« ■シンポジウム「3.11以後の文化財・歴史資料保全の取り組み-広域大規模自然災害資料保全体制を考える-」【12/3】 | トップページ | ■人文科学とコンピュータシンポジウム 「じんもんこん2011」「デジタル・アーカイブ」再考 ─いま改めて問う記録・保存・活用の技術─【12/10-11】 »

2011.11.06

■ディジタルキュレーションシンポジウム─時を越え、違いを越えて、知をつなぐ─【12/9】

標記のシンポジウムが開催されます。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、主催者のサイトをご参照下さい。
http://www.slis.tsukuba.ac.jp/dcs2011/
----------
時期: 2011年12月9日(金) 10:00 - 17:30(予定)
場所: 印刷博物館
(東京都文京区水道1丁目3番3号 トッパン小石川ビル)
定員: 80名
参加費: 無料
主催 国立大学法人 筑波大学
プログラム
午前の部
10:00 - 12:00
オープニング
キーノート
 松岡資明(日本経済新聞社)
残すことのチカラ - 講演
『デジタル文明開化と東日本大震災アーカイブについて』(仮題)松田昇剛
(総務省 情報流通行政局情報流通振興課)
八村広三郎(立命館大学)
午後の部
13:30-15:30 違いを越えるチカラ - パネル討論
パネリスト:
 大向一輝(国立情報学研究所)
 村上浩介(国立国会図書館)
 吉村和真(京都精華大学)
 杉本豪 (オランダ国立公文書館)
16:00-17:30 知の財産としてのディジタルアーカイブ
 青柳正規(国立美術館 理事長)
 高山正也(国立公文書館 館長)
 長尾真 (国立国会図書館 館長)
クロージング
懇親会 18:00より
----------

from Daily Searchvist http://d.hatena.ne.jp/searchivist

« ■シンポジウム「3.11以後の文化財・歴史資料保全の取り組み-広域大規模自然災害資料保全体制を考える-」【12/3】 | トップページ | ■人文科学とコンピュータシンポジウム 「じんもんこん2011」「デジタル・アーカイブ」再考 ─いま改めて問う記録・保存・活用の技術─【12/10-11】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/53180295

この記事へのトラックバック一覧です: ■ディジタルキュレーションシンポジウム─時を越え、違いを越えて、知をつなぐ─【12/9】:

« ■シンポジウム「3.11以後の文化財・歴史資料保全の取り組み-広域大規模自然災害資料保全体制を考える-」【12/3】 | トップページ | ■人文科学とコンピュータシンポジウム 「じんもんこん2011」「デジタル・アーカイブ」再考 ─いま改めて問う記録・保存・活用の技術─【12/10-11】 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...