« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009.12.28

国立公文書館公文書専門員の募集

国立公文書館では公文書専門員10名程度を募集しています。

雇用形態:非常勤(国家公務員)
雇用期間:平成22年4月1日から平成23年3月30日(勤務成績等により更新
     することも可能)
資格:
 (1)採用時において、満40歳未満の者
 (2)政治学、行政学、法学(日本近代法制史)、歴史学(日本近現
  代史)、情報学、アーカイブズ学、記録管理学等の分野で大学
  院修士課程を修了した者(平成22年3月修了見込みの者を含む)
 (3)(2)に掲げる者と同等の知識・能力を有し、概ね3年以上の実務
  経験がある者
 (4)情報管理・処理能力、調査分析能力に優れている者
 (5)外国語(英語・中国語・韓国語等)の能力に優れている者

募集期限は、平成22年1月29日(金)必着です。
詳しくは国立公文書館でご覧下さい。

2009.12.22

人と防災未来センター震災資料専門員の募集

1:採用予定人員 若干名
2:職務内容
   震災資料及び防災に関する書籍等の収集・整理
   震災資料及び防災に関する書籍等にかかる相談
   防災教育事業の企画・実施
   人と防災未来センターの研究部門・展示部門での震災資料の活用支援
3:応募資格 原則として、大学院修士課程修了または修了見込みの者

詳しいことはhttp://www.dri.ne.jp/news/news09/application_guidebook.htmlをご覧ください。

2009.12.21

アーカイブコラム

アーカイブズについてのあれこれを記した「アーカイブコラム」があります。
http://www.archive-service.jp/colum01.html

「大阪の公文書館問題を考える」ページ

「大阪の公文書館問題を考える」ページが立ち上がっています。
http://wiki.livedoor.jp/archives_osk/

「大阪府公文書館のWTCへの移転構想が明らかになったことを受け、経過やその問題点についてまとめています。」という趣旨です。

2009.12.20

公開研究集会「アーカイブズ編成の理論と実践―公文書館の現場からの提言―」

日時:平成22年1月9日(土) 13:30~17:30
会場:人間文化研究機構国文学研究資料館 2階第1会議室(東京都立川市緑町10-3)
多摩都市モノレール「高松駅」から徒歩7分
http://www.nijl.ac.jp/~koen/tizu.htm

詳しいことはhttp://www.nijl.ac.jp/contents/reseach/kenkyukai.pdf
ご覧ください。

女性情報アーキビスト入門講座

期日:平成22年2月8日(月)~2月9日(火)1泊2日
会場:国立女性教育会館(アクセス http://www.nwec.jp/jp/about/access.html

主な内容:女性アーカイブ概論/アーカイブと著作権/資料の保存・管理方法
募集人数:女性史関係者、女性関連施設職員、図書館職員、女性史や女性アーカ
 イブに関心をお持ちの方など 50名

参加費:無料(別途、宿泊費・食費が必要)

詳細はhttp://www.nwec.jp/jp/archive/archivist.htmlをご覧下さい。

大阪大学附属図書館 研修会「写真フィルムの保存について~あなたの図書館のマイクロフィルムは大丈夫?~」

日時:平成21年12月22日(火) 午後2時~4時
会場:大阪大学附属図書館総合図書館 図書館ホール 
対象:近畿地区国公私立大学図書館職員及び資料保存に興味のある方
募集人数:50名(参加費無料)

内容:写真フィルムの保存/資料のデジタル保存 ほか
申込:次の(1)(2)(3)を明記の上、電子メールにてお申し込みください。
(1)資料保存研修会申込み (2)氏名 (3)所属
申込先:大阪大学附属図書館 図書館企画課企画係 kikaku@library.osaka-u.ac.jp

締切:平成21年12月15日(火)午後5時(参加の可否はメールで回答)
詳細は以下をご参照ください。
http://www.library.osaka-u.ac.jp/news/news2009/20091222kensyu.htm

※すでに締切を過ぎていますが、少人数ならば対応可能とのことです。

2009.12.14

企業内資料センターでの資料整理業務スタッフ募集

詳しいことは下記をご覧ください。

われわれの館
http://www5b.biglobe.ne.jp/~wir/

NO.21367 
企業内資料センターでの資料整理業務スタッフ募集

2009.12.07

国文学研究資料館機関研究員公募

「機関研究員」(当館の共同研究又は各種事業等に従事する若手
研究者の非常勤研究員)を次のとおり募集します。

1.公募内容
所属:研究部
職名及び人数:機関研究員 1名
業務:主として当館が推進する共同研究「近世地域アーカイブズの
   構造と特質」に従事する。
研究分野:アーカイブズ学

2.応募資格等
次の条件をいずれも満たしていること。
(1)博士の学位を取得した者。博士の学位取得が確実な者又は博士の学位を取得し
   た者に相当する研究業績と能力を有する者。
(2)日本近世史の専門的知識を有し、データベース構築能力を持つ者。
(3)研究業績として、研究論文を3点以上公刊していること。

3.応募締切
  平成22年1月15日(金)午後5時 必着

詳しいことはhttp://www.nijl.ac.jp/contents/koubo.htmlをご覧ください。

2009.12.04

平成21年度(平成22年度採用予定)豊橋市非常勤嘱託員(文献資料担当)採用試験

受付期間:平成21年12月14日(月)~平成22年1月15日(金)
受付時間:午前9時から午後5時まで
受付場所:豊橋市美術博物館
試験日:平成22年1月31日(日)
採用予定人員:若干名

詳しいことは
http://www.toyohaku.gr.jp/bihaku/22syokutaku/22syokutaku-bunken.htm
でご覧ください。

アーカイブズ実務情報リンクバンク

全史料協調査研究委員会が支援の一環として検討してきた
「アーカイブズ実務情報リンクバンク」が全史料協のHPに
アップされました。
http://www.jsai.jp/linkbank/index.html

2009.12.01

第129回記録管理学会例会(関西開催)

内容:
1.「設立75 周年を迎えた米国国立公文書館:その展示と活動をめぐって」
   講師:古賀崇氏(京都大学付属図書館研究開発室准教授)
2.「情報資産の利活用と保護について」
   講師:北村秀雄氏(富士ゼロックス株式会社ソリューション・サービス営業本部
   コンテンツマネジメント営業部業務ソリューションチームコンサルタント
3.「地域情報化をめぐる最新技術動向~クラウド・コンピューティングの可能性~」
   講師:野村靖仁氏(NPO 法人地域情報化推進機構副理事長)

日程:2009年12月19日(土)13:30~17:00(例会終了後は有志による懇親会を予定)

会場:富士ゼロックス株式会社(住友生命本町ビル2F 大会議室)
大阪府大阪市中央区安土町3丁目5番12号
地下鉄御堂筋線本町駅下車1番出口(右方向)エレベーターでB1F→2F
*住友生命本町ビルB1Fは素材屋、1階はJTBです。

主催:記録管理学会
後援:NPO法人地域情報化推進機構、KANSAI@CAN フォーラム、HRIT マネジメント・フォーラム

会費:関連団体会員1,000円、その他2,000円

締切:2010年12月16日(水)

連絡先: 参加ご希望の方は,お名前,所属機関,ご連絡先(住所・電話・FAX・E-mail)をご記載の上
下記までお知らせ下さい
関西担当石井幸雄;E-mail y-ishii@hritmf.com FAX 06-6582-0590

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...