« 第8回アーキビスト・カフェ | トップページ | シンポジウム:建築アーカイヴの現在と未来 »

2010.01.31

ディジタル情報資源の長期保存とディジタルアーカイブの長期利用に関する国際シンポジウム

参加には申し込みが必要です。
詳しくは、国立国会図書館のサイトをご参照下さい。
http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/20100219.html

日時 平成22年 2月19日(金) 13:00 ~ 17:15
会場 国立国会図書館 東京本館 新館 講堂
募集人数 300名
お申込み多数の場合は調整させていただくことがあります。
参加費 無料
申込み締切 平成22年2月15日(月)17時

プログラム
12:30 受付及び開場
13:00 - 17:15
国立国会図書館におけるディジタル情報の長期保存に係る調査研究の報告
佐藤毅彦(国立国会図書館関西館電子図書館課長)

講演「ディジタル保存:プロジェクトからインフラストラクチャへ」
マーガレット・ヘッドストロム(ミシガン大学教授)

講演「ウェブアーカイブに注釈をつける:アーカイブのカタログを通じた構造、
来歴、そして文脈の記述」
ポール・ウー・ホーン・ジー (ナンヤン工科大学教授)

講演「電子情報の長期保存計画支援ツール“Plato”による信頼できる計画の
作成」
アンドレアス・ラウバー (ウィーン工科大学教授)

まとめ
杉本重雄 (筑波大学知的コミュニティ基盤研究センター長)
海外からの招待講演者は英語で講演を行います。
(日本語への同時通訳が付きます。)

« 第8回アーキビスト・カフェ | トップページ | シンポジウム:建築アーカイヴの現在と未来 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/47444353

この記事へのトラックバック一覧です: ディジタル情報資源の長期保存とディジタルアーカイブの長期利用に関する国際シンポジウム:

« 第8回アーキビスト・カフェ | トップページ | シンポジウム:建築アーカイヴの現在と未来 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...