« 別冊『環』15 図書館・アーカイブズとは何か | トップページ | 「第13回ビジネスアーキビスト研修講座」開催案内 »

2008.12.22

合同シンポジウム「テレビ文化は残せるか。」

合同シンポジウム「テレビ文化は残せるか。」

 テレビ放送が生まれてから55年が過ぎました。この間、わたしたちはテレビを通してさまざまなメッセージを受け取ってきました。しかしそれを振り返ってみようとすると、過去のテレビ映像をみることができる場所と機会はごく限られていることに気付きます。テレビ番組やCMにからむ権利が複雑であるために、「他者による利用を差し止めることができる者が多くいることで資源が過少利用になっている状態」、すなわち「アンチ・コモンズの悲劇」が起きているのです。その一方で、動画ダウンロードサイトには、過去のテレビ番組やCMなどが大量にアップされていて、はからずもテレビ映像の一大アーカイブスが、権利を持たない者の力で作られている現状もあります。このシンポジウムでは、過去のテレビ映像をどのようにしてアクセス可能な形で残すことができるのか、ひいてはこれからテレビ文化はどうなるのか、著作権・アーカイブス・コマーシャルをキーワードに考えます。

テーマ:テレビ文化は残せるか。― 著作権・アーカイブス・コマーシャル ―
日 時 :2009年1月11日(日) 13:30~17:00(13:00開場)
会 場 :キャンパスプラザ京都 2階 第1会議室
    (〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下る)
主 催 : 京都精華大学表現研究機構
     国際日本文化研究センター「文化の所有と拡散」研究会
参加無料(要申込)
参加を希望される方は住所、氏名、電話番号と[合同シンポジウム希望]とご記入の上、 12月20日(土)までにFAXもしくはe-mailでお申込みください。定員は30名程度、先着順での受付となります。予めご了承ください。お申し込みの結果は、事務局よりハガキにてご連絡いたします。
FAX:075-702-5263
e-mail:hyogen@kyoto-seika.ac.jp

詳細はhttp://www.kyoto-seika.ac.jp/hyogen/news/090111symposium.htmlで御覧ください。

« 別冊『環』15 図書館・アーカイブズとは何か | トップページ | 「第13回ビジネスアーキビスト研修講座」開催案内 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/43493126

この記事へのトラックバック一覧です: 合同シンポジウム「テレビ文化は残せるか。」:

« 別冊『環』15 図書館・アーカイブズとは何か | トップページ | 「第13回ビジネスアーキビスト研修講座」開催案内 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...