« ■時代考証学会第2回サロン「東海大学北條秀司文庫から考える、脚本アーカイブズの可能性」【3/9】 | トップページ | ■NHK放送文化研究所 2013年春の研究発表とシンポジウム【3/13-15】 »

2013.03.02

シンポジウム「東日本大震災の検証と来るべき震災の備えへの提言-資料保存と救済のあり方から」

詳細はhttp://www.ihatov-u.jp/cgi-bin/topics/topics_shosai.cgi?sno=152でご覧ください。

■日程
第1部:平成25年3月16日(土)13:00~17:50
第2部:    3月17日(日) 9:30~12:30
第3部:    3月17日(日)13:30~16:05

■内容
○平成25年3月16日
第1部 「文化財・資料」の保存と救済の連携はどうあるべきか
-国・地方公共団体・民間ネットワーク-

基調講演 東京文化財研究所保存修復科学センター長 岡田 健氏
パネリスト 岩手県立博物館第二学芸課長      赤沼英男氏
      大槌町教育委員会生涯学習課長     佐々木健氏
      岩手歴史民俗ネットワーク事務局・岩手大学教授 菅野文夫氏
コメンテーター 歴史資料ネットワーク代表委員・神戸大学教授 奥村 弘氏
        静岡県教育委員会文化財保護課主査 笹原千賀子氏
司会    いわて高等教育コンソーシアム地域研究推進委員会委員長
       盛岡大学教授            大石泰夫氏


○平成25年3月17日
第2部 公文書保存のあり方
パネリスト 国文学研究資料館准教授 青木 睦氏
      天草アーカイブ館長   金子久美子氏
      宮城学院女子大学教授  大平 聡氏
      長岡市立中央図書館文書資料室主任 田中洋史氏
司会    岩手歴史民俗ネットワーク副代表・盛岡大学教授 熊谷常正氏


第3部 震災に際しての図書館
パネリスト 帝塚山大学非常勤講師・前神戸大学附属図書館情報管理課長 稲葉
洋子氏
      岩手県立図書館総務・サービス担当主任 齋藤力矢氏
      いわて高等教育コンソーシアム・盛岡大学准教授 千錫烈氏
司会    いわて高等教育コンソーシアム・富士大学教授  斎藤文男氏

■場所
ホテルルイズ 3階 「万葉の間」
(盛岡市盛岡駅前通7-15)

■対象
市民一般、文化財関係者、県・市町村等行政関係者、図書館業務関係者、ほか

■問い合わせ先
盛岡大学総務部
〒020-0183 岩手県岩手郡滝沢村滝沢字砂込808
TEL:019-688-5555(代表) FAX:019-688-5577
E-mail soumu☆morioka-u.ac.jp

(佐藤)

« ■時代考証学会第2回サロン「東海大学北條秀司文庫から考える、脚本アーカイブズの可能性」【3/9】 | トップページ | ■NHK放送文化研究所 2013年春の研究発表とシンポジウム【3/13-15】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/56869885

この記事へのトラックバック一覧です: シンポジウム「東日本大震災の検証と来るべき震災の備えへの提言-資料保存と救済のあり方から」:

« ■時代考証学会第2回サロン「東海大学北條秀司文庫から考える、脚本アーカイブズの可能性」【3/9】 | トップページ | ■NHK放送文化研究所 2013年春の研究発表とシンポジウム【3/13-15】 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...