« ■記録管理学会2014年研究大会【5/23-24】 | トップページ | ■2014年度歴史学研究会大会特設部会「資料保全から歴史研究へ -いま、歴史研究に何ができるか-」【5/25】 »

2014.04.28

■アート・アーカイヴ・シンポジウム 関西地区アート・アーカイヴの現状と展望【5/24】

標記のシンポジウムが開催されます。
参加申し込みは不要です。
詳しくは、大阪市のサイトをご参照ください。
http://www.city.osaka.lg.jp/keizaisenryaku/page/0000262411.html
----------
日時:平成26年5月24日(土曜日) 13時30分~16時30分(13時開場)
会場:大阪芸術大学スカイキャンパス(あべのハルカス24階)
 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 24階
定員:80名(事前申し込み不要)
参加費:無料
主催:大阪新美術館建設準備室、大阪芸術大学、特定非営利活動法人 Japan
Cultural Research Institute
内容
1.基調報告
『アート・アーカイヴの今日的課題──慶応義塾大学アート・センターにおける
アーカイヴ活動と過去3回のアート・アーカイヴ・シンポジウムを通して』
  渡部葉子(慶應義塾大学アート・センター教授/キューレーター)
2.事例報告
1)『大阪芸術大学図書館蔵「ウィリアム・モリス・コレクション」の構築』
  籔 亨(大阪芸術大学 名誉教授)
2)『京都市立芸術大学芸術資源研究センターの活動』
  加治屋健司(京都市立芸術大学芸術資源研究センター准教授)
3)『関西の戦後前衛美術資料の価値と現状』
 平井章一(京都国立近代美術館情報資料室長/主任研究員)
4)『宣伝資料の宝庫 「萬年社資料」を扱って』
 菅谷富夫(大阪新美術館建設準備室 研究主幹)
3.パネルディスカッション
 パネラー:渡部葉子、籔亨、加治屋健司、平井章一
 司会:菅谷富夫
----------

from 「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

« ■記録管理学会2014年研究大会【5/23-24】 | トップページ | ■2014年度歴史学研究会大会特設部会「資料保全から歴史研究へ -いま、歴史研究に何ができるか-」【5/25】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/59544508

この記事へのトラックバック一覧です: ■アート・アーカイヴ・シンポジウム 関西地区アート・アーカイヴの現状と展望【5/24】:

« ■記録管理学会2014年研究大会【5/23-24】 | トップページ | ■2014年度歴史学研究会大会特設部会「資料保全から歴史研究へ -いま、歴史研究に何ができるか-」【5/25】 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...