« 公開シンポジウム 市民社会の財産としての公文書・地域資料を考える | トップページ | 平成21年度財団法人土佐山内家宝物資料館学芸員・調査員採用試験要項 »

2009.06.12

アーカイブズカレッジ修了論文報告会のお知らせ

日時:2009年7月21日(火) 18:00〜20:00
場所:東京周辺 (未定)

発表予定者
 1、大石三紗子(2006年度修了)
   文書管理規程と文書館
   −神奈川県川崎市・藤沢市・寒川町を事例として−
 2、青木然 (2007年度修了)
   近代移行期における地方文書の変質
   −東金市菱沼の土屋家文書・菱沼区有文書を題材として−
 3、齋藤勉(2008年度終了)
   複合館の可能性
   —八潮市立資料館と寒川文書館の例から—

※場所は法政大学に決まったようです。なお詳細はhttp://samidare.jp/archives/でご覧ください。

« 公開シンポジウム 市民社会の財産としての公文書・地域資料を考える | トップページ | 平成21年度財団法人土佐山内家宝物資料館学芸員・調査員採用試験要項 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/45312369

この記事へのトラックバック一覧です: アーカイブズカレッジ修了論文報告会のお知らせ:

« 公開シンポジウム 市民社会の財産としての公文書・地域資料を考える | トップページ | 平成21年度財団法人土佐山内家宝物資料館学芸員・調査員採用試験要項 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...