« 第19回情報サービス研究会「経営資源としてのアーカイブズ」 | トップページ | ■日本文書情報マネジメント協会のガイドライン »

2013.11.07

シンポジウム:震災資料・学校資料をどのようにして保全し活用するか

主催  新潟大学災害・復興科学研究所危機管理・災害復興分野
共催  新潟大学人文学部地域文化連携センター、新潟歴史資料救済ネットワーク、新潟史学会
会場  新潟大学総合教育研究棟D棟1階大会議室
日時  2013年12月8日(日)13時~17時30分

受付開始 12時30分
報告1  震災資料 13時ー14時20分
板垣貴志(神戸大学) 現代社会と災害アーカイブー求められていること、できることー
吉野高光(福島県双葉町教育委員会)・白井哲哉(筑波大学)
            双葉町役場が保有する東日本大震災関係資料の保全・整理作業とその課題
田中洋史・田中祐子(長岡市立中央図書館文書資料室)
           新潟県長岡市における東日本大震災避難所史料の整理と研究
            ー長岡ロングライフセンター福祉避難所を中心にー
報告2  学校資料 14時40分ー15時40分
大平 聡(宮城学院女子大学) 学校資料の保全と活用ーその実際と課題ー
松本洋幸(横浜市史資料室)  横浜の関東大震災と小学校ー応急対応と学校資料についてー
田中大輔(山形資料ネット)  宮城県農業高校資料の価値と保存ー山形ネットの資料救済活動を通じてー
パネルディスカッション 16時~17時30分

問い合わせ先
矢田俊文(新潟大学人文学部、新潟大学災害・復興科学研究所兼任)
  〒950ー2181 新潟市五十嵐2-8050 新潟大学人文学部
TEL:025ー262ー6542 MAIL:yata☆human.niigata-u.ac.jp

参加申込書
12月8日のシンポジウムに参加する ( )
シンポジウム終了後の懇親会に参加する ( )

(矢田)

« 第19回情報サービス研究会「経営資源としてのアーカイブズ」 | トップページ | ■日本文書情報マネジメント協会のガイドライン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/58533489

この記事へのトラックバック一覧です: シンポジウム:震災資料・学校資料をどのようにして保全し活用するか:

« 第19回情報サービス研究会「経営資源としてのアーカイブズ」 | トップページ | ■日本文書情報マネジメント協会のガイドライン »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...