« 2010年度日本アーカイブズ学会大会案内 | トップページ | 税務大学校和光校舎非常勤職員(研究調査員)募集要項 »

2010.04.01

日本史研究会4月例会

○テーマ 地域歴史資料と歴史研究
○趣旨
 近年、地域歴史資料を取り巻く状況は大きく変化している。2009年7月の「公文書管
理法」の成立はその重要性の社会的認識が高まっている事を示す1つの画期であっ
た。しかし一方自治体の財政難で公文書館・博物館行政の縮小が進み、それは自治
体保管の歴史資料のみならず、市民社会の中で保存されてきた歴史資料をも滅失さ
せる。このことが大規模自然災害時の歴史資料の廃棄に如実に現れることは、阪
神・淡路大震災以来の歴史資料保全活動の中で明らかになっている。

 地域歴史資料の滅失を防ぎ、市民社会の中でそれを活用し次世代へ継承する営み
において、地域歴史資料を利用し歴史研究を進めていく私たち歴史研究者の位置は
極めて重要である。本例会では、地域歴史資料の滅失の危機の中で、歴史研究者
は地域歴史資料にいかに向き合い、歴史研究を進めていけばよいのかを考えたい。

○報告
 福島幸宏氏(京都府立総合資料館)「公文書管理法以降の歴史学の方向性」
 佐賀朝氏(大阪歴史科学協議会)「大阪府・市公文書館問題と地域歴史資料保存・活用の課題」
 松下正和氏(神戸大学特命講師)「大規模自然災害時における被災史料保全活動の現状と課題」

○日時・場所
  2010年4月17日(土) 13:00~17:00 機関紙会館5階大会議室

  〒602-8026 京都市上京区新町通丸太町上る春帯町350
    京都市営地下鉄烏丸線「丸太町」駅下車、西へ徒歩約6分。

※無料、一般来聴歓迎
※後援 全国歴史資料保存利用機関連絡協議会近畿部会

« 2010年度日本アーカイブズ学会大会案内 | トップページ | 税務大学校和光校舎非常勤職員(研究調査員)募集要項 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/47967178

この記事へのトラックバック一覧です: 日本史研究会4月例会:

« 2010年度日本アーカイブズ学会大会案内 | トップページ | 税務大学校和光校舎非常勤職員(研究調査員)募集要項 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...