:40
 第三部 14:50〜16:30

受講料:無料

事前申し込みが必要です。

詳しいことはhttp://www.jiima.or.jp/0807seminar/index.html
でご覧ください。

2008.06.03

「国際アーカイブズの日」

6月9日が「国際アーカイブズの日」となったことが、国立公文書館のサイトに掲載されています。
http://www.archives.go.jp/

横浜市ふるさと歴史財団の職員募集

横浜市ふるさと歴史財団が、職員(学術専門)を募集しています。
そのうち、「学術専門3」(有期雇用職員)は、「横浜の近現代史(特に現代史)に関すること」を担当します。
その受験資格は、「その大学院博士前期課程または修士課程を修了し、日本の近現代史に関する専門知識を有する人。文書資料整理経験者が望ましい」等です。
雇用期間(学術専門3のみ)は、採用の日から平成22年3月31日までです。
当初の勤務予定地は、横浜市史資料室です。
応募締切は2008年6月15日です。
詳しくは、同財団のサイトをご参照ください。
http://www.rekihaku.city.yokohama.jp/zaidn/

全史料協の要望書「文書管理法(仮称)制定に向けての要望について」

全史料協(全国歴史資料保存利用機関連絡協議会)は2008年5月12日、上川公文書管理担当大臣宛てに標記の要望書を提出しました。
その全文が、全史料協のサイトに掲載されています。
http://www.jsai.jp/file/20080527.html
要望書では、以下の4点の実現を求めています。
・文書管理に関する法の制定と施策の確立
・アーカイブズを保護する基本法の制定と施策の確立
・アーカイブズの保存利用機関設置促進の法的整備と施策の確立
・専門職員の養成及び資格認定制度の確立

第3回中国四国地区アーカイブズウィーク

中国四国地区の文書館施設は、公文書館法の施行(昭和63年6月1日)を記念し、文書館の業務に対する理解を広め、
アーカイブズ(記録資料)の保存・活用を促進するため「中国四国地区アーカイブズウィーク」を設け、記念の各種行事を実施しています。
第3回目の今年は、2008年6月1日から6月7日までの期間を中心に、展示・講座・見学等の様々なイベントが開催されます。
行事の詳細については、各館のサイトをご参照ください。
-岡山県:http://archives.pref.okayama.jp/
-広島県:http://www.pref.hiroshima.lg.jp/soumu/bunsyo/monjokan/
-鳥取県:http://www.pref.tottori.lg.jp/dd.aspx?menuid=81388
-山口県:http://ymonjo.ysn21.jp/events/eve_days.html
-香川県:http://www.pref.kagawa.jp/bunshokan/
-徳島県:http://www.archiv.tokushima-ec.ed.jp/category/0007191.html
-広島市:http://www.city.hiroshima.jp/www/contents/0000000000000/1212103019123/index.html

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...