« ■Describing Archives: A Content Standard第2版のWeb公開 | トップページ | ■シンポジウム「東日本大震災からまだ2年、資料保全活動の現状と課題」【7/6】 »

2013.06.03

■『GCAS Report』vol.1のWeb公開

学習院大学大学院人文科学研究科アーカイブズ学専攻研究年報『GCAS Report』
vol.1(2012年2月)の全文が、同専攻のサイトで公開されました。
http://www.gakushuin.ac.jp/univ/g-hum/arch/index.html
主な内容は以下の通りです。
----------
講演
記録のパフォーマティヴ・パワー
 エリック・ケテラール 訳:森本祥子
論文
町村役場における兵事係の記録管理──大郷村兵事係文書を事例として
 橋本陽
研究ノート
廃棄すべきか、残すべきか──オーストラリア「ハイナー事件」に学ぶ
 平野泉
書評
Sam Kula, Appraising Moving Images:Assessing the Archival and Monetary
Value of Film and Video Records
 児玉優子
太田富康『近代地方行政体の記録と情報』
 渡邉佳子
鵜飼哲+高橋哲哉編『「ショアー」の衝撃』
 宇野淳子
報告
島根県飯南町「旧赤来町役場文書」調査プロジェクトについて
 安藤正人
韓国記録管理 人材育成の現場──「学習院大学東洋文化研究所 グローバル東
アジア学40」派遣報告
 齋藤柳子
Keeping Archivesを読む──GCASサブ・ゼミナール2011活動報告
 大木悠佑+齋藤歩+雫石忠宏+澁谷梨穂
----------

from 「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

« ■Describing Archives: A Content Standard第2版のWeb公開 | トップページ | ■シンポジウム「東日本大震災からまだ2年、資料保全活動の現状と課題」【7/6】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/57516701

この記事へのトラックバック一覧です: ■『GCAS Report』vol.1のWeb公開:

« ■Describing Archives: A Content Standard第2版のWeb公開 | トップページ | ■シンポジウム「東日本大震災からまだ2年、資料保全活動の現状と課題」【7/6】 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...