« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011.12.27

■全史料協近畿部会第95回近世古文書研究会【1/14】

標記の研究会が開催されます。
詳しくは、全史料協(全国歴史資料保存利用機関連絡協議会)のサイトをご参
照下さい。
http://www.jsai.jp/iinkai/kinki/e20111222.html
----------
日 時  平成24年1月14日(土) 午後1時30分~4時30分
場 所 奈良県婦人会館
 所在地:奈良市登大寺10-1
 近鉄奈良駅下車 東へ徒歩6分、奈良県立美術館北側
報告者  錦 好見氏(生駒市教育委員会生涯学習課)
テーマ  「生駒市古文書調査について」
----------

from 「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

■岡山県立記録資料館の古文書等整理専門員募集

岡山県立記録資料館が、非常勤職員(古文書等整理専門員)1名を募集してい
ます。
業務内容は以下の通りです。
----------
1 古文書等整理関係
・古文書カード作成、古文書データ入力
・古文書の整理及び簡易な補修
2 閲覧対応
・閲覧受付、応対
・閲覧請求を受けた古文書の取り扱い、古文書に関する相談業務
3 展示・講座関係
・展示コーナーの企画展示
・古文書解読講座(入門講座)、記録と資料のセミナーの講師を行う
4 その他
・記録資料館業務全般の補助
----------
応募資格は以下の通りです。
----------
地方公務員法第16条の欠格条項に該当しない方、すなわち、
・成年被後見人又は被保佐人
・禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることが
なくなるまでの者
・岡山県職員として懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない

などに該当しない方
----------
応募締切は平成24年1月18日(水)です。
詳しくは、同館のサイトの「最新情報」をご参照下さい。
http://archives.pref.okayama.jp/index.html

from 「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

2011.12.19

■東日本大震災アーカイブ国際合同シンポジウム「東日本大震災アーカイブの最前線と国境・世代を超えた挑戦」【1/11】

標記のシンポジウムが開催されます。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、「みちのく震録伝」のサイトをご参照下さい。
http://www.dcrc.tohoku.ac.jp/archive/events/sympo201201.html
----------
日時:2012年1月11日(水) 10:00ー17:00
場所:仙台国際センター 大会議室「萩」
主催:ハーバード大学,東北大学防災科学研究拠点,東北大学附属図書館,
総務省
申込:事前申込み要
定員:200名
司会:佐藤翔輔(東北大学)
10:00 開会の挨拶と趣旨説明
 アンドリュー・ゴードン
東日本大震災アーカイブの最前線(1):官・民(各15分)
10:15 国立国会図書館の取り組み
 原田久義
10:30 総務省の取り組み
 黒瀬泰平
10:45 Yahoo! JAPANの取り組み
 高田正行
11:00 Save MLAKの取り組み
 岡本真
11:15 The Internet Archiveの取り組み
 登壇者未定
休憩(15分)
東日本大震災アーカイブの最前線(2):学(各15分)
11:45 防災科学研究所の取り組み
 長坂俊成
12:00 東北大学の取り組み
 今村文彦,柴山明寛
12:15 ハーバード大の取り組み
 アンドリュー・ゴードン
お昼休み(1時間15分)
過去の日本の大震災のアーカイブを学ぶ(45分)
13:45 特別講演 阪神・淡路大震災における神戸大学附属図書館の取り組み
 稲葉洋子
東日本大震災アーカイブの最前線(3):被災地(各15分)
14:30 河北新報の取り組み
 八浪英明
14:45 仙台メディアテークの取り組み
 甲斐賢治
15:00 宮城県図書館の取り組み
 登壇者未定
15:15 岩手県立図書館の取り組み
 登壇者未定
15:30  東北大学附属図書館の取り組み
 米澤誠
15:45 福島イノベーションセンターの取り組み
 後藤浩
休憩(15分)
総合討論(1時間)
16:15 パネルディスカッション
 コーディネイター:アンドリュー・ゴードン,今村文彦
 登壇者全員
17:15 閉会の挨拶
 今村文彦
----------

from 「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

■平成23年度神奈川県歴史資料取扱機関連絡協議会第2回講演会「公文書館と図書館、博物館との連携の理念と動向」

標記の講演会が開催されます。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、神奈川県立公文書館のサイトをご参照下さい。
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/p10455.html
----------
開催日時 平成24年1月18日(水曜日)14時~16時
 講演会終了後に公文書館の施設見学を実施します
会場 神奈川県立公文書館2階大会議室
講演者 高山正也 氏 (国立公文書館 館長)
定員 110名(先着順)
締切 2012年1月15日(月曜日)
 ただし、定員になり次第締め切ります

from 「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

2011.12.16

全史料協専門職問題セミナー開催

1 趣旨
 専門職問題に対する議論を通して、会員の専門職問題への理解とコミットメントを深め
 ることを目的とします。

2 主催/後援
 全国歴史資料保存利用機関連絡協議会 調査・研究委員会/企業史料協議会

3 日時
 平成24年2月23日(木) 午前10時00分~午後4時30分(午前9時30分受付開始)。
 ただし、午後のワークショップは全史料協会員対象です。

4 場所
 群馬県立文書館 研修室

※詳しいことはhttp://www.jsai.jp/info2011/info20111215.htmlでご覧ください。

2011.12.06

■福島県文化振興事業団の契約職員公募

財団法人福島県文化振興事業団が、福島県歴史資料館に勤務する契約職員(学
芸員)1名を公募しています。
主な職務内容は以下の通りです。
----------
(1)~(3)のほか、勤務課所により(4)・(5)に従事する場合があります。
 (1) 古文書・公文書等の歴史資料の収集・調査・整理・保存・公開
 (2) 歴史資料等にかかる事業の事務、企画立案、運営
 (3) 福島県文化センターの管理・運営、企画、事務
 (4) 埋蔵文化財発掘調査に関する業務
 (5) 福島県文化財センターの白河館の管理・運営、企画、展示・公開、体験
学習、事務
----------
受験資格は以下の通りです。
----------
次のすべてに該当する者とします。
(1) 学校教育法(昭和22年法律第26号)による大学(大学院を含む。以下「大
学」という。)において日本史又はこれに類する課程を卒業(修了)した者又
は平成24年3月31日までに大学を卒業(修了)見込みの者
(2) 博物館法(昭和26年法律第285号)第5条に規定する学芸員の資格を有す
る方又は平成24年3月31日までに資格を取得する見込みの者
----------
受付期間は平成23年12月9日(消印有効)までです。
詳しくは、同財団のサイトをご参照下さい。
http://www.culture.fks.ed.jp/24_g_entry.html

from 「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...