« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009.07.21

水損史料修復ワークショップ開催(東京)

 現在、たび重なる災害から歴史資料(史料)をどのように守るかが、喫緊の課題となっています。とりわけ、水害で泥のかぶった水損史料は、カビや泥による見た目の汚さと臭いによって、地震による被災史料以上に早くゴミとして廃棄されやすいことが知られています。
 しかし、史料が水損しても、真空凍結乾燥機(フリーズドライ)やペーパータオルなどの吸水紙により乾燥・修復が可能です。そこで、このたび、水害で被災した史料の応急処置の方法について学ぶワークショップを開催したいと存じます。同時に、このワークショップを通じて、史料保存の方法と意義を考える機会にしていただきたく存じます。
 ワークショップでは、1995年の阪神・淡路大震災を契機に結成された、歴史資料ネットワーク(史料ネット)の水損史料保全活動の概要を説明した後、和紙で作成したサンプル史料を実際に水損させ、吸水紙を史料の間に挟み込み吸水乾燥させる方法を実演します。その後、参加者のみなさんにこの方法を体験していただきます。このノウハウを一人でも多くのかたがたに知っていただき、地域の史料保全に役立てていただければ幸いです。歴史や史料に関心のあるかたならどなたでも参加できます。みなさんの積極的なご参加をお待ちしております。
 なお、実習をともないますので事前申し込み制とし、希望者多数の場合は申し訳ございませんが先着40人とさせていただきます。お申し込みは、歴史科学協議会事務局までメールか電話(下記参照)にてお願いします。

【日 時】
 2009年9月12日(土)(13:30開場)14:00~17:00

【会 場】
 早稲田大学早稲田キャンパス7号館319号教室(実習は321号教室に移動)

【講 師】
 松下 正和 氏 神戸大学大学院人文学研究科特命講師
 河野 未央 氏 神戸大学大学院人文学研究科地域連携センター研究員

【内 容】
 1.歴史資料ネットワークの活動概要
 2.水損史料の応急処置実習

【参加費】
 無 料

【主 催】
 歴史資料ネットワーク/東京歴史科学研究会/歴史科学協議会

【参加受付】
 歴史科学協議会事務局
  メールアドレス rekihyo@mx10.ttcn.ne.jp
  電話 03(3949)3749

2009.07.17

文化財講習会「文化財としての行政文書の保存と活用」

 埼玉県立文書館収蔵の「埼玉県行政文書」が、国の重要文化財(歴史資料)に指定されました。明治初年から昭和22年まで の11,259点という膨大な資料です。これを記念し、様々な角度 から行政文書を考える講習会を開催します。
 どなたでも参加できます。全3日間の講習会ですが、1日だけの参加でもかまいません。興味のあるテーマにあわせておいでください(参加費は1日でも同額ですが、テキストは全講義の資料を収録しています)。

1 日 時:8月4日(火)~6日(木)全3日間 10時~15時(4日は9時45分から)
2 会 場:埼玉県立歴史と民俗の博物館 講堂
〒330-0803 さいたま市大宮区高鼻町4-219
東武野田線大宮公園駅下車 徒歩5分
(JR大宮駅で乗り換えて2駅目)
http://www.saitama-rekimin.spec.ed.jp/riyou.html#koutsu
3 共 催:埼玉県文化財保護協会、埼玉県教育委員会、埼玉県立文書館、埼玉県立歴史と民俗の博物館

4 講師とテーマ(演題は仮題):
8月4日(火)
    (1)文化財としてみる近代行政文書             文化庁美術学芸課文化財調査官 地主智彦氏
    (2)埼玉県行政文書の重要文化財指定     埼玉県立文書館公文書担当課長  太田富康氏
8月5日(水)
    (3)行政文書にみる鉄道史                  立教大学教授 老川慶喜氏
    (4)行政文書の保存と管理                  埼玉県立文書館主任学芸員 新井浩文氏
8月6日(木)
    (5)埼玉県における市町村行政文書の保存と活用    白岡町教育委員会  板垣時夫氏
    (5)アーカイブズとしての行政文書   国文学研究資料館主幹・教授 高橋 実氏

5 参加費:1,000円(資料代含む)

