« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009.11.30

Q&A 公文書管理法

編著者名 :岡本信一、植草泰彦/著
判  型 :A5
定価(価格):2,000円(税込み)
本  体 :1,905円
ISBN   :978-4-324-08888-3
発行年月 :2009年10月23日

-------------------
 目次
  1 Q&A
   ・総論(目的/経緯/法律のポイント/対象となる文書/国立公文書館の機能)
   ・行政文書の管理(行政文書の作成・保存/行政文書の廃棄/コンプライアンス)
   ・法人文書の管理(法人文書の管理/コンプライアンス)
   ・特定歴史公文書等の管理(特定歴史公文書等の保存/特定歴史公文書等の利用/ほか)
   ・公文書管理委員会
   ・その他(勧告/人材育成/組織変更への対応/地方公共団体の義務/罰則)

  2 公文書等の管理に関する法律(全文掲載)

  3 公文書等の管理に関する法律案に対する附帯決議

  4 公文書管理の在り方等に関する有識者会議最終報告

逐条解説 公文書管理法

編著者名 :ぎょうせい/発行
判  型 :A5
定価(価格):2,100円(税込み)
本  体 :2,000円
ISBN   :978-4-324-08889-0
発行年月 :2009年10月20日

-------------------
 目次
  1 総論
   概要/立法化の経緯/法律のポイント

  2 各論(逐条解説)

  3 資料
   ・公文書等の管理に関する法律(全文掲載)
   ・公文書等の管理に関する法律案に対する附帯決議(衆議院・参議院)
   ・公文書管理の在り方等に関する有識者会議最終報告

2009.11.29

九州大学附属図書館記録資料館の助教公募

九州大学附属図書館の記録資料館産業経済資料部門が、助教1名を公募してい
ます。
仕事内容は以下の通りです。

1.附属図書館付設記録資料館産業経済資料部門における資料調査・整理・
目録作成・閲覧業務に従事する。
2.専門分野の研究に従事する。

応募資格は「経済史・経営史に関する論文があるもので修士課程修了以上の
もの」です。

応募締切は2009年12月25日です。

詳しくは、JREC-INをご参照ください。
http://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=4&id=D109110819&ln_jor=0

広島大学図書館研究開発室の助教公募

広島大学図書館の研究開発室が、助教1名を公募しています。
仕事内容は「和装資料・古文書等整理・解題、図書館の学術活動一般」です。
応募資格は「専門分野において優れた研究実績と能力を有し、図書館業務に
意欲があり、修士相当の学位を有する方」です。

応募締切は2009年12月28日です。
詳しくは、JREC-INをご参照ください。
http://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=4&id=D109110903&ln_jor=0

2009.11.27

国文学研究資料館パートタイム職員の募集について

1.採用期間 平成22年1月1日~平成22年3月31日
 (採用期間は、更新することがある。最大3 年間。)
2.職 名 事務補佐員
3.採用予定数 1名
4.業務内容 歴史資料の保存処置・閲覧サービス等の業務補助

詳しいことはhttp://www.nijl.ac.jp/contents/pa-totime.pdfをご覧ください。

2009.11.23

ARMA東京支部の第92回定例会

参加には申し込みが必要です。
詳しくは、同支部のサイトの「イベント情報」をご参照ください。
http://www.arma-tokyo.org/index.htm

日時 2009年12月15日(火) 13:30~16:00
場所 帝国データバンク史料館
〒160-0003 東京都新宿区本塩町22-8
Tel 03-5919-9600
交通 JR中央線・総武線、地下鉄南北線・有楽町線 市ヶ谷駅下車(防衛省前)
MAP http://www.tdb-muse.jp/information.html
プログラム
1. 講演:「ビジネス・アーカイブズの現況と課題」
講師:大谷 明史 氏(企業史料協議会理事)
2. 講演:「企業調査報告書とアーカイブズ」
講師:高津 隆 氏
3. 帝国データバンク史料館 見学
参加費 2,000円(会員)、3,000円(非会員)

2009.11.21

公文書管理法制定にともなうセミナーの開催について(予告)

