« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012.10.31

全史料協関東部会第269回定例研究会

1.日時:2012年12月7日(金) 午後1時30分から5時まで
2.会場:東京都公文書館(世田谷区玉川1−20−1 旧東京都立玉川高等学校)
3.テーマ:『全史料協全国大会 in 広島を振り返って』
4.内容:§報告1:「全史料協広島大会に参加して」
           静岡県経営管理部総務局法務文書課 川上努氏
     §報告2:「全史料協広島大会の企画にあたって」
           茨城県立歴史館史料学芸部行政資料課 富田任氏
     §質疑等:質疑応答、総合討論
     §報告3:「既存施設の転用による公文書館の管理経営
            〜東京都公文書館を事例として〜」
           東京都公文書館史料編さん係 佐藤佳子氏
     §施設見学:東京都公文書館
5.申込み:12月4日(火)までに下記事務局へFAXまたは電子メールで連絡して下さい。
      全史料協関東部会事務局
      戸田市立図書館・郷土博物館(郷土博物館担当 吉田・香林)
      〒335-0021 戸田市大字新曽1707番地
      TEL:048-443-5600 FAX:048-442-8988
      E-mail:hakubutu★city.toda.saitama.jp
      ★を@に変換の上ご送信下さい。
      http://www.jsai-kanto.jp/
      研究会終了後に会場周辺で情報交換会を開催する予定です。

※会員以外の方の参加も歓迎します。なお、資料代等として300円を当日申し受けます。

※メールに必要な項目は
 参加者氏名、ふりがな、会員区分(機関、個人)、
 参加の意向(研究会のみ、研究会・情報交換会両方)、機関又は連絡先の名称、
 所属機関の所在地又は連絡先の住所

2012.10.30

福岡共同公文書館開館記念講演会「公文書管理と公文書館の役割について」

2012年11月18日に、福岡県および県内58市町村で共同設置・運営する「福岡共同公文書館」が、
同県筑紫野市にオープンします。このように県と市町村が共同で公文書館を設置するのは全国
で初の取組ということです。前日の17日には、国立公文書館長・髙山正也氏による記念講演会
「公文書管理と公文書館の役割について」および施設見学会が開催されます。対象者は一般県
民(先着100名)、参加申込締切は11月9日とされています。

福岡県電子申請「福岡共同公文書館開館記念講演会」参加申込
http://www.shinsei.elg-front.jp/fukuoka/navi/procInfo.do?govCode=40000&acs=koubun

福岡県共同公文書館基本計画
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/f13/kyodokobunsyokankihonkeikaku.html

福岡共同公文書館オープン(福岡県古賀市 2012/10/1付け情報)
http://www.city.koga.fukuoka.jp/news/d/1273

2012.10.29

平成25年度国立公文書館所蔵資料展「公文書の世界」(仮)開催会場の公募等について

 国立公文書館(以下「館」という。)では、平成25年度国立公文書館所蔵資料展「公文書の世界」(仮)
を館以外の施設で開催することとし、開催会場を公募により選定することとしました。
 つきましては、開催会場の提供を希望する場合は、以下の公募要件等をお読みになり、独立行政法人国立
公文書館館外展示会開催会場提供に係る意思表明書を館にご提出ください。

平成25年度国立公文書館所蔵資料展「公文書の世界」(仮)開催会場の公募等について[PDF]
独立行政法人国立公文書館館外展示会開催会場提供に係る意思表明書[PDF]
平成25年度国立公文書館所蔵資料展「公文書の世界」(仮)開催に係る主な展示予定資料[PDF]

http://www.archives.go.jp/news/121025_01.htmlでもご覧になれます。

(中島)

■国立天文台博物館構想シンポジウム【11/3-4】

標記のシンポジウムが開催されます。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、主催者のサイトをご参照下さい。
http://prc.nao.ac.jp/prc_arc/sympo2012.html
----------
主催  自然科学研究機構 国立天文台
会期  平成24年11月3日(土曜日)~11月4日(日曜日)
会場  国立天文台 三鷹 すばる棟 大セミナー室
対象  天文学の歴史的アーカイブスや施設公開に関心のあるかた
参加費  無料
定員  150名
プログラム(案)
11月3日(土曜日)
10:00-10:10 あいさつ
 林 正彦(国立天文台長)
基調講演
10:10-10:50 1. 大学博物館の歴史と現状、友の会との協力運営
 中澤 靖元(東京農工大科学博物館)
10:10-10:50 2. 国立天文台博物館への期待
 松尾 厚(山口県立博物館)
11:30-12:10 3. 博物館と天文の関係-地域博物館で実施した天文特別展の
経験から
 鳫 宏道(平塚市博物館)
12:10-13:30 昼食
成果とプラン(質疑込40分)
13:30-14:10 1. アーカイブ室活動から博物館に向けて
 中桐正夫(国立天文台・三鷹)
14:10-14:50 2. 国立天文台博物館(仮称)構想プラン
 山田陽志郎(国立天文台・三鷹)
14:50-15:00 休憩
15:00-17:00 見学会
17:30-19:30 懇親会
11月4日(日曜日)
一般講演(質疑込20分)
9:30- 9:50 1. 未定
 五島 敏芳(京都大学総合博物館)
9:50-10:10 2. 地方天文台の移転事業
 小石川 正弘(仙台市天文台)
10:10-10:30 3. 未定
 洞口 俊博(国立科学博物館)
10:30-10:50 4. 核融合アーカイブ室の活動と歴史-公文書管理の課題-
 井口 春和(核融合科学研究所)
10:50-11:00 休憩
11:00-11:20 5. 未定
 高岩義信(筑波技術大)
11:20-11:40 6. 国立天文台水沢地区の状況と博物館構想
 亀谷 収(国立天文台・水沢)
11:40-12:00 7. 岡山天体物理観測所におけるアーカイブ状況
 戸田 博之(国立天文台・岡山)
12:00-13:30 昼食
天文情報センターアーカイブ室・普及室の活動 (質疑込20分)
13:30-13:50 1. 国立天文台施設公開の理念と目標
 縣 秀彦(国立天文台・三鷹)
13:50-14:10 2. 国立天文台施設公開の現状
 小池 明夫(国立天文台・三鷹)
14:10-14:30 3. 堂平観測所写真乾板の整理とファイル化
 大島 紀夫(国立天文台・三鷹)
14:30-14:50 4. ブラッシャー天体写真儀で撮影された乾板の発掘
 佐々木 五郎(国立天文台・三鷹)
14:50-15:00 休憩
パネルディスカッション
15:15-16:30 パネラー 小石川 正弘、中澤 靖元、松尾 厚、山田 陽志郎、
中桐 正夫
 司会 縣 秀彦
----------

