« ■記録管理学会第138回例会【2/10】 | トップページ | ■全史料協近畿部会第114回例会【1/27】 »

2012.01.09

■第10回歴史文化をめぐる地域連携協議会「地域歴史文化の形成と災害資料─認識すること・記録すること・伝えることの意味を考える─」【1/29】

標記の研究会が開催されます。
詳しくは、神戸大学大学院人文学研究科地域連携センターのサイトをご参照下
さい。
http://www.lit.kobe-u.ac.jp/~area-c/kyougikai10.html
----------
2012年1月29日(日)11:00~17:00
神戸大学文学部B331号室(文学部B棟3F)
主催 神戸大学大学院人文学研究科、同地域連携センター
後援 兵庫県教育委員会(申請中)、兵庫県図書館協会、伊丹市教育委員会
(申請中)、人と防災未来センター(申請中)
プログラム
11:00~11:10 主催者挨拶
11:10~11:20 趣旨説明(奥村 弘・神戸大学地域連携推進室室長)
11:20~11:30 今年度の協議会のねらい(板垣貴志・神戸大学大学院人文学研
究科特命助教)
11:30~12:10 報告(1) 兒玉州平氏(人と防災未来センター震災資料専門員)
「災害展示の方法を考える─人と防災未来センター資料室の取り組みから─」
12:10~13:00 昼食・交流会
13:00~13:40 報告(2) 宮本 博氏(兵庫県立図書館館長補佐)
「地域歴史文化の形成拠点としての図書館-災害資料を伝えることの意味-」
13:40~14:20 報告(3) 高森順子氏(人と防災未来センター震災資料専門員)
「手記集を介したコミュニティ─「阪神大震災を記録しつづける会」の活動変
遷─」
14:20~14:50 交流会
14:50~15:30 報告(4) 小長谷正治氏(伊丹市立博物館館長)/水本有香氏
(同震災資料調査員)
「博物館と災害資料」
15:30~15:45 コメント 上村武男氏(水堂須佐男神社宮司)
15:45~17:00 総合討論
17:30~19:00 懇親会
----------

from 「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

« ■記録管理学会第138回例会【2/10】 | トップページ | ■全史料協近畿部会第114回例会【1/27】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/53699802

この記事へのトラックバック一覧です: ■第10回歴史文化をめぐる地域連携協議会「地域歴史文化の形成と災害資料─認識すること・記録すること・伝えることの意味を考える─」【1/29】:

« ■記録管理学会第138回例会【2/10】 | トップページ | ■全史料協近畿部会第114回例会【1/27】 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...