« ジョン・テーラー氏 追悼会 のご案内 | トップページ | 第125回記録管理学会例会のご案内 »

2008.10.22

第124回記録管理学会例会のご案内

テーマ 「守りの記録管理から攻めの文書管理へ」
現在、「公文書の在り方等に関する有識者会議」で、公文書管理法制について様々な議論が展開され、
今月16日には最終報告案が審議されております。トリガーになったのは「宙に浮いた年金記録」「薬
害肝炎患者リスト放置」「補給艦の航油日誌誤廃棄」等々、次から次に明らかにされた国家機関の杜
撰な文書管理の実態であります。

今回の例会では、9月25日、超実践的文書管理の入門書「文書管理・記録管理入門」を出版された
城下直之氏を講師に迎え、ファイリングからISOマネジメントに至るまで、豊富な経験と知見をもと
に「現場の視線」でご講演いただきます。また、文書管理の必要性については、どちらかといえば「説
明責任」「法令順守」「内部統制」など「守り」を中心に考えられてきましたが、「攻め」という視点
も交えて議論を深めたいと思います。

そのため、これまでの例会のスタイルである「講演十質疑応答」という形式から「テーマ十議論」
というコロキウム(Colloquium:研究討論会)形式を試行しますので、奮ってご参集下さい。

内容:
1.講演:「文書管理・記録管理入門」
      講師 城下直之氏(エスオーファイリング研究所)
2.コロキウム:「守りの記録管理から攻めの文書管理へ」
      コーディネータ 城下直之氏
日程:2008年11月22日(土)午後1時30分一午後4時30分
            ※受付開始午後1時~
会場:大阪大学中之島センター(会議室1・2/9F)
大阪市北区中之島4丁目3番53号1も1.06-6444-2100
地図:http://www.onc.osaka-uaC.jp/otherB/map/index.php
講演:情報科学技術協会、高度情報化技術研究会、他にも依頼中
参加費:会員・後援団体会員5,000円(※書籍代含む 城下直之著『文
    書管理・記録管理入門』)
    ※上記書籍をご購入済みの方はご持参下されば参加費を2,000円にさせていただきます。
    ※非会貞6,000円(書籍ご持参の方の参加費は3,000円にさせていただきます)
締切:11月18日(火):定員(32名)になり次第、締め切らせていただきます。
申込先:お名前、所属機閑、ご連絡先(住所・電話・FAX・e-mail)を記載の上、下記まで送付下さい。
関西例会担当 石井幸雄(ご連絡は、できるだけe-mailでお願いします。)
e-mail:ishiinet@agate.pala.or.jp FAX:06-6582-0590

« ジョン・テーラー氏 追悼会 のご案内 | トップページ | 第125回記録管理学会例会のご案内 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/42869285

この記事へのトラックバック一覧です: 第124回記録管理学会例会のご案内:

« ジョン・テーラー氏 追悼会 のご案内 | トップページ | 第125回記録管理学会例会のご案内 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...