« 「実践 アーカイブ・マネジメント」出版記念セミナー開催のお知らせ | トップページ | ■シンポジウム「研究者資料のアーカイブズ-知の遺産 その継承に向けて-」【11/26】 »

2011.09.15

セミナー「ヒトと放射能と資料と:チェルノブイリから」

日時:2011年11月18日(金)午後1時30分~4時30分

会場:松本大学(会場は当日掲示)
 長野県松本市大字新村
 松本電鉄上高地線「北新・松本大学前」すぐ。
 駐車場がありませんので、公共交通機関をご利用ください。

参加費:無料(先着200名様)
 直接会場にお越しください。満席の場合は入場をお断りすることがあります。

主催:国際資料研究所
 〒251-0045 神奈川県藤沢市辻堂東海岸3-8-24
ファックス 0466-31-5061


【プログラム】(予定)

第1部 「チェルノブイリ、ベラルーシの放射能汚染の実態からフクシマは何
    を学ぶべきか」
 [基調講演] 菅谷昭(松本市長、医師)

第2部 「放射能と資料@20’」

 [報告1] 上埜武夫(ウエノ・テクノリサーチ代表、前静岡大学教授)
  「1992年開催のユネスコ・アーカイブ・シンポジウム参加報告」

 [報告2] 小川千代子(国際資料研究所)
  「チェルノブイリで開発された放射能汚染文書の除染マニュアル」

 [報告3] 福島県南相馬市文化財担当職員
  「放射能汚染資料を取り扱う職員の現状:南相馬市の体験から(仮)」

 [報告4] 佐々木和子(神戸大学)
  「記録を作り、記録を残す:次代へ伝える経験」

 [質疑応答・意見交換]


☆終了後、当日ご案内の懇親会を予定(参加費別途)。


※詳しくは、下記までお問い合わせください。

問合せ:国際資料研究所
 メール djiseminarアットgmail.com
 ファックス 0466-31-5061

« 「実践 アーカイブ・マネジメント」出版記念セミナー開催のお知らせ | トップページ | ■シンポジウム「研究者資料のアーカイブズ-知の遺産 その継承に向けて-」【11/26】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/52735905

この記事へのトラックバック一覧です: セミナー「ヒトと放射能と資料と:チェルノブイリから」:

« 「実践 アーカイブ・マネジメント」出版記念セミナー開催のお知らせ | トップページ | ■シンポジウム「研究者資料のアーカイブズ-知の遺産 その継承に向けて-」【11/26】 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...