6 申込み:7月31日(必着)までに埼玉県文化財保護協会へ電話で申込。
    埼玉県文化財保護協会(埼玉県教育局生涯学習文化財課内)
         ℡ 048-830-6986 担当:兼子・野中・森内
         〒330-9301 さいたま市浦和区高砂3-15-1

2009.07.14

第32回行政管理講座 ─ 情報公開・個人情報保護制度と公文書管理 ─

財団法人行政管理研究センターが、標記の講座を開催します。
参加には申し込みが必要です。

詳しくは、同センターのサイトをご参照ください。
http://www1.biz.biglobe.ne.jp/~iam/index.html

日 時:平成21年7月23日(木)~24日(金)
場 所:アルカディア市ヶ谷
東京都千代田区九段北4丁目2番25 号
電話03-3261-9921
定 員:180 名
受 講 料:16,000 円 (テキスト代含む。)

プログラム
〈第1日〉7月23日(木)
オリエンテーション
13:00~14:50 公文書管理法の理念と実務
 内閣府大臣官房 公文書管理課長
 福井仁史氏

15:00~16:00 神奈川県の公文書管理制度について
 神奈川県公文書館 資料課長
 石原一則氏

〈第2日〉7月24日(金)
10:00~12:00 情報公開・個人情報保護の審査と答申
 内閣府情報公開個人情報保護審査会 事務局調査官
 田澤博司氏

13:20~15:20〔パネルディスカッション〕
 情報公開・個人情報保護制度と公文書管理
 〈司会・コーディネーター〉
  東京大学大学院教授 宇賀克也氏
〈パネリスト〉
 筑波大学法科大学院教授 藤原靜雄氏
 内閣官房公文書管理 担当者
 熊本県宇土市役所 文書管理担当者

15:20~16:00 質疑応答

JBMIA文書管理システムセミナー2009「文書管理が支える 経営力強化~IT経済政策の展開と今後の文書管理~」

社団法人 ビジネス機械・情報システム産業協会が、セミナーを開催します。

参加には申し込みが必要です。
詳しくは、同会のサイトの「What's New?」をご参照ください。
http://www.jbmia.or.jp/

主 催 社団法人 ビジネス機械・情報システム産業協会(JBMIA)
ドキュメントマネージメントシステム(DMS)部会
協 賛
ARMA International 東京支部
社団法人日本画像情報マネジメント協会
社団法人日本経営協会
タイムビジネス協議会
日 時 2009年7月24日(金)13:00~17:00
(受付開始 12:10)
会 場 飯田橋レインボービル7F 大会議室
東京都新宿区市谷船河原町11番地 TEL 03-3260-4791
アクセス
地下鉄:有楽町線/南北線/東西線/大江戸線
各線の飯田橋駅下車 神楽坂下B3出口から徒歩5分
JR:総武線飯田橋駅西口から徒歩5分
受講料 無料

講演テーマとスケジュール
13:00~13:05 ご挨拶
 社団法人 ビジネス機械・情報システム産業協会
  専務理事 中西 英夫

13:05~13:55 基調講演
ITによる構造改革と業務革新
 講師:経済産業省 商務情報政策局 情報政策課長
 鍜治 克彦 氏

14:00~14:50 特別講演
医療機関内におけるドキュメント管理・ワークフローの構築
 講師:財団法人津山慈風会 津山中央病院 副院長
 宮島 孝直 氏

15:05~15:55 テーマ1
法令・標準規格の動向からみた文書管理、記録管理システムの現状と展望
 講師:社団法人 ビジネス機械・情報システム産業協会DMS部会会員
 コダック株式会社 下嶋 秀樹

16:00~16:50 テーマ2
今見直していく 文書管理、記録管理のしくみ
 講師:社団法人 ビジネス機械・情報システム産業協会DMS部会 部会長
 株式会社 日立コンサルティング 伊藤 泰樹

シンポジウム「市民社会の財産としての公文書・地域資料を考える

全史料協(全国歴史資料保存利用機関連絡協議会)の近畿部会が、
シンポジウムを開催します。
参加申し込みは不要です。
詳しくは、全史料協のサイトをご参照ください。
http://www.jsai.jp/iinkai/kinki/e20090623-02.html

