« エル・ライブラリーについて | トップページ | 滋賀大学経済学部ワークショップ「アーカイブズの可能性を開く:地域、大学、行政」 »

2008.10.27

ワークショップ「MLAの連携『デジタルへの実践と課題』」

デジタルアーカイブフォーラム(DAF)が、ワークショップを開催します。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、同フォーラムのサイトをご参照ください。
http://daf.lib.keio.ac.jp/index.php/jpn/News/node_343

テーマ
 MLAの連携「デジタルへの実践と課題」
 デジタル化における著作権、保存、流通、利用を実践から考える
日時:11月18日14:00-17:40
   慶應義塾大学東館8階会議室
スケジュール:
14:00-14:20 「デジタル・ネット時代の大学図書館:慶應義塾のデジタル化事業」
 慶應義塾大学メディアセンター所長 杉山伸也 
14:20-15:00 「MLAでのデジタルに関する国際的なプログラム(仮題)」
 OCLC RLG Programs vice-president James Michalko
15:00-15:30 「国会図書館の資料デジタル化:課題と展望」
 国会図書館 総務部企画課電子情報企画室長 田中久徳
15:30-16:00 「日本におけるデジタル・アーカイブズの紹介:国立公文書館並びにアジア歴史資料センターの取組み」
 国立公文書館理事 高山正也
16:00-16:30 「東京国立博物館における資料デジタル化」
 東京国立博物館 学芸企画部博物館情報課情報管理室 村田良二
16:30-16:45 「日本におけるアーカイブズ総合目録の構築」
 国文学研究資料館 五島敏芳
16:45-17:15 「慶應義塾大学メディアセンターにおけるデジタルへの取組み」
 慶應義塾大学メデイアセンター本部 入江伸
17:15-17:20 「デジタルアーカイブフォーラム活動報告」 入江伸
17:20-17:40 意見交換

ワークショップ終了後に簡単な懇親会を予定しております。
(会費2,000円)

主催:デジタルアーカイブフォーラム
   慶應義塾大学メディアセンター

« エル・ライブラリーについて | トップページ | 滋賀大学経済学部ワークショップ「アーカイブズの可能性を開く:地域、大学、行政」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/42924880

この記事へのトラックバック一覧です: ワークショップ「MLAの連携『デジタルへの実践と課題』」:

« エル・ライブラリーについて | トップページ | 滋賀大学経済学部ワークショップ「アーカイブズの可能性を開く:地域、大学、行政」 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...