from 「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

■神戸大学経済経営研究所附属企業資料総合センター助手・助教の公募

神戸大学経済経営研究所附属企業資料総合センターが、助手ないし助教1名を
募集しています。
職務内容は以下の通りです。
----------
・ 附属企業資料総合センターが所蔵する企業資料等のデジタル・アーカイブ
構築
・ 附属企業資料総合センターが所蔵する経済経営データベースの整備・管理
・ 附属企業資料総合センターとデータ管理室の情報機器の管理運営
・ 経済経営データ整備・分析に関連する教員のサポート
・ 外部データベース利用者へのレファレンス・サービス
・ 所蔵図書・資料の保存管理・研究利用支援(明治期以降の文書・帳票類、
マイクロフィルム等を含む)
・ その他(上記職務に関連するその他の事務作業など)
----------
応募資格は以下の通りです。
----------
国内または海外の大学・大学院を卒業・修了した方、あるいは平成24年度中
に卒業・修了見込みの方で、デジタル・アーカイブ技術とデータベース情報
に関して専門知識(データベースの維持・更新に必要なプログラミングの知
識を含む)を有する方
----------
応募締切は平成24年11月30日(金)です。
詳しくは、同研究所のサイトをご参照下さい。
http://www.rieb.kobe-u.ac.jp/index-j.html

from 「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

2012.10.28

ARMA東京支部第100回定例会のご案内

渋沢栄一記念財団「渋沢史料館見学」と同実業史研究情報センター長ほかによる
講演

この度の定例会は、ビジネス・アーカイブズに焦点を当て、この分野の研究拠点
である渋沢栄一記念財団「渋沢史料館」を見学するとともに、同館の実業史研究
センターのお二人の専門家による講演を企画いたしました。
近年、企業アーカイブズに対する新しい取組みがはじまってきており、今回の定
例会は、そうした動きを学ぶ良い機会と思います。
どうか皆様におかれましてはぜひこの機会にご参加いただけますようお願い申し
上げます。

  記

1.日時:2012年11月15日(木) 13:30~15:40
*集合:13:20(渋沢史料館ロビー)

2.会場:渋沢栄一記念財団「渋沢史料館」
〒114-0024 東京都北区西ケ原2丁目16-1(飛鳥山公園内) 電話:03-3910-0005
http://www.shibusawa.or.jp/museum/

3.定例会スケジュール
1.13:30~14:30:「渋沢史料館」見学 (館長井上潤氏による説明付)
*企画展「渋沢栄一再発見~渋沢史料館の歩みと名品~」開催中
(休憩10分間)

2.講演(1)  14:40~15:10:講師:松崎裕子氏(企業史料プロジェクト担当 )
・演題:「経営に貢献するビジネス・アーカイブズ:ビジネス・アーカイブズ情
報発信の現場より」
・概要:メールマガジン「ビジネス・アーカイブズ通信」発行、財団ウェブサイ
トを主たる媒体
として実業史研究情報センターが行っているビジネス・アーカイブズに関する情
報発信活動の舞台裏をご紹介する。

3.講演(2) 15:10~15:40:講師:小出いずみ氏(実業史研究情報センター長)
・演題:「実業人アーカイブズを構成する資料:『渋沢栄一伝記資料』の分析か
ら」
・概要:個人アーカイブズといえる『渋沢栄一伝記資料』にはどのような資料が
収載されて
   いるのか、資料の種類の分析を紹介する。アーカイブズを成り立たせてい
る資料とはなにか、アーカイブズにとってどんな資料が核となりうるのかを考え
る手がかりとしたい。
 <15:50:解散>

4.お申し込みとお問合わせ
 E-Mail:office [at] arma-tokyo.org にて必要事項(団体名、部課名、氏名、ご連
絡先 [電話番号・メールアドレス]、会員/非会員) をご記入の上、お申し込み
下さい。
締 切: 2012年10月31(水)先着20名までとさせていただきます。

