« シンポジウム「震災資料と復興・市民参加」 | トップページ | 研究記録のアーカイブズ »

2008.12.01

東京歴史科学研究会2008年 12月 歴史科学講座

【講演】
安藤正人氏(学習院大学 アーカイブズ学)
「戦争・植民地支配とアーカイブズ―現代的課題との関わりから―」

【講演概要】

「政府は、2008年2月に「公文書管理の在り方等に関する有識者会議」を設置し、
7月に「時を貫く記録としての公文書管理の在り方」と題した中間報告を取りまと
めました。公文書管理・アーカイブズ問題をめぐる議論が注視される現在、これま
で歴史学とアーカイブズ学の協同をめざし研究・発言を行ってきた安藤正人氏に、
アーカイブズ問題の現在的課題について講演していただきます。」

【日時】
2008年12月7日(日) 14:00~(開場13:30)

【会場】
立教大学(池袋キャンパス)5号館3階 5301教室
(池袋駅西口より徒歩7分)案内図(立教大学ウェブサイト)

【参加費】
600円

« シンポジウム「震災資料と復興・市民参加」 | トップページ | 研究記録のアーカイブズ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/43284004

この記事へのトラックバック一覧です: 東京歴史科学研究会2008年 12月 歴史科学講座:

« シンポジウム「震災資料と復興・市民参加」 | トップページ | 研究記録のアーカイブズ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...