1 趣旨
公文書管理法制定にともない、地方自治体において、公文書管理に関する制度をより
充実したものとするためセミナーを開催します。

公文書管理法の意義を地方自治体の視点で捉え直し、未設置を含む地方自治体におけ
る公文書館制度の現状を俯瞰します。さらに、どのように現用公文書管理を見直し、
その先にある公文書館制度を構築すべきか、その方法論についても提起したいと思い
ます。

2 主催・後援(交渉中を含む)
・ 主催:全国歴史資料保存利用機関連絡協議会
・ 後援:国立公文書館/日本歴史学協会/記録管理学会/日本アーカイブズ学会/
 (社)日本画像情報マネジメント協会/企業史料協議会/ARMA東京支部/全国
  大学史資料協議会/埼玉県地域史料保存活用連絡協議会

3 セミナーの概要
・ 日 程:平成 22 年2月5日(金) 13:00~17:30
・ 会 場:埼玉会館7B会議室(JR浦和駅西口下車徒歩10分)
・ 定 員:100 名(事前申込制・無料)

内容(題名はいずれも仮題)
報告1 地方公文書館設置に向けた現状と課題―全国調査から見えてくるもの―
講 師 全史料協調査・研究委員会委員
コメント 公文書管理法制が地方自治体に及ぼす影響、 現段階の歴史的公文書等の
保存活用状況等から、地方公文書館を設置する環境がどの程度整っているのか、全
国調査の結果を報告し、公文書館制度構築に関する情報の共有化をはかります。

報告2 公文書管理法の制定と地方自治体の公文書管理
講 師 益田宏明氏(『行政文書管理』編集者)
コメント 公文書管理法の制定を受けて、公文書管理をどのように進めるべきか、
長年地方自治体の文書管理現場を見てきた立場から、現用段階の実際的な公文書管
理の課題と対応策を提示してみたいと思います。

報告3 公文書管理条例と公文書館設置条例
講 師 早川和宏氏(大宮法科大学院大学准教授、全史料協調査・研究委員会委員)
コメント 段階的な公文書館制度の構築を前提とした法的整備について解説しま
す。また、公文書管理条例及び公文書館条例に必要な条項を具体的に提示し、公文
書館制度を構築しようとする自治体への一助としたいと思います。

4 問い合わせ先
全史料協調査・研究委員会事務局
さいたま市浦和区高砂4-3-18埼玉県立文書館内
FAX048-839-0539
℡048-865-0112
e-mail
arari.hirobumi@pref.saitama.lg.jp
(担当)新井・芳賀

2009.11.19

日本アーカイブズ学会2010年度大会

日時 2010年4月24日(土)13:00~17:00
    4月25日(日)10:00~17:00 (ただし予定)

会場 学習院大学(JR山手線目白駅下車)

内容 第1日目:講演会および総会
  第2日目:自由論題研究発表会および企画研究会

詳細は学会ホームページ( http://www.jsas.info/ )を御覧下さい。

日本アーカイブズ学会2009年度第2回研究集会

【テーマ】帝国の拡大とアーカイブズ
【共催】日本アーカイブズ学会/科学研究費補助金基盤研究(A)
「旧日本植民地・占領地関係資料ならびに原爆関係資料のアーカイブズ
学的研究」

【日時】2009年12月20日(日)
午前の部 10:00~12:00
午後の部 13:15~17:00

受付開始9時半/入場無料、直接会場にお越しください。

【会場】
立教大学太刀川記念館(池袋駅下車徒歩10分)