主 催:ARMA東京支部
参 加 費:会員:1,000円、非会員2,000円  入館料込み

2012.10.21

■ADMiC賞懸賞論文表彰式及び記念講演会「市民と職員に歓迎される行政文書管理」【11/13】

標記の講演会が開催されます。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、主催者のサイトをご参照下さい。
http://www.admic-akf.jp/news/2012/10/-admic-4.html
----------
日時  平成24年11月13日(火)
場所  日本記者クラブ (東京都千代田区)
主催  行政文書管理改善機構/ADMiC
後援  内閣府 毎日新聞社
I ADMiC賞懸賞論文 表彰式
1 主催者挨拶(10:00~10:15)
2 入選論文の発表と表彰(10:15~10:30)
(1) 論文の部
(2) エッセイの部
3 講評(10:30~10:50)
 審査委員会委員長  増島俊之氏(前中央大学大学院教授、元総務庁事務
次官)
休憩(10:50~11:00)
4 入選論文 口頭発表(11:00~12:00)
昼食休憩(12:00~13:00)
II ADMiC賞懸賞論文 記念講演会
統一テーマ : 市民と職員に歓迎される行政文書管理
1 講演1 (13:00~14:00)「地域主権戦略と行政文書管理」(仮題)
 内閣府地域主権戦略室 参事官  七條 浩二氏
2 講演2 (14:00~14:30)「静かな革命 公文書管理法がつくる行政のかたち 」
 行政文書管理アカデミー 学長  原田 三朗
休憩 (14:30~14:45)
3 講演3 (14:45~15:45)「文書管理のムダをなくす ~ファイリングシス
テムの活用~ 」(仮題)
 総務省自治行政局行政経営支援室 室長  小川 康則氏
4 講演4 (15:45~16:30)「キャビネット不要の新ファイリングシステム」
 行政文書管理改善機構 理事長  廣田 傳一郎
----------

from 「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

■全国遺跡資料リポジトリ・シンポジウム「文化遺産の記録をすべての人々へ! ─発掘調査報告書の電子化と公開を考える─」【11/15】

標記のシンポジウムが開催されます。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、主催者のサイトをご参照下さい。
http://rarcom.lib.shimane-u.ac.jp/general/doc/symp2012.html
----------
日時: 平成24年11月15日(木)13時~17時30分
会場: 大阪大学附属図書館 総合図書館ホール
 〒560-0043 豊中市待兼山町1-4
主催: 全国遺跡資料リポジトリ・プロジェクト(国立情報学研究所CSI委託
事業≪領域2≫)
共催: 大阪大学附属図書館,島根大学附属図書館
後援: 国立情報学研究所,デジタルリポジトリ連合(Digital Repository
Federation:DRF), 奈良文化財研究所
対象: 自治体文化財担当者, 一般市民,大学教員,学生,大学図書館員ほか
参加費: 無料
定員: 約100名
プログラム
12:30-13:00 受 付
  司会進行 大阪大学附属図書館事務部長 奥田 正義
13:00-13:10 開会挨拶
 プロジェクト代表 田籠 博 島根大学附属図書館長
 共催機関 東島 清 大阪大学附属図書館長(理事・副学長)
第1部 遺跡資料リポジトリはどこまで来たか?
13:10-13:30 報 告 「遺跡資料リポジトリの現状と今後の計画」
 矢田貴史 プロジェクト事務局(島根大学附属図書館)
13:30-14:10 講 演 「被災地の復興支援と遺跡資料リポジトリ」
 菅野智則 東北大学 埋蔵文化財調査室文化財調査委員
第2部 遺跡資料リポジトリはどこへ向かうのか?
14:10-14:50 講 演 「国立国会図書館における遺跡資料─紙からデジタルま
で」
 村上浩介 国立国会図書館関西館 電子図書館課長補佐
14:50-15:10 休 憩
15:10-15:50 講 演 「考古学アーカイヴと遺跡資料リポジトリ」
 赤塚次郎 愛知県埋蔵文化財センター
15:50-16:30 講 演 「遺跡情報記録と発掘調査報告書」
 森本晋 奈良文化財研究所 文化財情報研究室長
第3部 パネルディスカッション
16:30-17:30 パネルディスカッション
 コーディネータ:笹本正治 信州大学附属図書館長(副学長)
 パネリスト:菅野智則,村上浩介,赤塚次郎,森本晋,矢田貴史
18:00-19:30 情報交換会
----------

from 「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

■ARMA東京支部第101回定例会「ビッグデータ対応ソリューションの新しい動向」【11/22】

標記の研究会が開催されます。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、主催者のサイトの「イベント情報」をご参照下さい。
http://www.arma-tokyo.org/index.htm
----------
日時  2012年11月22日(木) 14:00~17:00
会場  中央大学駿河台記念館 330号会議室
 〒100-0005 東京都千代田区神田駿河台3-11-5
 Tel:03-3292-3111 (代)
 交通:JR、地下鉄丸ノ内線 御茶ノ水駅下車(ニコライ堂近く)
 地図:http://www.chuo-u.ac.jp/chuo-u/access/access_surugadai_j.html
講演
逐次通訳付き
1. 第1部:「ビッグデータのレコードマネージメント」
 講師: ZL Technologies President & CEO Kon Leong(カン・リョング)氏
2. 第2部:「ZL Unified Archivesについて」
 講師: ZL Technologies Business Development Director Chimmy Shioya
(塩屋 チミー)氏
主催  ARMA International東京支部
会費  会員 2,000円 非会員 3,000円
----------

