« ■新潟県立文書館の非常勤嘱託員募集 | トップページ | ■記録管理学会2014年研究大会【5/23-24】 »

2014.04.23

アーカイブズ学要論

アーカイブズ学要論(中京大学社会科学研究所叢書33)
上代庸平編

発行:中京大学社会科学研究所
発売:尚学社
サイズ:21cm/325p
ISBN:978-4-86031-110-0


目次

Ⅰ アーカイブズ学とは何か
  1.日本において「アーカイブズとは何か」を問う意味
  2.アーカイブズとは
  3.公文書と歴史学
  4.わが国の現状と課題
  5.まとめ

Ⅱ 学としてのアーカイブズ
  1.アーカイブズ学は何を扱う学問なのか
  2.アーカイブズ学の発展−ドイツにおける公文書学を例に
  3.アーキビストの職業的使命

Ⅲ アーカイブズの射程
  1.アーカイブズは何をどのように取り扱うのか
  2.キーワードから見るアーカイブズの射程
  3.アーカイブズの魅力と限界

Ⅳ アーカイブズの制度理念
  1.公文書管理制度はなぜ必要なのか
  2.アーカイブズの制度形成
  3.アーカイブズの制度形成の実際−ドイツの公文書館の機能
  4.わが国におけるアーカイブズの制度形成

Ⅴ 法とアーカイブズ
  1.アーカイブズと法の出会い
  2.公文書管理法制とアーカイブズ
  3.公文書管理法制定の背景とその過程
  4.公文書管理法の内容
  5.地方公共団体の公文書管理
  6.これからの公文書管理

Ⅵ 行政とアーカイブズ
  1.行政資料を保存することの意味
  2.現用文書と非現用文書
  3.公文書館の設置
  4.簿冊とファイル
  5.公文書館と行政の現場との関係
  6.公文書管理制度の課題

Ⅶ 歴史とアーカイブズ
  1.歴史研究におけるアーカイブズの重要性
  2.近代公文書学としてのアーカイブズ
  3.伝承のアーカイブズ
  4.おわりに

Ⅷ 世界のアーカイブズ
  〈概観〉
  1.ドイツ
  2.イタリア
  3.スペイン
  4.カナダ
  5.中国
  6.台湾

資料編
  国内のアーカイブズリスト
  日本の法令
  外国の法令

« ■新潟県立文書館の非常勤嘱託員募集 | トップページ | ■記録管理学会2014年研究大会【5/23-24】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/59516510

この記事へのトラックバック一覧です: アーカイブズ学要論:

« ■新潟県立文書館の非常勤嘱託員募集 | トップページ | ■記録管理学会2014年研究大会【5/23-24】 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...