« JBMIA文書管理システムセミナーKANSAI2010「文書管理・記録管理の未来を 考える ~オープン・クラウド・グローバルの時代を生き抜くために~」【10/29】 | トップページ | ■総合地球環境学研究所の研究教育職員公募 »

2010.10.04

■アジア歴史資料センターの研究員公募

アジア歴史資料センターが、研究員を募集しています。
雇用期間は、平成22年11月1日から1年間(但し勤務成績等により更新
可能。)です。
職務内容は以下の通りです。
----------
(1) アジ歴が提供する資料の目録データや画像データに関して専門的な立場
から調査・研究を行なう。
(2) アジ歴が企画する特別展等について常勤職員、調査員と協力してその企画
運営に当たる。
(3) 海外で開催される国際セミナー等に参加し、英語等でアジ歴を広報する。
(4) 国の機関、地方行政機関及び海外に散在している我が国の公文書その他の
記録の現状等に関する調査を行う。
(5) 歴史資料を取り扱うにあたっての経験及び知見の蓄積を行う。
----------
応募資格は以下の通りです。
----------
(1) 大学院修士課程修了以上又はこれと同等以上の学力を有する者(特に
近現代史についての知見を有することが望ましい)。
(2) ホームページ、データベースの作成に知見及び経験がある者(特に
デジタルアーカイブシステムについての知見があることが望ましい)
(3) 外国語能力の優れた者(特に英語については必須。また英語以外の言語、
特に中国語または韓国語の知見があれば望ましい。)
----------
応募締切は平成22年10月15日(必着)です。
詳しくは、国立公文書館のサイトの「公文書館ニュース」をご参照ください。http://www.archives.go.jp/

from Daily Searchivist

« JBMIA文書管理システムセミナーKANSAI2010「文書管理・記録管理の未来を 考える ~オープン・クラウド・グローバルの時代を生き抜くために~」【10/29】 | トップページ | ■総合地球環境学研究所の研究教育職員公募 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/49650073

この記事へのトラックバック一覧です: ■アジア歴史資料センターの研究員公募:

« JBMIA文書管理システムセミナーKANSAI2010「文書管理・記録管理の未来を 考える ~オープン・クラウド・グローバルの時代を生き抜くために~」【10/29】 | トップページ | ■総合地球環境学研究所の研究教育職員公募 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...