from 「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

■人文科学とコンピュータシンポジウム 「じんもんこん2012」【11/17-18】

標記のシンポジウムが開催されます。
詳しくは、主催者のサイトをご参照下さい。
http://jinmoncom.jp/sympo2012/
----------
開催日程  2012年11月17日(土)~18日(日)
会場  北海道大学 人文・社会科学総合教育研究棟(W棟)(札幌市)
主催  情報処理学会 人文科学とコンピュータ研究会
協力  北海道大学 文学研究科 言語情報学講座
北海道大学グローバルCOEプログラム「境界研究の拠点形成 : スラブ・ユーラ
シアと世界」
セッション1 2012年11月17日 10:00-11:30
A1:DB構築
A1-1:都市内部における観光情報と土地利用情報の統合データベース構築 ─小
樽市を事例として─
 奥野祐介, 橋本雄一, 深田秀実, 川村壮
A1-2:日本古写経データベースの構築とその意義
 林寺正俊
A1-3:学術資源リポジトリ構築に向けた現状と課題-明治期以降の科学実験機器
資料のリポジトリ化を事例として-
 堀井洋, 林正治, 堀井美里, 山地一禎, 高田良宏, 塩瀬隆之, 古畑徹
B1:テキスト解析(2)
B1-4:旧仮名遣いの口語文を対象とした形態素解析辞書
 小木曽智信
B1-5:データマイニングによる誤り分析と辞書開発
 小林雄一郎
B1-6:古典中国語形態素解析のための品詞体系再構築
 山崎直樹, 守岡知彦, 安岡孝一
セッション2 2012年11月17日 13:15-14:45
A2:テキスト解析(1)
A2-7:語のbigramによる『源氏物語』の分類
 土山玄, 村上征勝
A2-8:多変量解析を用いた日本人英語学習者の発達指標の特定
 阿部真理子
A2-9:漸近的対応語彙推定法を用いた異言語テキスト間の概念ネットワーク
 村井源
B2:DB活用
B2-10:人文科学データベース統合検索のためのメタデータとその応用
 山田太造, 山本泰則, 古瀬蔵, 安達文夫
B2-11:アジア都市環境文化資源のデータベースとその活用可能性
 谷川竜一
B2-12:シームレスコンピューティングのための古文書字形検索技術
 耒代誠仁, 白井啓一郎, 井上聡, 久留島典子, 馬場基, 渡辺晃宏, 中川正樹
デモ・ポスターコアタイム
2012年11月17日 16:45-18:15 C会場
デモ
C-23 : コーパス用テキストを対象とした文字処理支援ツール「〓箱」-文字校
正・処理情報付与作業の効率化-
 堤智昭, 須永哲矢, 高田智和
C-24 : 石造遺物銘文取得のためのデータベース開発
 上椙英之, 上椙真之, 多仁照廣
C-25 : 画像文字選択のための「テキスト動線」編集・利用システム─Sijima
 津田光弘
C-26 : 未校訂歴史的資料への濁点の自動付与アプリケーション
 岡照晃, 小町守, 小木曽智信, 松本裕治
C-27 : 客観的/ 当事者的な視点から語彙の実態を可視化するWebアーカイブ
コンテンツの提案
 原田真喜子, 渡邉英徳
C-28 : 多元的デジタルアーカイブズのVR-ARインターフェイスデザイン手法
 渡邉英徳, 原田真喜子, 佐藤康満
C-29 : ヲコト点電子化のためのデータ構造と入力支援システムの試作
 田島孝治, 堤智昭, 高田智和
ポスター
C-30 : マレー半島・クラ地峡をめぐる古代交易ルートに関する一考察 ─地
理情報システムを用いた移動コスト分析─
 清野陽一, 魚津知克
C-31 : 古代エジプト神官文字写本を対象とした言語情報表示システムの試作
 永井正勝, 和氣愛仁
C-32 : 動的リンク生成による浮世絵データベース間の多言語統合アクセス手
法の提案
 久山岳夫, Biligsaikhan Batjargal, 木村文則, 前田亮
C-33 : リポジトリシステムを利用した先祖由緒一類附帳データベースの構築
 林正治, 堀井洋, 堀井美里, 宮下和幸, 中野節子, 山地一禎, 高田良宏
C-34 : フィールドワークリアルタイム報告システムの構築
 梅川通久
C-35 : 舞踊の学習を目的とした効果的なCGの検討
 薄井洋子, 佐藤克美, 渡部信一
C-36 : Coh-Metrixとパターン認識を用いた課題英作文の自動評価
 小林雄一郎, 金丸敏幸
セッション3 2012年11月18日 9:30-11:00
A3:舞踊研究
A3-13:能楽映像記録の舞動作解析手法
 内記綾子, 青柳龍也
A3-14:舞台パフォーマンスのための映像制御システムと能演劇での演出
 芝 公仁, 曽我麻佐子, ジョナ サルズ
A3-15:舞踊譜Labanotationの初学者向け自習用教材としてのLabanEditor3の
応用-クラシック・バレエの基本動作を事例として-
 中村美奈子, Worawat Choensawat、八村広三郎
B3:メタデータ
B3-16:博物館が所蔵する生物標本情報のLinked Open Data化の試み
 南佳孝, 武田英明, 加藤文彦, 大向一輝, 新井紀子, 神保宇嗣, 伊藤元己
B3-17:正倉院文書データベースへのトピックマップ応用による奈良時代知識
情報構築の試み
 後藤真, 内藤求
B3-18:TOPIC MAPSを利用したマンガメタデータの提案
 原正一郎, 内藤求
セッション4 2012年11月18日 11:15-12:15
A4:テキストDB
A4-19:Finnegans Wake_の電子アーカイヴ試作
 扶瀬幹生, 北本朝展
A4-20:Old Tibetan Documents Online(OTDO)の取り組みと課題
 松田訓典, 星泉
B4:マルチメディア
B4-21:粒子ベース・サーフェス・レンダリングを用いた計測点群データの半
透明可視化と特徴可視化・部分強調
 吉田賢広, 長谷川恭子, 仲田晋, 田中覚
B4-22:能楽音声記録の謡解析手法
 内記綾子, 青柳龍也
有志企画セッション
アンカンファレンス・じんもんこん/CHの将来を考える(仮)
11月18日(日) 13:30-15:30(予定)
----------

