« ■第7回映画の復元と保存に関するワ-クショップ【8/25-27】 | トップページ | 全史料協公文書館機能普及セミナー開催(8/17 佐賀) »

2012.07.24

第17回情報知識学フォーラム「震災の記憶・記録とアーカイブズ」

日時:2012年11月4日(日) 10:00~17:00
会場:東京大学本郷キャンパス 工学部2号館 213号室
http://www.t.u-tokyo.ac.jp/epage/access/index.html
主催:情報知識学会http://www.jsik.jp/

開催趣旨

震災復興を進めると同時に震災の記憶を後世へと残すことが、現在を生きる我々の責務である
と考えられます。現在、既に、震災の記憶を記録し、アーカイブズとして後世に伝えるための
様々なプロジェクトが産官学で実施されています。しかし、そこではアーカイブすることが目
的化しており、しばしば、記録する、アーカイブすることの意味や意義をめぐる社会学的・哲
学的な問いが抜け落ちているようにも思います。失われる記憶や記録をまずはアーカイブする
ことが必要である一方、震災を記録することの意義は何か、またどのような形でアーカイブす
るのが望ましいのかといった議論を同時に展開する必要があるように思います。

本フォーラムでは、産官学で様々に実施されている震災のアーカイブズプロジェクトの現状と
課題を共有し、アーカイブズとは何か、どのようにあるべきか、どのように活用できるといっ
たことについて、第一線で活躍されている講師の方々および参加者の方々と議論することを目
的としています。

シンポジウムの第I部では、現在、各所で取り組まれている震災アーカイブズプロジェクトにつ
いてご紹介いただき皆さまと現状を共有するとともに、現在の課題について議論を行います。

第II部で記録やアーカイブズの持つ意義を史学の立場からご提起頂き、災害史学や産業史の研
究者の方々が過去の資料をどのように調査しその時代や人々を鮮明に浮かび上がらせてきたの
か、過去の経験や知見をどのようにして現代的文脈で展開し防災等に反映できるのかといった
ことについて議論したいと思います。

最後に、第III部では、第I部、第II部での講演や議論を受けて、(未来の)災害史学者や社会
のために、我々は、どのような記録を、どのような形でアーカイブすべきかということについ
て、議論を深めたいと思います。本シンポジウムの開催を通じて、震災のアーカイブズに携わ
る方々にとってだけでなく、311以降の現在を生きる我々自身、さらには将来の世代のため
に何らかの貢献ができればと考えております。

プログラム:現在作成中。

北原糸子、松島茂、岡本真、杉本めぐみの各氏に講演いただく予定です。 ほかにも、数名の講
演者に打診中です。

参加費:無料
資料代:会員・学生会員(後援/協賛団体会員含む):無料
    非会員:3,000 円
    学生非会員:1,500 円
     資料代は当日徴収いたします。
     当日の学会入会も可能です。※4半期ごとの年会費となりますので、正会員ですと
     4,000円で会員になれます。本フォーラムでの入会特典として今年度の既発行分の
     学会誌を無料送付いたします。

参加申込:参加申込みフォームは準備中です。
     (当日参加も可能ですが、できるだけ事前の参加申込をお願いしております。 )

お問い合わせ先:情報知識学会事務局
        〒110-8560 東京都台東区台東1-5-1(凸版印刷(株)内)
         E-mail: jsik(at)nifty.com
         http://www.jsik.jp/

実行委員会
 委員長:梶川 裕矢(東京工業大学)
 委員: 石川 大介(科学技術政策研究所)、江草 由佳(国立教育政策研究所)、
    白鳥 裕(大日本印刷(株))、高久 雅生(物質・材料研究機構)、村井 源(東京工業大学)

« ■第7回映画の復元と保存に関するワ-クショップ【8/25-27】 | トップページ | 全史料協公文書館機能普及セミナー開催(8/17 佐賀) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/55268935

この記事へのトラックバック一覧です: 第17回情報知識学フォーラム「震災の記憶・記録とアーカイブズ」:

« ■第7回映画の復元と保存に関するワ-クショップ【8/25-27】 | トップページ | 全史料協公文書館機能普及セミナー開催(8/17 佐賀) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...