« 尼崎市立地域研究史料館 第4回下張り文書はがしボランティア作業 | トップページ | 広島大学文書館設立10周年記念 公開パネルディスカッション「これからの大学文書館」 »

2014.05.17

日本図書館協会資料保存委員会 資料保存セミナー 図書資料の修理-基本的な考え方と知識・技術-

日時:2014年6月30日(月) 9:30~16:30

会場:日本図書館協会2階研修室
   〒100-0033 東京都中央区新川1-11-14(東京メトロ茅場町駅より徒歩5分)
    http://www.jla.or.jp/traffic_guide/tabid/75/Default.aspx

講師:眞野節雄(資料保存委員会委員長・東京都立中央図書館資料保全専門員)

内容:壊れたら修理するのか…何のために修理するのか…
   何を使って、どうやって、どこまで修理するのか…
   本のしくみや工夫を知る…どんな修理をめざすのか…
   やってはいけないことは何か…
   健全でやさしく美しい修理ができる4条件とは…
   講義と実習で学びます
   実習は、破れの補修などの基礎と表紙の外れた本の修理を予定しています

【持参するもの】
 カッターナイフ、定規(30cm以上)、ハンドタオル(小)2枚、
 ハサミ、ハードカバーでホローバックの壊してもよい本(実習用)

参加費:無料

定員:20名(申込先着順、ただし1機関1名となる場合もあります)

申込方法:氏名、住所、電話番号、所属を明記の上、下記まで
      日本図書館協会 高橋
      電話:03-3523-0812
      E-mail:takahashi☆jla.or.jp(☆を@に置き換えてください)

(田崎)

« 尼崎市立地域研究史料館 第4回下張り文書はがしボランティア作業 | トップページ | 広島大学文書館設立10周年記念 公開パネルディスカッション「これからの大学文書館」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/59656366

この記事へのトラックバック一覧です: 日本図書館協会資料保存委員会 資料保存セミナー 図書資料の修理-基本的な考え方と知識・技術-:

« 尼崎市立地域研究史料館 第4回下張り文書はがしボランティア作業 | トップページ | 広島大学文書館設立10周年記念 公開パネルディスカッション「これからの大学文書館」 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...