from 「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

■天草市の学芸員募集

熊本県天草市が、学芸員1名程度を募集しています。
主な職務の概要等は以下の通りです。
----------
市長事務部局に勤務し、主に天草アーカイブズにおいて古文書等に関する専門
の技術業務に従事します。
----------
受験資格は以下の通りです。
----------
昭和57年4月2日以降に生まれた人で、学芸員の資格を持っている人または平
成25年3月末日までに取得見込みの人。
----------
受付期間は平成24年11月14日(水)までです。
詳しくは、同市のサイトをご参照下さい。
http://www.city.amakusa.kumamoto.jp/info/pub/detail.asp?c_id=111&id=3963&type=top&mst=1100

from 「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

2012.10.18

平成24年度女性情報アーキビスト養成研修(入門)+(実技コース)参加者募集

期日;平成24年12月5日(水)~12月7日(金)
  「入門」:12月5日(水)~12月6日(木) 1泊2日  ※どちらか1日のみの参加も可能です
  「実技コース」:12月6日(木)~12月7日(金) 1泊2日

募集人員;女性史関係者、女性関連施設職員、図書館の実務担当者 など
    (機関・団体の図書室・図書館に所属している方を優先します)

「入門」:30名
「実技コース」:10名  なお、下記a)、b)のいずれかにあてはまる方
   a)今回(平成24年度)「入門」との同時受講が可能であること。
   b)平成21/22年度「女性情報アーキビスト入門講座」または
     平成23年度「女性情報アーキビスト養成研修(入門)」を受講済であること。
   応募者多数の場合は、a)の方を優先します。

主催:独立行政法人 国立女性教育会館
会場:国立女性教育会館
   〒355-0292 埼玉県比企郡嵐山町菅谷728番地
   (東武東上線武蔵嵐山駅下車徒歩12分)
   詳しい交通のご案内はこちらから
   http://www.nwec.jp/jp/about/access.html

所要経費  
(1)参加費  「入門」:無料、 「実技コース」:実習材料費等実費
(2)宿泊費  研修期間中は1泊 1,000円(前・後泊についても1泊1,000円です)
(3)食費  1食あたり 800円程度(カフェテリア方式)
(4)情報交換会費  500円
※研修期間中の宿泊及び食事は、すべて会館をご利用ください。

申込・お問い合わせ先
〒355-0292 埼玉県比企郡嵐山町菅谷728番地
国立女性教育会館情報課
TEL:0493-62-6727
FAX:0493-62-6721
E-mail: infodiv(at)nwec.jp

※詳しいことはhttp://www.nwec.jp/jp/archive/archivist2012.htmlでご覧ください。

2012.10.16

経営史学会第48回全国大会パネルディスカッション「経済政策史資料保存促進のために、いま何が必要か?」

日時:2012年11月4日(日) 9:00~12:00(経営史学会の第48回全国大会第2日)
会場:明治大学駿河台キャンパス リバティータワー8階1083教室
(〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1)

テーマ: 経済政策史資料保存促進のために、いま何が必要か?
―公文書管理法と現代経済史・経営史資料―

司会者: 中村尚史(東京大学)

基調報告: 「経済政策史資料保存促進のために」 尾高煌之助(一橋大学名誉教授)

パネルディスカッション
 尾高煌之助(一橋大学名誉教授)
 高山正也(国立公文書館館長)
 石原一則(神奈川県立公文書館資料課長)
 阿部武司(大阪大学大学院教授)
 吉川 容(三井文庫)
 瀬畑 源(一橋大学)
 湯沢 威(学習院大学名誉教授)

詳細はhttp://www.bhs-japan.org/bhsj/sub02.htmlでご覧ください。

2012.10.15

■外務省外交史料館の非常勤職員募集

外務省が、外交史料館で勤務する非常勤職員1名を公募しています。
業務内容は「日本外交文書編纂業務の補助等」です。
応募資格は以下の通りです。
----------
(1)応募に際しては,以下の項目を参考にして下さい。
(イ)日本近現代史・外交史の基礎的知識を有し,史料を扱う業務に関心を有
していることが望ましい。
(ロ)日本の近現代期に作成された史料の読解ができることが望ましい。
(ハ)学術研究・教育機関,行政機関等での勤務経験があることが望ましい。
(二)パソコンに関する基礎的な知識や操作能力を有する者。
(ホ)来館者への応対ができる者。
----------
応募締切は平成24年12月5日です。
詳しくは、同省のサイトをご参照下さい。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/saiyo/hijyokin/gaiko_shiryokan_121011.html

from 「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

2012.10.14

日本アーカイブズ学会 2012年度第1回研究集会「医療をめぐるアーカイブズ」

■ 日 時 :2012年11月25日(日) 13:30~17:00
■ 会 場 :神奈川県立公文書館大会議室(横浜市旭区中尾1-6-1)
   (相鉄線・二俣川駅より徒歩17分/相鉄バス・運転試験場循環「運転試験場」下車)
参加費無料、事前申込不要

