« 筑波大学 知的コミュニティ基盤研究センターシンポジウム「大災害における文化遺産の救出と記憶・記録の継承2014―被災文化遺産の救出と“その後”―」 | トップページ | 新潟市歴史文化課歴史資料整備室非常勤職員の募集 »

2014.01.11

全史料協関東部会第275回定例研究会の開催

1 日 時  2014年2月7日(金) 午後1時30分から4時40分まで(受付開始は1時から)
2 会 場  ふるさと府中歴史館 (東京都府中市宮町3-1)
3 テーマ  「多摩地域の自治体史編纂とアーカイブズ」
4 内 容
(1)館内視察
(2)報告1:「ふるさと府中歴史館の概要と経緯について(仮)」庄司 明由 氏 (ふるさと府中歴史館)
(3)報告2:「狛江市史編纂の経緯について(仮)」宇佐美 哲也 氏 (狛江市市史編さん室)
5 申込み  下記リンク先の参加申込書に御記入のうえ、事務局(埼玉県立文書館)へFAX(048-839-0539)
       又はメール(p6501121☆pref.saitama.lg.jp)により御連絡ください。
      *申込書がダウンロードできない場合は、参加者氏名、会員・非会員の別、例会・懇親会参加の有無、
       連絡先を明記してください。
       2月3日(月)を申込締切といたします。
       なお、研究会終了後に会場周辺で情報交換会(懇親会)を開催する予定です。

なおhttp://www.jsai-kanto.jp/もご覧ください。

« 筑波大学 知的コミュニティ基盤研究センターシンポジウム「大災害における文化遺産の救出と記憶・記録の継承2014―被災文化遺産の救出と“その後”―」 | トップページ | 新潟市歴史文化課歴史資料整備室非常勤職員の募集 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/58925019

この記事へのトラックバック一覧です: 全史料協関東部会第275回定例研究会の開催:

« 筑波大学 知的コミュニティ基盤研究センターシンポジウム「大災害における文化遺産の救出と記憶・記録の継承2014―被災文化遺産の救出と“その後”―」 | トップページ | 新潟市歴史文化課歴史資料整備室非常勤職員の募集 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...