« セミナー「急進展、e-文書法、電子帳簿保存法の最新動向」 | トップページ | 第8回歴史文化をめぐる地域連携協議会「震災から15年 ─地域歴史資料の現在-」 »

2010.01.11

シンポジウム「研究と情報の資源化─史料編纂所大型プロジェクトの進捗─」

詳しくは、同所のサイトのニュース&トピックスをご参照下さい。
http://www.hi.u-tokyo.ac.jp/index-j.html

2010年1月30日(土) 10:00~17:00
於 東京大学 山上会館

10:00~10:05 開会の辞 加藤 友康(史料編纂所所長)
10:05~11:45 研究報告(午前の部)
10:05~10:55
 科学研究費 基盤研究(S)「史料デジタル収集の体系化に基づく歴史
 オントロジー構築の研究」の現状と課題について
 林 譲(史料編纂所教授)

 秋田藩家蔵文書のデータベース化と地域連携
 金子 拓(史料編纂所助教)

10:55~11:45
 科学研究費 学術創成研究「目録学の構築と古典学の再生」について
 田島 公(史料編纂所教授)

 東南院文書の高精細デジタル撮影とTKMビューワ
 遠藤 基郎(史料編纂所准教授)

13:00~15:50 研究報告(午後の部)
13:00~13:50
 在外日本関係史料収集事業プロジェクト ─ロシア・中国を中心に─
 保谷 徹(史料編纂所教授)

13:50~14:40
 画像史料解析センターのプロジェクト研究 ─その成果と課題─
 高橋 敏子(史料編纂所准教授)

 画像史料情報の検索・閲覧システムの開発と歴史地理情報の視覚化の試み
 ─電子くずし字プロジェクトと荘園絵図プロジェクト─
 井上 聡(史料編纂所助教) 西田 友広(史料編纂所助教)

15:00~15:50
 前近代日本史情報国際センター ─実績と将来─
 石川 徹也(史料編纂所特任教授)

16:00~17:00 パネルディスカッション

9:30より受付を開始いたします
シンポジウム終了後、山上会館談話ホールにて懇親会を予定しております
(17:30~19:30)

主催:東京大学史料編纂所
共催:学術創成研究「目録学の構築と古典学の再生」・基盤研究(S)「史料
デジタル収集の体系化に基づく歴史オントロジー構築の研究」
聴講無料・事前申し込み制

« セミナー「急進展、e-文書法、電子帳簿保存法の最新動向」 | トップページ | 第8回歴史文化をめぐる地域連携協議会「震災から15年 ─地域歴史資料の現在-」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/47262000

この記事へのトラックバック一覧です: シンポジウム「研究と情報の資源化─史料編纂所大型プロジェクトの進捗─」:

« セミナー「急進展、e-文書法、電子帳簿保存法の最新動向」 | トップページ | 第8回歴史文化をめぐる地域連携協議会「震災から15年 ─地域歴史資料の現在-」 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...