■ 報 告 :
 芹澤良子氏(国立国会図書館)
  「医療史研究と史料-ハンセン病対策の事例から-」

 鈴木晃仁氏(慶應義塾大学)
  「昭和戦前期精神病院の症例誌について」

 コメント:石原一則氏(神奈川県立公文書館)

■開催趣旨 :
 記憶や情報を伝えるために守らなければならない数ある記録のなかで、特に医療をめぐる記録は、
人間の「生き死に」や「生き様(ざま)」に直結するものであるという点で、他とは違った独自の意味を
もっている。また“医療”に関する現場は、人々が検診・診察・治療に訪れる病院、社会政策としての
医療・衛生行政、医学研究のための研究機関など多様な形で存在し、様々な人々が“医療”という行為
に関わる場である。そこでは、病院のカルテ、調査されたデータ、実験で得た結果など、実に数多くの
種類の記録が生み出されている。それらは今までも、そしてこれからも私たちの社会に不可欠なもの
である。
 時間の経過の中で環境や社会が変化するのと同じく、医療・衛生の状況も変化する。例えば既に制
圧(コントロール)された病気や感染症に関する記録についての人々の関心は薄いかもしれない。しか
し、昨今の“マラリアの逆襲”と“Roll Back Malaria”の動きからもわかるとおり、病気の歴史はときに
繰り返されようとするし、最新の感染症対策に過去の経験が生きることもある。また、ある疫学者は、
ある感染症に関する過去のほんの数年分の疫学的な記録があれば、その感染症に対する今後の対
策を研究できると話し、別のある医学者は、地球温暖化によって予測される衛生や感染症の問題を
検討するとき、ハエとカの記録があると大変に有効だと言う。しかし、現在、そのような疫学的な記録
も、ハエとカの記録も、少なくとも日本では系統的に整備されていないのだ。
 以上のようなことからも、私たちは医療をめぐるアーカイブズへの関心を高める必要があるのだが、
現在、この分野に関するアーカイブズの状況は必ずしも整備されているとは言えない。それは、個人
情報の取り扱いなどをはじめとする、多くの困難な問題を抱えているからである。しかし、私たちは未
来の疫学者や医学者たちに記録を提供する準備を決して怠ってはならない。
 日本アーカイブズ学会では、こうした問題意識から、2012年度の第1回研究集会のテーマを「医療を
めぐるアーカイブズ」とした。まず、芹澤良子氏にハンセン病対策の観点から、続いて、鈴木晃仁氏に
精神医療の観点から、医療とアーカイブズをめぐる諸問題についてご報告をいただく。その上で、石原
一則氏に、医療をめぐる記録の保存と利用の問題について、自治体アーカイブズの立場からのコメント
をお願いする。
 この研究集会が多くの皆様に関心を寄せていただく機会となることを願うとともに、本学会としては
単にアーカイブズの問題としてだけではなく、アーカイブズ学的問題としての喚起を目指したい。医療
をめぐる歴史的なアーカイブズを検討するという、アーカイブズ学としての問題提起は、アーカイブズ
上に存在する他の諸問題にもきっと良い影響を与えるだろう。そしてそれは、未来の“Rollback
Medicine”の一助となるはずである。様々な立場からの活発な議論を期待したい。

■お問い合わせ先 :
 日本アーカイブズ学会事務局
 〒190-0014
 東京都立川市緑町10-3
  国文学研究資料館 加藤聖文研究室気付

 URL:http://www.jsas.info/
 E-mail:office[at]jsas.info

2012.10.11

秋田市で公文書管理条例の検討

○秋田市公文書管理条例(仮称)検討委員会について
http://www.city.akita.akita.jp/city/gn/dc/publiccomment/jourei_iinkai.htm

○(仮称)秋田市公文書管理条例の概要に関する意見公募のお知らせ
http://www.city.akita.akita.jp/city/gn/dc/publiccomment/pubcome.htm

(富田)

