« [山形文化遺産防災ネットワーク]参集の呼びかけ | トップページ | Q&A 災害時の法律実務ハンドブック »

2011.03.25

日本アーカイブズ学会2011年度大会プログラム

事前申し込み不要。
参加費:会員500円、非会員1000円、公開講演会のみ500円。

日時:2011年4月23日(土)13:00~(12:30受付)

会場: 学習院大学 西5号館B1教室

内容:
13:00~15:00 総会
15:30~ 公開講演会(15:00受付開始、通訳付き)
「ベトナムのアーカイブズを語る―国家記録アーカイブズ局の歩みを中心に」
 ヴー・ティ・ミン・フォン博士(ベトナム国家記録アーカイブズ局局長 ICA国際アーカイブズ評議会副会長)

17:30~ 懇親会


日時:2011年4月24日(日)10:00~(09:30受付開始)

10:00~12:30 自由論題研究発表会

■会場1:北1号館201教室
山田高誌 ナポリ銀行歴史文書館における音楽/劇場史研究: 1770~90年代のナポリの音楽家のキャリア形成を例に
浅野真知 中華民国初期の文書管理制度―官庁の文件保存規則を中心として―
小根山美鈴 海外引揚関係文書を中心とした村役場文書のアーカイブズ学的研究
倉田綾子 企業消滅時の資料保存について
宮本隆史 制度史の問題としてのアーカイブズ―理論的考察

■会場2:北1号館302教室
松本明日香 テレビ政治討論会のアーカイブズ―日・英・米を比較して―
平野 泉 オーストラリア「ハイナー事件」に学ぶ―アーキビスト・法・説明責任―
藤吉圭二 「アカウンタビリティ」再考
岡田順太 憲法秩序とアーカイブズ

■会場3 北1号館303教室
宇野淳子 音声のドキュメンテーション再考―科研調査を基に―
吉川也志保 フランス国立中央文書館の建築環境・省エネルギーへの取り組み―新館ピエールフィット建造の事例をとおして
藤岡 洋 画像デジタルアーカイブの継続的活性化に向けての一提案 ―ポンペイデジタルアーカイブの構造過程を例に―
小林秀彦 メタデータによる記録管理、アーカイブズのマネジメントシステムへの統合化

■14:00~17:00 企画研究会 (北1号館 201) 広がりゆく「デジタルアーカイブ」とアーカイブズ

 第一部 講演
八日市谷哲生(国立公文書館)「国立公文書館デジタルアーカイブ」
宮本聖二(NHK) 「公共放送によるインターネット時代のコンテンツ展開 NHK戦争証言アーカイブスのこころみ」
笠羽晴夫(元デジタルアーカイブ推進協議会)「デジタルアーカイブの15年 それが意味するもの」

 第二部 パネルディスカッション 司会:古賀 崇(京都大学)
八日市谷哲生(国立公文書館)、宮本聖二(NHK),笠羽晴夫(元デジタルアーカイブ推進協議会)、
水谷長志(東京国立近代美術館)、谷口知司(京都橘大学)、森本祥子(学習院大学)

 まとめ
研谷紀夫(コーディネーター 東京大学)

お問い合わせは、日本アーカイブズ学会事務局へ:
http://www.jsas.info/

« [山形文化遺産防災ネットワーク]参集の呼びかけ | トップページ | Q&A 災害時の法律実務ハンドブック »

コメント

ご案内の件で、パネルディスカッションを拝聴しましたが、NHKの方の戦争アーカイブズが「誘導尋問」もありうるような大変「恣意的」に編集の元作りこまれたデータを「アーカイブズ」と呼んでいるのに対し、一方で、一次資料の中立な立場で保存、という伝統的アーカイブズの目的を受け継ぐであろうアーカイブズの専門家のパネルの方々、相対する主張が一堂に並んでいるのに何も議論も起きないところに、問題があろうかと感じました。

つまり、NHKの戦争アーカイブズは、聞くところ、「アーカイブ」というものでは決してなく、実に例えるなら、個人のPC上エロ動画コレクションを一般に(しかも税金のような受信料を使って)開陳して、全員に「興奮」するように強制している状況であるのに対し、一方で、アーカイブズ学会としては、何らの名称差し止めなりを行う訳でもなく、反対にNHK側としてもオタクを卒業して本来的な公共性の高いアーカイブズを目指すために何が必要か、ということを問う訳でもなかったという訳で、非常に生ぬるい場でしかありませんでした。ここに、この学会の限界を見た気がします。以上報告まで。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/51211316

この記事へのトラックバック一覧です: 日本アーカイブズ学会2011年度大会プログラム:

« [山形文化遺産防災ネットワーク]参集の呼びかけ | トップページ | Q&A 災害時の法律実務ハンドブック »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...