【プログラム】
午前の部
加藤聖文(国文学研究資料館)
「問題提起:帝国の支配構造とアーカイブズ制度─連関性と補完性の視座─」

鈴江英一(元国文学研究資料館)
「辺境に蓄積するアーカイブズ─内国植民地北海道の文書における国家と地方─」

高江洲昌哉(神奈川大学)
「対馬島庁設置の史料学的接近」

午後の部
東山京子(学習院大学大学院)
「台湾総督府文書のアーカイブズ学的研究─皇太子訪台関係文書を中心に─」

チェ・ウォンギュ(崔元圭)(釜山大学校)
「朝鮮総督府が作成した土地関係帳簿の類型と性格」

キム・ギョンナム(金慶南)(学習院大学)
「旧帝国と旧植民地記録の再認識」

学会ホームページ( http://www.jsas.info/ )のニュースにチラシ等が掲載されます。

アート・ドキュメンテーション学会創立20周年記念第4回アート・ドキュメンテーション研究フォーラム

テーマ:日本のアート・ドキュメンテーション-20年の達成
MLA連携の現状,課題,そして将来 M(useum) , L(ibrary), A(rchives)

日時:2009.12.4(金)-12.5(土)
会場:東京国立博物館平成館大・小講堂
詳細はhttp://www.jads.org/news/2009/20/20091204.htmlを御覧ください。参加申し込みもそこからとなります。

2009.11.16

シンポジウム「市町村公文書の保存と活用~“村の公文書”から生まれる新しい地域像~」

期日:平成21年11月29日(日)
会場:
【第1部】 神山町郷土資料館(名西郡神山町神領)
【第2部】 徳島県立図書館3階 集会室(文化の森総合公園)

【プログラム】
第1部 
 10:45~11:30  神山町郷土資料館見学 
(その後、文化の森総合公園 徳島県立図書館へ移動)

第2部
 シンポジウム
 13:30~  開会行事
 13;40~  基調講演Ⅰ
         「草の根文書館の意義について」
          講師:安藤 正人 氏(学習院大学大学院教授)
 14:20~  基調講演Ⅱ
         「役場文書は私たちに何を語りかけるのか」
          講師:加藤 聖文 氏(国文学研究資料館助教)
 15:00~  休憩
 15:10~  実践報告
         「神山町における資料保存運動について」
          報告者:稲飯 幸生 氏(神山町文化財保護審議会会長)
            大粟 玲造 氏(神山町文化財保護審議会元会長)
            中山  馨 氏(神山町文化財保護審議会元会長)  
 15:40~  パネルディスカッション
 16:40~  閉会行事

詳しい事はhttp://www.archiv.tokushima-ec.ed.jp/で御覧下さい。

2009.11.14

埼玉県で学芸員(アーキビスト)募集

埼玉県では中世以降の歴史学を専門とする学芸員を募集しています。

募集要領
第1次選考 12月10日(木)
受付期間:
 郵送受付期間 11月20日(金)~12月1日(火)(期間内消印有効)
 持参受付期間 11月30日(月)~12月2日(水)
  (埼玉県庁第二庁舎4階 教育局教育総務部総務課人事担当)

詳しいことはhttp://www.kyouiku.spec.ed.jp/でご覧ください。

2009.11.11

資料保存器材 緊急雇用基金事業に伴う短期パートの募集

募集要綱

募集人員:6名
勤務内容:緊急雇用基金事業 公文書劣化防止作業
勤務時間:午前9時~午後4時30分
     1ヶ月16日以内(平日火曜日~金曜日)
勤務場所:神奈川県寒川町文書館
賃金:時給1,400円~(但し試用期間2週間は時給1,200円)
   通勤手当(実費但し1日1,500円まで)
待遇:労災保険、雇用保険
勤務開始日:11月24日
応募方法:履歴書(本人自筆、写真貼付、押印、平日連絡可能な電話番号を記入)と
     ハローワークの紹介状を(有)資料保存器材 大沢宛に11月13日までに送
     付してください。3日以内に面接日を電話にてご連絡差し上げます。

     ハローワークでの求人整理番号は13010-67389691です。

お問い合わせ:osawa@hozon.co.jp

2009.11.09

ケルン市歴史文書館研究会

参加には申し込みが必要です。
詳しくは、歴史資料ネットワークのブログをご参照ください。
http://blogs.yahoo.co.jp/siryo_net/30201314.html

