« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010.03.24

2010年度日本アーカイブズ学会大会案内

<会期>  4月24日(土)・25日(日)
<会場>  学習院大学(JR山手線 目白駅徒歩5分)
<参加費> 会員1000円(学生800円)、非会員1500円 ※事前申込み不要
<内容>  以下の通り。なお近日中にアーカイブズ学会HPにも同じ情報が掲載されます。

4月24日(土) 受付開始 13:00
13:30~15:00 2010年度総会 会場:南3号館201教室
15:30~16:30 大会講演会 会場:同前
上川陽子(初代公文書管理担当大臣)
「時を貫く記録としての公文書管理の在り方~今、国家事業として取り組む」

17:00 懇親会 会場:学習院大学輔仁会館2階「さくらラウンジ」

4月25日(日) 受付開始 9:00
9:30~12:30 自由論題研究発表会   ※一報告30分

【会場1:北1号館401教室】
清水惠枝「地方自治体のアーカイブズ意識とアーカイブズ機能の構築」
毛塚万里「アーカイブズ学の用語をめぐる一考察―教材研究の一助として―」
山口拓史「公文書管理法におけるライフサイクル管理論の整理」
古賀崇「米国連邦政府における電子的政府情報の管理・保存・公開をめぐる現状
 と課題:制度・政策的側面を中心に」
研谷紀夫「EAC-CPFとMADSに適応する人名典拠情報構築の試み
 ―戦前期の皇族・華族に関する人名情報を中心として―」

【会場2:北1号館201教室】
丑木幸男「郡役所文書情報の集約とその特質」
矢野篤「廣池千九郎関係資料のアーカイブズ管理史」
渡邉美喜「ミュージアム・アーカイブズの有用性 ある展覧会での事例とともに」
岡野裕行「点在する文学資料とそのアーカイブズ環境の検討:
 文学館の所蔵資料情報の顕在化に関する予備考察」
平野泉「事例報告:死刑囚・永山則夫のアーカイブズ―編成・記述を中心に―」
大石三紗子「国民体育大会開催にかかわる行政文書―埼玉県と神奈川県の比較を
 中心に―」

14:00~17:00 企画研究会 会場:北1号館201教室
テーマ「公文書管理法がもたらすアーカイブズ学の課題
 ~“レコードスケジュール”を中心に~」
石原一則(神奈川県立公文書館資料課長)
「記録の評価選別とレコードスケジュール」
任眞嬉(イム・ジニ)(韓国国家記録研究院学術研究処長)
「レコードスケジュールとしての韓国の政府機能分類(BRM)と記録管理基準表
 の役割と展望」

2010.03.22

貨幣博物館の職員募集

日本銀行金融研究所の貨幣博物館が、「所蔵する貨幣関係資料(貨幣・紙幣、
文書、絵図、道具類等)の整理・保存・公開などを担当する人材」1名を募集
しています。
業務内容は以下の通りです。

(1)所蔵資料の整理・保存に関連する業務および事務一般。
(2)博物館における資料の展示、所蔵資料の目録作成・公開、教育・普及
   活動に関する企画。
(3)その他、所蔵資料に基づく研究の支援や学会との交流等。

応募資格は以下の通りです。

国内または海外の大学・大学院を卒業・修了した方、あるいは2010年5月末
までに卒業・修了する見込みのある方で、次の条件を全て満たす方。
(1)東アジア史、日本史、考古学等を専攻し、歴史的資料の整理・保存・
   研究に強い関心を有していること。
(2)学芸員資格を有していること。なお、他の同種機関での勤務経験がある
   ことが望ましい。
(3)Microsoft Word、Excelを用いて、文書作成やデータ整理ができること。
   なお、Photoshop、Illustratorの使用経験や、webに関する知識があれば
   より望ましい。

応募締切は2010年4月7日です。
詳しくは、日本銀行のサイトをご参照下さい。
http://www.boj.or.jp/type/release/adhoc10/recruit1003a.htm

