« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009.01.27

寒川文書館主催 第2回資料保存活用講演会

 「図書館・文書館の底力―情報資源をみんなのために・未来のために―」
 日時:平成21年3月1日(日曜)
 会場:総合図書館・文書館 3階会議室
 講師:埼玉県戸田市立図書館・郷土博物館長 佐藤勝巳さん
 詳細
 http://www.lib-arc.samukawa.kanagawa.jp/bunsyo/contents/oshirase/oshirase.html#090116_01

2009.01.19

第5回アーキビスト・カフェのお知らせ

「アーキビストになりたくて...~オーストラリアから、岩下さんの体験~」

* 日時2009年02月11日(水・祝)午後2時から4時
* 場所賀川豊彦記念・松沢資料館(所在地等、下図参照)
* 住所:東京都世田谷区上北沢3-8-19
* TEL:03-3302-2855
* 来館のご案内URL:http://zaidan.unchusha.com/information.html
* 話題提供:岩下ゆうきさん(在オーストラリアのアーキビスト)
     +国内文書館関係者
* 参加費500円 定員30名
* 要申込み(2/6までにメールにて右記へ):asj ※ zj8.so-net.ne.jp(メールアドレスはすべて半角文字で、※はアットマークです)

日本の大学で記録管理やアーカイブズの勉強をしていた岩下さんが、オーストラリアのモナッシュ大学修士課程へ留学したのは2006-2007年※。

卒業後、日本でアーカイブズ関連の仕事に就く願いは叶いませんでしたが、現在、オーストラリアにて、アーキビストとして働いておられます。

留学から就職まで、現在の仕事の内容も含め、貴重な体験談をお聞きします。

※「豪州・モナッシュ大学におけるレコードキーパー/アーキビスト教育」『レコード・マネジメント』№ 54

平成21年度沖縄県公文書館業務嘱託員を募集

財団法人沖縄県文化振興会は平成21年度公文書館業務嘱託員を募集します

募集内容
1.職種:一般嘱託員、外国語翻訳嘱託員
2.採用人員:若干名
3.資格:平成21年4月1日で四年制大学卒業等資格要件を満たす者
4.勤務:月16日以内(交代による土日勤務あり)
5.報酬日額:一般嘱託員    9,100円
       外国語翻訳嘱託員 9,700円
6.受付期間:平成21年1月15日(木)~30日(金)
7.選考方法:一次審査 書類選考
       二次審査 面接審査
8.応募方法:履歴書(市販の用紙、写真添付)及び(財)沖縄県文化振興会嘱託員応募
  申込書を持参又は郵送にて申し込み下さい。
       ※郵送の場合は、封筒の表に「嘱託員応募」と朱書きし、簡易書留とする。
       ※嘱託員応募申込書はこちらから

詳細については「平成21年度公文書館業務嘱託員募集案内」をご覧下さい

お問い合わせ先
〒900-1105
沖縄県南風原町字新川148番地の3(沖縄県公文書館内)
 (財)沖縄県文化振興会 総務企画課
    電話 098-888-3875(土日祝除く9時~17時まで)