2012.10.08

■第96回人文科学とコンピュータ研究会発表会【10/12】

標記の研究会が開催されます。
詳しくは、主催者のサイトをご参照下さい。
http://www.jinmoncom.jp/index.php?%E9%96%8B%E5%82%AC%E4%BA%88%E5%AE%9A%2F%E7%AC%AC96%E5%9B%9E
----------
日時 2012年10月12日(金)
会場 国文学研究資料館
 東京都立川市緑町10-3
 立川北駅からモノレール高松駅下車,徒歩約7分またはJR立川駅から徒歩約25分
 「立川学術プラザ」バス停下車,徒歩0分または「裁判所前」バス停下車,徒歩3分
 「市役所前」バス停下車,徒歩3分
参加費(聴講)
 研究会登録会員:無料
 学会正会員:1500円
 学会学生会員:500円
 非会員(非会員の学生も含む):2500円
 詳しい情報は下記URLをご覧ください.
 http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/event/ch96.html
プログラム
一般セッション
CH96の一般セッションは発表25分+質疑10分となります.
9:15-9:50(1)近世口語テキストの構造化とその課題
 市村 太郎(国立国語研究所),河瀬 彰宏(国立国語研究所),小木曽
 智信(国立国語研究所)
9:50-10:25(2)千字文の冒険─和漢比較文学研究における文字オントロジー
の応用研究─
 相田満(国文学研究資料館)
10:25-11:00(3)感情に応じた顔文字データベースの構築
 伊藤 永悟(東洋大学),藤本 貴之(東洋大学)
11:00-11:05 休憩
11:05-11:40(4)英訳語を見出し語としたデジタル仏教語彙集作成の可能性
と問題点について
 辻村優英(総合地球環境学研究所,高野山大学)
11:40-12:15(5)情報まちづくり論から見た図書館の役割
 井出明(追手門学院大学)
12:15-12:50(6)石造遺物デジタルアーカイブ構築のための画像解析法の開発
 上椙英之(神戸学院大学),上椙真之(宇宙航空研究開発機構),多仁照廣
(敦賀短期大学)
12:50-14:00 お昼休み(運営委員会)
13:30- 企画セッション受付開始(企画セッションから参加の方のみ)
企画セッション
14:00-14:05 開会挨拶
第一部 地域の歴史文化遺産情報の保全
14:05-14:45(7)地域歴史資料と「移動する歴史資料たち」の問題を考える
 西村慎太郎(国文学研究資料館)
14:45-15:25(8)震災資料の保存と研究の必要性-なぜ、震災情報の集積が必
要か-
 水本浩典(神戸学院大学)
15:25-16:00討論
ディスカッサント
 長谷川伸氏(新潟市文化観光スポーツ部歴史文化課)
 奥村 弘氏(神戸大学)
16:00-16:10 休憩
第二部 新統合検索システムと研究情報資源共有化
16:10-16:50(9)nihuINTにおける人文科学研究資源の探索支援
 山田太造(人間文化研究機構),古瀬蔵(国文学研究資料館),安達文夫(国立
歴史民俗博物館)
16:50-17:30(10)網羅性を重視した古事類苑データベース
 古瀬蔵(国文学研究資料館)・相田満(国文学研究資料館),山田太造(人間文化
研究機構)
17:45-17:50 閉会挨拶
----------

from 「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

■公開シンポジウム「図書館学・博物館学・文書館学・記録情報学を総合的に学ぶ:デジタル時代の情報管理を身に付けるために」【11/7】

駿河台大学文化情報学研究所が、標記のシンポジウムを開催します。
参加申し込みは不要です。
詳しくは、同大学のサイトをご参照下さい。
http://www.surugadai.ac.jp/event/2012/2012117.html
----------
日時:平成24年11月7日(水) 13:20~16:30
場所:駿河台大学 第2講義棟 4階 7405教室
 西武池袋線 元加治駅 →無料スクールバス(約5分)
 西武池袋線 飯能駅南口→無料スクールバス(約7分)
 JR 八高線 金子駅 →無料スクールバス(約8分)
 バスダイヤは本学HPhttp://www.surugadai.ac.jp/からご確認いただけま
す。
趣旨説明 13:20~13:30
基調講演  高山正也 13:30~14:10
 国立公文書館館長 慶應義塾大学名誉教授
「日本における公文書の管理」
講演1 竹内比呂也 14:10~14:40
 千葉大学文学部教授 附属図書館長/アカデミック・リンク・センター長
「それでも図書館はなくならない」と言うために
講演2 吉国三千子 15:00~15:30
 日本レコードマネジメント株式会社 RMT開発事業部 クリエイティブディ
レクター
「グローバル化時代の記録管理」
講演3 波多野宏之 15:30~16:00
 本学メディア情報学部教授
「コレクションからミュージアムへ-蒐集することの意味-」
講演者による討論 16:00~16:30
----------

from 「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

■アート・ドキュメンテーション学会関西地区部会2012年度第2回研究会【10/15】

標記の研究会が開催されます。
参加申し込みは不要です。
詳しくは、主催者のサイトをご参照下さい。
http://www.jads.org/kansai/2012/20121015.html
----------
デジタルアーカイブ研究会:
リチャード・プラウティ氏(米国アリゾナ州)をお迎えして
Digital Archives Research Meeting with Mr. Richard Prouty, Arizona
State Library, Archives and Public Records (U.S.A.)
共催:アート・ドキュメンテーション学会関西地区部会、立命館大学アート・
リサーチセンター、日本図書館協会国際交流事業委員会
日時:2012年10月15日(月)13:40~16:55
場所:立命館大学(衣笠キャンパス) アート・リサーチセンター(ARC)2階
 多目的室
 市バス・JRバス「立命館大学前」すぐ、または市バス「衣笠校前」より徒歩。
 交通案内・キャンパスマップ:http://www.arc.ritsumei.ac.jp/aboutus_access.html
 参加無料・事前申込不要。JADS非会員の参加可。発表・討議は英語で行いま
す。
13:00より、ARC資料保管庫等の見学を行います(英語で説明)。
ご希望の方は時間までにARC2階入口にお越し下さい。
----------

from 「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

沖縄県公文書館アーキビスト募集

沖縄県公文書館の指定管理者、公益財団法人沖縄県文化振興会が
臨任職員(公文書専門員)を募集しています。
詳しいことは沖縄県公文書館のサイトをご覧ください。

http://www.archives.pref.okinawa.jp/publication/2012/10/post-465.html

2012.10.06

第141回記録管理学会例会のご案内

関西担当理事  石井 幸雄

学校教育法施行規則等の改正により、平成23年4月より大学の教育情報の公表が義務付けられ
ました。この省令改正の狙いは二つあると思われます。一つは、大学が社会的機関として最低限
の責任を果たすことであり、もう一つは、大学が、情報の公表を通して教育力向上や改革に役立
てることです。

