« セミナー「ヒトと放射能と資料と:チェルノブイリから」 | トップページ | ■国際公文書館会議東アジア地域支部(EASTICA)第10回総会及びセミナー【11/15-18】(再掲) »

2011.09.18

■シンポジウム「研究者資料のアーカイブズ-知の遺産 その継承に向けて-」【11/26】

標記のシンポジウムが開催されます。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、主催者のサイトをご参照下さい。
http://www.center.iii.u-tokyo.ac.jp/sympo
----------
東京大学大学院情報学環附属社会情報研究資料センター高度アーカイブ化事業
 共同研究会+記念シンポジウム
研究者資料のアーカイブズ-知の遺産 その継承に向けて-
日程と会場
2011年11月26日(土) 東京大学本郷キャンパス 福武ホール 入場無料 要予約
プログラム
午前の部(開場 9:30 開始 10:00)
社会情報研究資料センター&アート・ドキュメンテーション学会共同研究会 秋季
研究会
午後の部(順不同)
平石直昭(基調講演) 草稿資料の整理・保存・供用をめぐる諸問題─東京女子
大学丸山文庫の経験から (帝京大学)
植村幸生 世界音楽のアーカイビングをめざして:小泉文夫記念資料室の概況と
展望(東京藝術大学)
五島敏芳・山下俊介  研究者資料か?研究資料か?:京都大学研究資源アーカイ
ブの活動と課題 (京都大学)
研谷紀夫 高度アーカイブ化事業と研究者資料アーカイブズ─坪井正五郎と小野
秀雄関係資料を中心に─(東京大学)
大和裕幸(特別講演) 平賀譲デジタルアーカイブ ─その概要と新しい歴史史料
研究システムの提案─(東京大学)
パネルディスカッション 司会 吉見俊哉(東京大学)
主催:東京大学大学院情報学環附属社会情報研究資料センター/メディアコンテン
ツ総合研究機構
----------

from Daily Searchvist http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

« セミナー「ヒトと放射能と資料と:チェルノブイリから」 | トップページ | ■国際公文書館会議東アジア地域支部(EASTICA)第10回総会及びセミナー【11/15-18】(再掲) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/52766887

この記事へのトラックバック一覧です: ■シンポジウム「研究者資料のアーカイブズ-知の遺産 その継承に向けて-」【11/26】:

« セミナー「ヒトと放射能と資料と:チェルノブイリから」 | トップページ | ■国際公文書館会議東アジア地域支部(EASTICA)第10回総会及びセミナー【11/15-18】(再掲) »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...