日 時 平成21年7月26日(日) 13時~16時30分
場 所 京大会館 2階 大講演室
所在地:京都市左京区吉田河原町15-9
電 話:075-751-8311(代)
交 通:京都駅より市バスD2のりば(206)「京大正門前」下車 
徒歩10分
三条京阪より京都バス17番のりば出町柳経由系統「荒神橋」
下車 徒歩5分
京阪電車「神宮丸太町駅」下車 徒歩7分
テーマ 公開シンポジウム 市民社会の財産としての公文書・地域資料を考える

報告者
講演:「時を貫く記録の保存 日本の公文書館と公文書管理法制」
 高山正也氏(国立公文書館理事・慶応義塾大学名誉教授)
対談:「近畿の資料保存と活用を考える」
 高山正也氏 ・ 井口和起氏(京都府立総合資料館長・京都府立大学名誉教授)
報告:「全史料協近畿部会の歩み」
 烏野茂治氏(近江八幡市協働政策部地域文化課市史編纂室)
ディスカッション
 進行:藤吉圭二氏(高野山大学准教授) 福島幸宏氏(京都府立総合資料館)

2009.07.13

国立公文書館アジア歴史資料、長期非常勤職員募集

職 種 一般事務
雇用形態 非常勤
雇用期間 平成2 1 年8 月1 日から平成2 1 年9 月3 0 日( 勤務成績等により平成24年3月31日まで延長あり)
資 格 高卒以上、パソコン(Word、Excel等)が扱える方
就業時間 09:00~17:30
休憩時間 45分
賃金形態 日給月給制
賃 金 日給7,550円~9,590円(経験年数による)

募集期限 平成21年 7月15日(水) 必着

詳しい事はhttp://www.archives.go.jp/news/pdf/090701_01.pdfで御覧下さい

2009.07.12

全史料協関東部会9月定例研究会(第253回)シンポジウム「地域の史料保存と人材育成ーその現状と課題ー」

期日:2009年9月17日(木)
時間:13:00〜17:00
会場:千葉県文書館 6階多目的ホール
   〒260-0013 千葉市中央区中央4-15-7
   TEL 043-227-7555
内容:
  問題提起:史料整理の現状と課題ー誰でもできる史料整理・保存の
   方法を考える」
    関東部会運営委員・新潟市歴史博物館 長谷川 伸氏
  報告1:NPOによる史料整理・保存活動の可能性について
    NPO歴史資料継承機構代表理事・日本学術振興会特別研究員
                      西村慎太郎氏
  報告2:自治体史編纂後の地域史料の保存・活用と人材育成
    全史料協近畿部会役員・奈良女子大非常勤講師 島津良子氏
  報告3:大学における地域史料を担う人材教育の現在
    國學院大學教授 根岸茂夫氏
  総合討論
   司会:新井浩文氏(埼玉県立文書館)
   パネリスト:西村・島津・根岸・長谷川
開催趣旨
  古文書・公文書を問わず、史料整理・保存事業は、史料を保存し、
 公開活用し、後世に伝えるための最も基本的な事柄です。しかし、
 昨今の厳しい財政事情や市町村合併に伴う環境変化など、事業を遂行・
 継続のためには、様々な課題に直面しているのではないでしょうか。
 今回は、関東部会運営委員会企画として、史料整理・保存事業の根幹
 である「人」の問題をテーマにシンポジウムを行います。特に、専門
 的な知識を有する人材の確保についてと、地方における人材難の問題
 について、皆さんと解決の方法を考えていきたいと思います。

問い合わせ
全史料協関東部会事務局(長野県立歴史館内)
 〒387-0007 長野県千曲市屋代清水260-6
 TEL 026-274-3993 FAX 026-274-3996
 担当 児玉卓文 下 育郎
    kodama-takufumi-y@pref.nagano.jp
    shimo-ikuo-r@pref.nagano.jp

全史料協関東部会8月定例研究会(第252回)

1.日時:2009年8月7日(金) 13:00〜17:00(受付開始 12:30)
2.会場:松本大学 5号館 521教室
      〒390-1295 長野県松本市新村2095-1
       TEL:0263-48-7385
       http://www.matsumono-u.ac.jp/
     松本大学への交通案内
     JR松本駅から私鉄上高地線に乗り換え「北新・松本大学
     前駅下車(約10分)
     *お車で参加の方は駐車券(200円)が必要です。
3.テーマ 資料保存機関との連携
   報告1 13:00〜13:30
    「図書館における地域資料の活用、長野県の事例」
      長野県立歴史館 文献史料課 児玉卓文氏
   報告2 13:30〜15:30
    「地域資料の保存と利用をめぐる図書館・文書館の取り組み」
      小平市史編さん室 蛭田廣一氏
   質疑 15:45〜17:00
     司会 全史料協関東部会総会運営委員 所沢 潤氏