ARMA東京支部の第93回定例会

ARMA東京支部が、定例会を開催します。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、同支部のサイトの「イベント情報」をご参照ください。
http://www.arma-tokyo.org/index.htm

日時 3月26日(金)15:00~17:00
場所 中央大学駿河台記念館 620号会議室
〒100-0005 東京都千代田区神田駿河台3-11-5
Tel 03-3292-3111(代)
交通 JR、地下鉄丸ノ内線 御茶ノ水駅下車(ニコライ堂近く)
地図 http://www.chuo-u.ac.jp/chuo-u/access/access_surugadai_j.html
講演「公文書管理条例 ─住民自治の観点から─」
講師: 大宮法科大学院大学 准教授 早川 和宏 氏
参加費 3,000円(会員)、 4,000円(非会員)
締切日 2010年3月23日(火)先着60名まで

2010.03.14

独立行政法人及び政府関連公益法人の事業仕分けのための意見募集

内閣府 行政刷新会議では意見募集を行っております。

詳しいことはhttp://www.cao.go.jp/sasshin/hatomimi/doppou-koueki.htmlでご覧ください。

2010.03.07

国文学研究資料館 アーカイブズ研究系採用情報

機関研究員の公募
 採用予定 機関研究員 1名
 業務内容
   主として当館が推進する共同研究「近世地域アーカイブズの構造と特質」
   に従事する。
 研究分野 アーカイブズ学
 応募締切 平成22年3月31日(水)午後5時 必着

※詳細はhttp://www.nijl.ac.jp/contents/koubo.htmlでご覧ください。

2010.03.05

熊本市総務課歴史文書資料室専門嘱託員募集

期日:2010年2月22日 ~ 2010年3月5日

業務内容
(1) 歴史に関する市民等からの問い合わせ及び所蔵資料の利用に関すること
(2) 古文書の解読及び歴史資料の整理に関すること
(3) その他所属長が必要と認める業務
応募資格
(1) 古文書解読についての知識または経験を有する方
(2) パソコンの操作ができる方
※平成21年度中に嘱託職員として熊本市に任用され、一定期間経過していない方は応募できません。
募集人員
1名

詳しいことはhttp://www.city.kumamoto.kumamoto.jp/content/web/asp/kiji_detail.asp?LS=175&ID=7653&pg=1&sort=0でご覧ください。

平成22年度 佐賀県鹿島市市民図書館職員 採用試験

(かしま市民立楽修大学職員採用試験)

業種:正規職員
募集人員:1名
応募資格:1.大学または大学院で日本史を専攻した人
     2.古文書を取り扱った経験、学芸員資格を有することが望ましい。
     3.生涯学習及び図書館業務に興味があり、接客業務が好きな人
     4.パソコンが実務レベルで使用できる人
     5.自動車の普通免許証所有者及び取得予定者
     6.その他採用試験実施要領に定める要件を満たしている人
応募期間:平成22年3月2日(火)~3月12日(金)

詳しいことはhttp://www.library.city.kashima.saga.jp/でご覧ください。

2010.03.03

2009年度アーカイブズ・カレッジ修了論文報告会のお知らせ

国文学研究資料館主催「アーカイブズ・カレッジ」を、この2月に無事終了されたお二方をお招きし、下記の通り修了論文発表会を開催いたします。これまでの修了生、これから受けてみようかな?という方、そしてアーカイブズに興味を持つ皆さま、ぜひお気軽にお越し下さい。

日 時:2010年3月20日(土)18時~20時
場 所:駒澤大学深沢キャンパス一階会議室
http://www.komazawa-u.ac.jp:40080/cms/campus/c_fukazawa/
発 表 宇野淳子氏(國學院大學学術資料館)
「音声記録のアーカイブズ的資料化の検討」
星野克己氏(川口市教育委員会文化財センター)
「アーキビストの養成と資格認定制度について」
前回報告会の様子などは http://samidare.jp/archives/ をご覧下さい。

