« 文化財保存支援機構第20回月例交流会修復の記録・アーカイブ化について考える 〜作り手と使い手の視点から〜 | トップページ | 古文書整理者募集 »

2009.09.20

国際シンポジウム「文書館・博物館のこれからとアーキビスト・キュレイター養成」

東北大学で開催されます。
詳しくは、同大学のサイトをご参照ください。
http://www.sal.tohoku.ac.jp/events09.html

日時:10月4日(日)9:30~16:40
内容:
○基調報告
安藤 正人氏
(学習院大学大学院人文科学研究科アーカイブズ学専攻 教授)
インゲボルク・カーダー氏
(ミュンヘン大学附属石膏博物館 管理責任者)
キンバレー M. モーラ-氏
(スミソニアン機構自然史博物館 展示デザイナー)

○シンポジウム
知念 淳子氏
(スミソニアン機構自然史博物館 展示プロジェクトマネージャー)
小井川 百合子氏
(仙台市博物館 副館長)
加藤 昌宏氏
(秋田県公文書館 古文書班 学芸主事)
泉 武夫
(東北大学大学院文学研究科 教授)

○シンポジウム司会進行
大藤 修氏
(東北大学大学院文学研究科 教授・アーキビスト養成コース担当者)
阿子島 香氏
(東北大学大学院文学研究科 教授・キュレイター養成コース担当者)

場所:川内北キャンパス マルチメディア教育研究棟 マルチメディアホール(2階)
主催:東北史学会・大学院GP「歴史資源アーカイブ国際高度学芸員養成計画」

« 文化財保存支援機構第20回月例交流会修復の記録・アーカイブ化について考える 〜作り手と使い手の視点から〜 | トップページ | 古文書整理者募集 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/46258808

この記事へのトラックバック一覧です: 国際シンポジウム「文書館・博物館のこれからとアーキビスト・キュレイター養成」:

« 文化財保存支援機構第20回月例交流会修復の記録・アーカイブ化について考える 〜作り手と使い手の視点から〜 | トップページ | 古文書整理者募集 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...