« ■JIIMAセミナー「e-文書法の導入と税務調査への対応」【3/7】 | トップページ | シンポジウム「東日本大震災の検証と来るべき震災の備えへの提言-資料保存と救済のあり方から」 »

2013.02.24

■時代考証学会第2回サロン「東海大学北條秀司文庫から考える、脚本アーカイブズの可能性」【3/9】

時代考証学会が、標記の研究会を開催します。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、同会のブログをご参照下さい。
http://jidaikousyou.seesaa.net/article/319088537.html
----------
日時:2013年3月9日(土)13:30~17:00
会場:東海大学湘南キャンパス4号館3階4-1AB会議室
 http://www.u-tokai.ac.jp/info/traffic_map/shared/pdf/shonan_campus.pdf
 神奈川県平塚市北金目四丁目1番1号
アクセス:
 小田急線「東海大学前」駅下車徒歩約15分、または『秦野駅行き』『下大槻
団地行き』バス(約5分)で「東海大学北門」下車すぐ
 JR東海道線「平塚」駅下車、『東海大学行き』または『秦野駅行き』バス
(約30分)で「東海大学正門前」下車徒歩約5分
参加費:200円
プログラム
13:30:趣旨説明
13:40:馬場弘臣(東海大学准教授)
 「劇作家北條秀司の作品群と資料群─アーカイブズの視点から─(仮)」
14:30:北條秀司文庫の見学
15:30:工藤航平(時代考証学会/国文学研究資料館機関研究員)
 「時代考証学と脚本アーカイブズ(仮)」
16:00:討論
17:00:閉会
----------

from 「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

« ■JIIMAセミナー「e-文書法の導入と税務調査への対応」【3/7】 | トップページ | シンポジウム「東日本大震災の検証と来るべき震災の備えへの提言-資料保存と救済のあり方から」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/56829920

この記事へのトラックバック一覧です: ■時代考証学会第2回サロン「東海大学北條秀司文庫から考える、脚本アーカイブズの可能性」【3/9】:

« ■JIIMAセミナー「e-文書法の導入と税務調査への対応」【3/7】 | トップページ | シンポジウム「東日本大震災の検証と来るべき震災の備えへの提言-資料保存と救済のあり方から」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...