« ■研究例会「戦後図書館関係資料の保存に関する検討:石塚栄二氏所蔵資料を中心に」【11/24】 | トップページ | ■これだけクリックすればわかるアーカイブズ »

2013.11.04

■講演会「なぜアーカイブズは必要なのか─文書保存の意義と実態」【11/17】

標記の講演会が開催されます。
詳しくは、歴史史料ネットワークのブログをご参照ください。
http://siryo-net.jp/event/201311-iwate-kokubunken/
----------
日時 2013年11月17日(日) 13:00~17:00
会場 ホテルルイズ(3階 万葉の間)
 〒020-0034  岩手県盛岡市盛岡駅前通り7-15  電話019-625-2611
定員 150名程度(市民一般、文化財関係者、県・市町村等行政関係者、図書
館業務関係者ほか)
入場無料
主催 国文学研究資料館3研究グループ・いわて高等教育コンソーシアム
プログラム
第1部 アーカイブズの意義
 松岡資明(日本経済新聞社)「東日本大震災後、公文書管理は変わったか」
 大石泰夫(盛岡大学教授)「アーカイブズと民俗学─報告書『花輪祭り』の
実例から」
 青木直己(元虎屋文庫研究主幹)「ビジネスアーカイブズと地域社会」
 加藤聖文(国文学研究資料館助教)「公文書管理法を活かして記録を残す」
第2部 地域社会におけるアーカイブズ
 平田輝明(元栃木県小山市文書館長)「地域文書館の設立を振り返って-ア
ーカイブズ未設置地域の博物館の役割」
 小笠原晋(遠野市文化研究センター調査研究課長)「アーカイブズの管理と
災害対応~遠野市の事例から」
 青木 睦(国文学研究資料館准教授)「被災文書の保存活用と市町村におけ
る文書中間保管庫の設計」
----------

from 「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

« ■研究例会「戦後図書館関係資料の保存に関する検討:石塚栄二氏所蔵資料を中心に」【11/24】 | トップページ | ■これだけクリックすればわかるアーカイブズ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/58512371

この記事へのトラックバック一覧です: ■講演会「なぜアーカイブズは必要なのか─文書保存の意義と実態」【11/17】:

« ■研究例会「戦後図書館関係資料の保存に関する検討:石塚栄二氏所蔵資料を中心に」【11/24】 | トップページ | ■これだけクリックすればわかるアーカイブズ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...