« ■第12回歴史文化をめぐる地域連携協議会「地域歴史遺産の可能性を考える」【2/2】 | トップページ | 筑波大学 知的コミュニティ基盤研究センターシンポジウム「大災害における文化遺産の救出と記憶・記録の継承2014―被災文化遺産の救出と“その後”―」 »

2014.01.06

■日本史研究会2014年1月例会「被災歴史資料保全活動と災害史研究─3・11以降の歴史学の課題─」【1/26】

標記の研究会が開催されます。
参加申し込みは不要です。
詳しくは、主催者のサイトをご参照下さい。
http://www.nihonshiken.jp/regular-meeting/458-201401-reg.html
----------
日時: 2014年1月26日(日) 午後1時~5時
場所: 機関紙会館5階大会議室
(京都市上京区新町通り丸太町上ル東側
 地下鉄丸太町駅下車2番出口より西へ徒歩5分
 市バス府庁前下車すぐ)
報告
・佐藤大介氏(東北大学)
 「地元の歴史をのこす・学ぶ-東日本大震災後・宮城でのとりくみから-」
・大林賢太郎氏(京都造形芸術大学)
 「京都造形芸術大学日本庭園・歴史遺産研究センター(歴史遺産研究部門)
における被災資料等保存処置の取り組みについて」
・前田正明氏(和歌山県立博物館)
 「2011年9月の紀伊半島大水害時における資料レスキュー活動とその後の取
り組み」
入場無料。一般来聴歓迎。予約不要。
----------

from 「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

« ■第12回歴史文化をめぐる地域連携協議会「地域歴史遺産の可能性を考える」【2/2】 | トップページ | 筑波大学 知的コミュニティ基盤研究センターシンポジウム「大災害における文化遺産の救出と記憶・記録の継承2014―被災文化遺産の救出と“その後”―」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/58894029

この記事へのトラックバック一覧です: ■日本史研究会2014年1月例会「被災歴史資料保全活動と災害史研究─3・11以降の歴史学の課題─」【1/26】:

« ■第12回歴史文化をめぐる地域連携協議会「地域歴史遺産の可能性を考える」【2/2】 | トップページ | 筑波大学 知的コミュニティ基盤研究センターシンポジウム「大災害における文化遺産の救出と記憶・記録の継承2014―被災文化遺産の救出と“その後”―」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...