しかし、徐々に、大学の見える化は進んでいるものの、教育情報としてその内容は十分とはいえ
ません。また、文部科学省は教育情報についてインターネットを通じて広く公表することを定めて
いますが、インターネット上での所在がわかりにくい大学も数多く見受けられます。これではすべ
ての大学が社会的責任を果たしているとはいえません。まして、自律的な大学改革が各大学で意
識共有されて前進するとも思えない状況です。

今回は、当学会関西地区有志によるプロジェクト研究報告をもとに、大学の「教育情報の公表」を
進化させるためにはどのような改善が求められるのか、その組織的・機能的な方法について検討
を行い、主に文書管理・記録管理の観点から大学の自主的・自律的な質保証及び教育の質的向
上に資する議論を深めようと思います。

第141回例会を下記のとおり開催致しますので、会員の皆様には奮ってご参加頂き、活発なご
意見をお願いします。また、本テーマに関心のある大学教職員各位のご参加を心よりお待ち申し
上げます。

内容:「大学における文書管理に関する基礎的研究」 報告および意見交換
報告者:記録管理学会 関西・大学研究プロジェクト
開催日時:平成24年11月10日(土)午後3時00分~午後5時00分
受付開始 午後2時30分~
会場:関西学院大学 大阪梅田キャンパス 1402教室
   大阪市北区茶屋町19-19 アプローズタワー14階
アクセス:http://www.kwansei.ac.jp/kg_hub/access/index.html

主催:記録管理学会:http://www.rmsj.jp/
後援:公益財団法人 関西生産性本部、一般社団法人 日本経営協会
   一般社団法人 ヒューリット・マネジメント・フォーラム

参加費:会員及び後援団体会員無料、非会員500円(資料代等)
懇 親 会:参加自由。参加費(5,000円程度)は現地徴収
定員:コロキウム形式のため、先着20名様を定員とさせて頂きます。

申込締切:平成24年11月5日(月)まで
申込先:関西担当 石井幸雄 e-mail : y-ishii(at)hritmf.com fax:050-3156-0633
※お名前、所属機関、ご連絡先住所・電話・fax・e-mail)を記載して下さい。

2012.10.05

群馬県立文書館 開館30周年記念式典・講演会・シンポジウム開催要項

1 趣  旨
 群馬県立文書館は、県の歴史資料保存利用機関として昭和57年(1982)11月1日に開館し、
今年で30周年を迎える。この間、県の公文書・行政資料をはじめ、地域に伝存する古文書・
記録等を収集・保存するとともに、閲覧利用及びその活用を図るため、古文書講座や展示会
の開催など様々な普及活動を展開してきた。

 平成23年4月には「公文書管理法」が施行され、地方自治体における公文書等の保存管理を
取り巻く状況も大きな転期を迎えようとしている。そこで30周年という節目の年にあたり、
記念式典・講演会・シンポジウムを開催し、従来の諸活動を再検証するとともに、これからの
公文書・地域史料の保存・活用の在り方を議論し、よりよい地域社会の創造を展望する契機と
したい。

2 期  日 平成24年11月2日(金)

3 会  場 群馬県立文書館3階研修室

4 主  催 群馬県立文書館

5 後  援 群馬県市町村公文書等保存活用連絡協議会(群文協)
        全国歴史資料保存利用機関連絡協議会(全史料協)

6 内  容
【午前の部】
(1)30周年記念特別展説明会(当館展示室)11:00~11:30
【午後の部】
(1)記念式典13:00~13:15
(2)記念講演会13:20~14:20
   ●演 題:「アーカイブズの軌跡と未来像」
   ●講 師:丑木幸男氏(国文学研究資料館名誉教授)
(3)シンポジウム14:30~17:00
   ●共通論題:「地域史料と公文書の保存・管理の今まで、そしてこれから
          -地域社会におけるアーカイブズの役割-」
   ●パネリスト:佐藤勝巳氏(埼玉県戸田市アーカイブズセンター専門員)
          佐藤孝之氏(東京大学史料編纂所教授)
          松岡資明氏(日本経済新聞社編集委員)
   ●コメンテーター:高山正也氏(国立公文書館長)、丑木幸男氏
   ●コーディネーター:岡田昭二(群馬県立文書館長)

7 参加方法 10月26日までにFAX・メール又は電話(027-221-2346)でお申し
 込みください。参加費無料です。

8 問い合わせ先
  群馬県立文書館 http://www.archives.pref.gunma.jp/
  〒371-0801 前橋市文京町3丁目27-26
  TEL:027-221-2346/FAX:027-221-1628

(阿久津)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...