« 国立公文書館アジア歴史資料、長期非常勤職員募集 | トップページ | JBMIA文書管理システムセミナー2009「文書管理が支える 経営力強化~IT経済政策の展開と今後の文書管理~」 »

2009.07.14

シンポジウム「市民社会の財産としての公文書・地域資料を考える

全史料協(全国歴史資料保存利用機関連絡協議会)の近畿部会が、
シンポジウムを開催します。
参加申し込みは不要です。
詳しくは、全史料協のサイトをご参照ください。
http://www.jsai.jp/iinkai/kinki/e20090623-02.html

日 時 平成21年7月26日(日) 13時~16時30分
場 所 京大会館 2階 大講演室
所在地:京都市左京区吉田河原町15-9
電 話:075-751-8311(代)
交 通:京都駅より市バスD2のりば(206)「京大正門前」下車 
徒歩10分
三条京阪より京都バス17番のりば出町柳経由系統「荒神橋」
下車 徒歩5分
京阪電車「神宮丸太町駅」下車 徒歩7分
テーマ 公開シンポジウム 市民社会の財産としての公文書・地域資料を考える

報告者
講演:「時を貫く記録の保存 日本の公文書館と公文書管理法制」
 高山正也氏(国立公文書館理事・慶応義塾大学名誉教授)
対談:「近畿の資料保存と活用を考える」
 高山正也氏 ・ 井口和起氏(京都府立総合資料館長・京都府立大学名誉教授)
報告:「全史料協近畿部会の歩み」
 烏野茂治氏(近江八幡市協働政策部地域文化課市史編纂室)
ディスカッション
 進行:藤吉圭二氏(高野山大学准教授) 福島幸宏氏(京都府立総合資料館)

« 国立公文書館アジア歴史資料、長期非常勤職員募集 | トップページ | JBMIA文書管理システムセミナー2009「文書管理が支える 経営力強化~IT経済政策の展開と今後の文書管理~」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/45630526

この記事へのトラックバック一覧です: シンポジウム「市民社会の財産としての公文書・地域資料を考える:

« 国立公文書館アジア歴史資料、長期非常勤職員募集 | トップページ | JBMIA文書管理システムセミナー2009「文書管理が支える 経営力強化~IT経済政策の展開と今後の文書管理~」 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...