趣旨
  地域資料の保存をめぐって、これまで図書館や教育機関が果たしてきた
 役割は大きい。
  長野県内の図書館における地域資料の利用事例については、県史料協事
 務局の長野県立歴史館文献資料課の児玉氏から,図書館における地域資料
 保存と利用の現状については、小平市史編さん室の蛭田氏からご報告いた
 だき、相互の課題を検討する場としたい。
  今回は資料保存機関として、関連機関との連携の必要が改めて重要性を
 増す文書館と長野県内の図書館の関係者に声をかけ、情報交換を踏まえな
 がら連携の第一歩としてゆきたい。

追記
  研究会後、宿泊施設「ほりでいゆう」(安曇野市堀金)にて懇親会を設
  けます。
  宿泊を希望される方は準備の都合上、7月20日までにご返事を下さい。
  (宿泊施設申し込み先着10名まで、12,000円)

全史料協関東部会事務局(長野県立歴史館内)
 〒387-0007 長野県千曲市屋代清水260-6
 TEL 026-274-3993 FAX 026-274-3996
 担当 児玉卓文 下 育郎
    kodama-takufumi-y@pref.nagano.jp
    shimo-ikuo-r@pref.nagano.jp

2009.07.11

国文学研究資料館、准教授1名公募

研究・業務分野は、「日本近世・近代の地域アーカイブズ資源研究を行うと
ともに、史料の整理と目録編成、データベース等の事業を担当する」です。

応募資格は以下の通りです。
(1)博士号の学位を取得している者、又はそれと同等以上の学力を有する者
(2)日本近世及び近代史料の十分な読解力があり、地域アーカイブズ資源研
   究に携わる意欲と能力がある者。また、日本文学研究等と連携し、共同
   研究等を推進する能力を有する者
(3)日本語を母国語としない場合、業務に支障がない日本語能力を有する者

応募締切は平成21年8月28日です。

詳しくは、同館のサイトをご覧ください。
http://www.nijl.ac.jp/contents/koubo.html

2009.07.05

ARMA東京支部総会併設セミナーのご案内(第91回定例会)

『時を貫く記録としての公文書管理の在り方』
 講師:内閣府内閣官房公文書管理検討室 参事官
 兼内閣府大臣官房公文書管理課 課長 福井仁史氏

日時:7月22日(水)  15:00−17:00
場所:中央大学駿河台記念館 2階 280号室
   〒100-0005 東京都千代田区神田駿河台3−11−5

参加費:1,000円
申込方法:メール又はFAXにて氏名、所属、連絡先等をご記入の上、ARMA
     東京支部までお申込み下さい。
    (お問合せ:Tel 03-3258-8677)
     E-Mail:kotani@nrm.co.jp FAX 03-3258-8670
締切日:2009年7月17日

詳細はhttp://www.arma-tokyo.org/index.htmでご覧ください。

2009.07.03

平成21年度全史料協関東部会総会及び講演会開催

日時:2009年7月17日(金)
   13:30〜16:30(13時受付開始)
会場:港区立勤労者福祉会館 1階 第1洋室
   〒108−0014 東京都港区芝5−1−18
   TEL 03-3455-6381
日程等:
 (1)総会 13:30〜14:45
 (2)講演 15:00〜16:30
    演題:「行政文書管理と記録保存ー公文書管理法と地方公共団体ー」
    講師:益田宏明氏(「行政文書管理」編集者)
申し込み:申込書に記入の上7月10日(金)までに関東部会事務局宛にFAX、
     またはEメールでお申し込み下さい。

      全史料協関東部会事務局(長野県立歴史館内)
       〒387-0007 長野県千曲市屋代清水260-6
       TEL 026-274-3993 FAX 026-274-3996
       担当 児玉卓文、下 育郎
          kodama-takufumi-y@pref.nagano.jp
          shimo-ikuo-r@pref.nagano.jp

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...