« シンポジウム:震災資料・学校資料をどのようにして保全し活用するか | トップページ | ■共同声明「福島第一原発事故に関わる放射線測定データの保全と後世へのアーカイブズ化を」 »

2013.11.11

■日本文書情報マネジメント協会のガイドライン

日本文書情報マネジメント協会は2013年10月、以下のガイドラインを発表しまし
た。
-JIIMA文書情報マネジメントセンター サービス・ガイドライン
-JIIMA長期保存用光ディスクを用いたアーカイブガイドライン
同会のサイトで全文が公開されています。
http://www.jiima.or.jp/policy/index.html
主な内容はそれぞれ以下の通りです。
JIIMA文書情報マネジメントセンター サービス・ガイドライン
----------
はじめに
用語の定義
第0章 レベルの設定と管理単位
第1章 文書等の保管施設
第2章 運営管理(設備)
第3章 運営管理(運用)
第4章 その他
第5章 適用除外
補 足「不正侵入防御」、「入退管理」
参考文献
----------
JIIMA長期保存用光ディスクを用いたアーカイブガイドライン
----------
はじめに
本ガイドラインの構成
対象とする読者と適応範囲
本ガイドラインで用いる用語
第1章 現在のアーカイブの課題
第2章 長期保存用光ディスクによるディジタルアーカイブとは
第3章 長期保存用光ディスクの導入手順
第4章 光ディスクによるディジタルアーカイブの実例
参考資料1 関係する国内国際規格
参考資料2 参考ガイドライン
----------

from 「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

« シンポジウム:震災資料・学校資料をどのようにして保全し活用するか | トップページ | ■共同声明「福島第一原発事故に関わる放射線測定データの保全と後世へのアーカイブズ化を」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/58555019

この記事へのトラックバック一覧です: ■日本文書情報マネジメント協会のガイドライン:

« シンポジウム:震災資料・学校資料をどのようにして保全し活用するか | トップページ | ■共同声明「福島第一原発事故に関わる放射線測定データの保全と後世へのアーカイブズ化を」 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...