(財)沖縄県文化振興会は沖縄県公文書館指定管理者として、公文書館業務を行っている団体です。

2009.01.18

全史料協関東部会2月定例研究会(第250回)、第14回全史料協研究・研修委員会、企業史料協議会合同研究会

1.日時:2009年2月17日(火) 13:30〜16:50(受付開始13:00)
2.場所:人間文化研究機構 国文学研究資料館
     〒190-0014 東京都立川市緑町10-3
     TEL:050-5533-2900(代表)
     多摩都市モノレール「高松」駅から徒歩7分
     http://www.nijl.ac.jp/~koen/tizu.htm
3.テーマ及び講師
  テーマ「アーキビスト教育のいまーこの1年の動きを踏まえてー」
  報告1「日本のアーカイブズ制度と大学院教育」
      高埜利彦氏(学習院大学文学部長・史学科教授)
  報告2「日本のアーカイブズ教育における大学共同利用機関の位置(仮)」
      渡辺浩一氏(人間文化研究機構国文学研究資料館アーカイブズ研究系・
       総合研究大学院大学文化科学研究科 教授)
4.内容
   平成20年は、国の公文書管理制度の改革や文書管理法(仮称)の立法化を
  目指すめまぐるしい動きの中で、文書管理の専門家(アーキビスト・レコー
  ドマネージャー)の配置や増員、養成体制等の話題が新聞等の誌上で頻繁に
  取りあげられ、また国内初のアーカイブズ学専攻の大学院教育課程がスター
  トした記念すべき年となりました。本研究会では最近の記録・文書管理をめ
  ぐる動向を踏まえながら、アーキビスト教育の最新動向についてご報告いた
  だき、社会と組織から必要とされるアーキビスト像や教育や研修・養成体制
  や資格制度のあり方等について、実務の現場からの多様な声を交換する場に
  したいと考えます。また移転・新設なった国文学研究資料館のバック・ヤー
  ド見学も行います。皆様のご参加をお待ちしております。
   なお本研究会は、全史料協関東部会第250回定例研究会、第14回全史料協
  研究・研修委員会・企業史料協議会合同研究会の企画の共通性から合同開催
  のはこびになりました。
5.プログラム(予定)
 13:30〜    開会
 13:40〜14:30 第1部 報告1
 14:30〜15:00     報告2
 15:10〜15:40 第2部 質疑・意見交換
 15:40〜16:40 第3部 見学会
 16:50     閉会
 *終了後、国文学研究資料館内にて懇親会を開催します(会費制)
6.主催
 全国歴史資料保存利用機関連絡協議会関東部会
 全国令嗣史料保存利用機関連絡協議会研究・研修委員会
 企業史料協議会
 人間文化研究機構国文学研究資料館アーカイブズ研究系
7.申し込み
 参加ご希望の方は、2月12日(木)までにFAXまたはEメールにて
 お申し込み下さい。Eメールの場合は氏名、会員区分、所属機関または
 連絡先名,所属機関住所または連絡先住所,懇親会出席の有無を明記し
 てお送りください。
  なお参加費は無料、非会員もご参加できます(ただし懇親会は会費制)
8.連絡先
 全国歴史資料保存利用機関連絡協議会 関東部会事務局(西・本城)
 〒105-0022 東京都港区海岸1−13−17(東京都公文書館内)
 TEL:03-5470-1333 FAX:03-3432-0458
 E-mail:Takahisa_Nishi@member.metro.tokyo.jp
     Yukiko_Honjou@member.metro.tokyo.jp

 全国歴史資料保存利用機関連絡協議会 研修研究委員会事務局(岡部・阿久津)
 〒371-0801 群馬県前橋市文京町3丁目27-26 (群馬県立文書館内)
 TEL:027-221-2346 FAX:027-221-1628 E-mail:a^satoru@pref.gunma.jp

2009.01.09

東京大学東洋文化研究所「アジア古籍保全講演会」開催

開催日:平成21年1月28日(水)
場所:東京大学本郷キャンパス・薬学系研究科総合研究棟2階講堂
参加申し込み:E-mailにて、氏名、連絡先を明記してお申し込みください。
※E-mailでの申し込みができない方は、FAXまたはハガキをご利用ください。
申し込み先:東京大学東洋文化研究所図書室
lib-info★ioc.u-tokyo.ac.jp
※メールアドレスの「★」は半角の「@」に置き換えてください。
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
FAX:(03)5841-5898
締切:平成21年1月23日(金)

時間     内容        担当
10:00-10:10  開会挨拶      関本照夫(東洋文化研究所所長)
10:10-11:00  災害と資料保存   内田俊秀(京都造形芸術大学芸術学部教授)
11:10-12:00  震災時の資料収集と情報発信
       −「震災文庫」の挑戦−
                 稲葉洋子(大阪大学附属図書館利用支援課長)
13:30-14:20  必要な、複合災害対応型の「資料保存」
       −インドネシア・スマトラ沖大津波災害事例から学ぶ−
                 坂本 勇(ペーパー・コンサバター/駿河台大学非常勤講師)
14:35-15:45  東洋文化研究所図書室の資料
        移転と保全活動  東洋文化研究所図書室
16:00-16:30  総合討論

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...