※発表後、近隣にて懇親会を開催いたしますので、ぜひご参加下さい。

お問い合わせ先:佐藤正三郎(2006年度修了)
zabuzabu@gmail.com

2010.03.01

学習院大学東洋文化研究所の講演会

学習院大学で、以下のような講演会が開催されます。
詳しくは、同大学院人文科学研究科アーカイブズ学専攻のサイトをご参照
下さい。
http://www.gakushuin.ac.jp/univ/g-hum/arch/05news.html

講演題目 植民地期ヴェトナムの歴史アーカイブズ─資料の諸類型と社会科学
における活用─
講師 フィリップ・ル・ファイエ氏 (フランス極東学院准教授)
日時 3月13日(土) 16:00~17:45
場所 西2号館503号教室
主催 学習院大学東洋文化研究所「戦時期日本のアジア研究とアーカイブ」
プロジェクト
共催 学習院大学大学院人文科学研究科アーカイブズ学専攻・学習院大学
文学会
後援 日本アーカイブズ学会
講演には通訳がつきます。奮ってご参加ください。

大阪歴史科学協議会の3月例会「大規模災害時における歴史資料保全活動─ 2009年台風9号豪雨災害における歴史資料ネットワークの活動─」

大阪歴史科学協議会が、歴史資料ネットワーク(史料ネット)との共催で
例会を開催します。

詳しくは、同会のブログをご参照下さい。
http://blogs.yahoo.co.jp/osaka_rekkakyo/archive/2010/02/22

報告
吉原大志氏(歴史資料ネットワーク事務局・神戸大学院生)
コメント
松下正和氏(歴史資料ネットワーク副代表・神戸大学特命講師)
日時: 3月14日(日)13:30~17:00
場所: 大阪市立旭区民センター 集会室1
http://www.osakacommunity.jp/asahi/index.html
地下鉄谷町線「千林大宮」駅、京阪「森小路」駅下車徒歩10分。

電子記録マネジメントフォーラム2010-電子記録管理の課題と対応-

「電子記録マネジメントコンソーシアム」(略称ERMC)の設立に際し、標記のフォーラムが開催されます。

参加には申し込みが必要です。

詳しくは、共催者の次世代電子商取引推進協議会(ECOM)のサイトをご参照下さい。
http://www.ecom.or.jp/forum/eID_forum2010.html

日 時 2010年3月15日(月)
場 所 工学院大学 新宿キャンパス
(〒163-8677 新宿区西新宿1-24-2)
講 演 工学院大学 3階 大教室
情報交換会 工学院大学 8階 ファカルティクラブ

プログラム *受付は 13:00からとなります。
13:25-13:30 挨 拶
13:30-14:20 基調講演: 記録管理の重要性(企業活動の効率化
・透明化・企業秘密の流出防止)(仮題)
牧野総合法律事務所弁護士法人 弁護士 牧野二郎 氏
14:20-15:00 講演: 電子記録マネジメントの体制と活動方針
(仮題)
次世代電子商取引推進協議会 客員研究員 木村道弘
15:00-15:10 休 憩
15:10-17:00 パネルディスカッション:現状の課題と期待する
こと(仮題)
モデレータ
牧野総合法律事務所弁護士法人 弁護士  牧野二郎 氏
パネラー
ARMA東京支部 会長 西川 康男 氏
次世代電子商取引推進協議会(ECOM) 客員研究員 木村 道弘
タイムビジネス協議会(TBF) 企画運営部会長 三谷 慶一郎 氏
(社)ビジネス機械・情報システム産業協会(JBMIA) 伊藤 泰樹
(社)日本画像情報マネジメント協会(JIIMA) 副理事長 佐藤 伸一 氏
(財)日本情報処理開発協会(JIPDEC) 主席研究員 前田 陽二
(財)電子情報技術産業協会(JEITA) 藤原 忍
移 動 (30分)
17:30-19:30 情報交換会
参加費
講演 無料
情報交換会 3,000円 /人
当日セミナー受付にて現金でお支払い下さい。
領収書を発行します。
申込締切 定員(200名)になり次第締め切らせていただきます。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...