日時:2009年11月13日(金)17時30分~20時
場所:神戸大学文学部B棟152教室(視聴覚教室)
   (阪急電鉄「六甲」駅、JR「六甲道」駅、阪神電鉄「御影」駅から、神戸市
    バス36系統鶴甲団地行き乗車、「神大文・理・農学部前」下車)
主催:地域歴史資料学研究会(科学研究費・基盤研究(S)
   「大規模自然災害時の史料保全論を基礎とした地域歴史資料学の構築」
    研究代表者=奥村弘の研究グループ)
参加費無料

報告:
17時40分~18時
ヘルムート・へードル氏(グラーツ大学)
「ケルン市歴史文書館の被害と復興の現状について」(仮)
18時~18時40分
平松英人氏(ハレ大学)
「ケルン市歴史文書館倒壊と市民アーカイブ構想」
コメント:猪刈由紀氏(上智大学) 
コメント(20分)終了後、20時までをめどに討論
司会:奥村弘氏(神戸大学)

宮内庁の臨時事務補佐員の募集

宮内庁書陵部が、非常勤の臨時事務補佐員9名を募集しています。
業務内容は「近現代史史料等の調査・整理・読解等,その他に関する業務の
補助」です。

応募条件は以下の通りです。

・4年制大学またはそれ以上において日本史学,あるいはそれに類する専攻を
 卒業・修了した者。
・パソコン操作ができること。
・日本史(特に近現代史)史料の整理・編纂業務を経験していることが望ま
 しい。

採用期間は平成22年4月1日~平成23年3月30日(土・日・祝日を除く)で、
原則として週5日の勤務です。

応募締切は平成21年11月27日(金)必着です。
詳しくは、宮内庁のサイトをご参照ください。
http://www.kunaicho.go.jp/kunaicho/saiyo/saiyo.html

金沢市の学芸員募集

金沢市が、学芸員1人程度の職員採用候補者を募集しています。
主な職務内容は、「近世史料館などの古文書の解読や歴史資料の調査・研究
及び編さん業務」です。
受験資格のうち、年齢及び資格等は以下の通りです。

昭和45年4月2日以降に生まれた方で、加賀藩の歴史について専門的知識を
有し、古文書を扱う施設や機関等において、古文書の解読や歴史資料の調査
・研究業務に従事した職務経験年数が1年以上ある方(平成22年3月31日
 までに1年に達する場合を含む。)
1.に該当し、かつ2.又は3.いずれかに該当する方
1. 博物館法第5条に規定する学芸員の資格を現に有している方又は平成22
 年3月までに資格を取得する見込みの方
2. 大学において日本史を専修する学科又はこれに相当する課程において単位
 を取得して卒業した方
3. 大学院において日本史を専攻する研究科又はこれに相当する課程を修了
 した方

応募締切は2009年11月20日です。
詳しくは、金沢市のサイトをご参照ください。
http://www4.city.kanazawa.lg.jp/13025/saiyou/h21/gakugeiin09.html
「学芸員募集の掲示板」で2009年11月2日に紹介されました。
http://8531.teacup.com/yondaro/bbs/3220

サイバー大学のデジタルアーカイブ学教員の募集

サイバー大学世界遺産学部が、非常勤の教員2名を募集しています。
担当科目は以下の通りです。

次のうち1~4科目を担当。
・(基礎講義)アーカイブ学 コンテンツ論概論
・(基礎演習)アーカイブ学 コンテンツ論基礎演習
・(専門講義)文化情報学
・(専門講義)データベースの実例と課題
・(専門演習)データベース学演習(1)(情報資源の設計)
・(専門演習)データベース学演習(2) (教育研究への活用)
・デジタルアーカイブ学卒業研究

応募資格は以下の通りです。
・次の各号のいずれかに該当し、かつ、大学における教育を担当するにふさ
 わしい教育上の能力を有すると認められる者とする。
  1)修士または博士の学位を有する者
  2)専攻分野について、優れた知識及び経験を有すると認められる者
・本学理念に共感し、新しい大学を共に作っていこうという意欲のある方を
 歓迎いたします。

勤務地は、原則自宅または事務所です。
応募申込締切は2009年11月30日です。
詳しくは、JREC-INをご参照ください。
http://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=3&id=D109101174&ln_jor=0

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...