« 学習院の事務嘱託募集 | トップページ | 鈴江英一氏の北海道新聞投稿 »

2009.04.07

史料ネットシンポジウム「災害の記憶と伝承」

○主催:歴史資料ネットワーク
○開催趣旨:阪神・淡路大震災からはや14年が過ぎました。映像や写
真など、被害の状況を伝える記録は数多く残っています
が、それにまつわる記憶や体験は、次世代に継承されな
ければ薄れていってしまいます。災害を経験していない
人々に、その記憶を、いかに伝え、そして共有すること
ができるのか。災害から私たちは何を学ぶことができる
のか。
地域における災害の経験の蓄積を、災害文化と呼ぶこ
とがあります。歴史上の災害伝承や地域における記憶の
あり方から、私たちの災害文化とは何であるかについて
考えてみたいと思います。ふるってご参加下さい。
○期日:2009年4月25日(土)13:30~
○会場:神戸市立新長田勤労市民センター別館 ピフレホール 会議室A
(JR・神戸市営地下鉄新長田駅前)

○内容:「伝承を防災に活かす-天竜川上流域災害教訓伝承手法について-」
笹本正治(信州大学教授)
「記憶の場所としての災害モニュメント―何が伝わり、何が伝わらないのか?―」
相澤亮太郎(神戸大学都市安全研究センター学術推進研究員)

◇◆申込み・お問い合わせ先◆◇
歴史資料ネットワーク事務局(担当:中野)
〒657-8501 神戸市灘区六甲台町1-1 
神戸大学大学院人文学研究科地域連携センター気付
FAX:078-803-5565
URL:http://www.lit.kobe-u.ac.jp/~macchan/      
e-mail:s-net@lit.kobe-u.ac.jp

史料ネットブログの記事もごらんください。
http://blogs.yahoo.co.jp/siryo_net/25619047.html

« 学習院の事務嘱託募集 | トップページ | 鈴江英一氏の北海道新聞投稿 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/44593429

この記事へのトラックバック一覧です: 史料ネットシンポジウム「災害の記憶と伝承」:

« 学習院の事務嘱託募集 | トップページ | 鈴江英一氏の北海道新聞投稿 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...