« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014.08.30

東京藝術大学総合芸術アーカイブセンター 大学史史料室特別公開 寄贈資料展

藝祭(文化祭)期間中の9月5日(金)から7日(日)、11時から16時、大
学史史料室にて寄贈資料展が行われています。

下記アドレスにてチラシがご覧いただけます。
https://docs.google.com/a/ms.geidai.ac.jp/file/d/0B4lp5VT132z6Q0tZOHQ0amY0VE0/edit?pli=1


大学史史料室のホームページです。
http://archive.geidai.ac.jp/topics/project/project-archives

---------------------------------------------------------------------
http://www.jsas.info/modules/news/article.php?storyid=182

2014.08.28

【東京都新宿区】ドキュメント管理者募集

募集職種名:【東京都新宿区】ドキュメント管理
仕事詳細:日々更新されるデータ、登記簿等の書類等、ドキュメント全般の
     管理をお任せします。
     常に最新版が分かるようように命名ルールや管理方法も含めて、
     お任せできればと思います。
雇用形態:正社員
勤務地(都道府県):東京都
勤務地(住所):東京都新宿区

※詳しいことはhttp://careerindex.jp/job_offers/12593733
 でご覧下さい。

(毛塚)

2014.08.26

株式会社出版文化社ではアーキビスト(正社員)を随時募集

株式会社出版文化社ではアーキビスト(正社員)を随時募集しております。

【主な業務内容】
1.アーカイブ業務について問い合わせにある顧客へ、企画営業担当者と共に、
コンサルティング・プランニングをし、提案活動を行います。
2.顧客から依頼される資料室の史料整備等、アーカイブ業務実施及び、進行
管理など

【応募資格】
大学卒業以上
学芸員資格取得者に限ります。

【応募・面接】
随時受付・書類選考後、面接となります。
まずは人事担当(梅原または成澤)まで、お電話をください。

・応募書類:履歴書(写真貼付)、職務経歴書
・書類送付先
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-20-2 ワカヤギビル2階
株式会社出版文化社 人事担当宛
※封筒に「アーキビスト応募」と朱書きしてください。

給与他就業条件:委細面談にて

【勤務地】
・大阪本部
〒541-0056 大阪市中央区久太郎町3-4-30 船場グランドビル8階
・東京本部
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-20-2 ワカヤギビル2階

【問い合わせ先】
出版文化社東京本部
人事担当(梅原または成澤):03-3264-8811
http://www.archive-support.com/

(梅原)

2014.08.22

■自治体職員のための文書起案ハンドブック

-澤俊晴. 自治体職員のための文書起案ハンドブック. 第一法規, 2013, 208p.
主な内容は以下の通りです。
----------
はじめに
第1章 起案とは何か
 第1節 これだけは知っておこう! 起案に必要な予備知識
 第2節 さあ起案だ!でもその前に 起案の準備と起案用紙
第2章 起案文書の内容
 第1節 イロイロな中身がある 内容
 第2節 中身のゆくえを左右する 行政活動の3類型
 第3節 誰が相手か 起案の対象となる相手方
第3章 起案文書の根拠と理由
 第1節 何がよりどころですか パートI 根拠(法令・例規)
 第2節 何がよりどころですか パートII 根拠(法令・例規以外)
 第3節 どうしてそうするのですか? 起案の理由
第4章 起案の際の注意点
 第1節 キチンとチェック 起案の際に確認すべきこと
 第2節 許可すべきか、せざるべきか 起案時の判断基準
第5章 起案後
 第1節 作ったら終わり!じゃない 起案文書が完成したら
 第2節 ハンコをもらっても終わりじゃない 起案文書が決裁になったら
第6章 施行後
 第1節 施行したら終わり!じゃないかも!? 施行後に予想される出来事
 第2節 訴状が届いたら 裁判所の構成と裁判手続
おわりに
----------
出版社による紹介が以下のページにあります。
http://www.daiichihoki.co.jp/store/products/detail/101317.html

from 「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

■IT技術者なら知っておきたいストレージの原則と技術

-EMC Education Services著, クイープ訳. IT技術者なら知っておきたいストレ
ージの原則と技術. インプレスジャパン, 2013, 423p.
主な内容は以下の通りです。
----------
Section I ストレージシステム
 Chapter1 インフォメーションストレージ入門
 Chapter2 データセンター環境
 Chapter3 データ保護:RAID
 Chapter4 インテリジェントストレージシステム
Section II ストレージネットワーキングテクノロジー
 Chapter5 FC SAN
 Chapter6 IP SANとFCoE
 Chapter7 NAS
 Chapter8 オブジェクトベースストレージとユニファイドストレージ
Section III バックアップ、アーカイブ、レプリケーション
 Chapter9 業務継続入門
 Chapter10 バックアップとアーカイブ
 Chapter11 ローカルレプリケーション
 Chapter12 リモートレプリケーション
Section IV クラウドコンピューティング
 Chapter13 クラウドコンピューティング
Section V ストレージインフラストラクチャのセキュリティと管理
 Chapter14 ストレージインフラストラクチャのセキュリティ
 Chapter15 ストレージインフラストラクチャの管理
----------
出版社による紹介が以下のページにあります。
http://www.impressjapan.jp/books/3351

ffrom 「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

■アメリカ連邦証拠規則

-田邉真敏. アメリカ連邦証拠規則. レクシスネクシス・ジャパン, 2012,
266p.
主な内容は以下の通りです。
----------
第1章 総則
第2章 裁判所による確知
第3章 民事事件における推定
第4章 関連性とその制限
第5章 特権
第6章 証人
第7章 意見証言および専門家証言
第8章 伝聞証拠
第9章 認証および同定
第10章 書面,記録物および写真の内容
第11章 雑則
----------
出版社による紹介が以下のページにあります。
http://lexisbookstore.jp/book/fm/000486.html

from 「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

■診療記録監査の手引き: 医師・看護師等の諸記録チェックマニュアル

-東京都病院協会・診療情報管理委員会編, 飯田修平編著. 診療記録監査の手引
き: 医師・看護師等の諸記録チェックマニュアル. 医学通信社, 2013, 102p.
主な内容は以下の通りです。
----------
第1章 用語の定義
第2章 監査の目的・意義
第3章 監査点検用紙(点検票)
第4章 実施要領
第5章 集計・まとめ
第6章 報告と改善
巻末資料
----------
出版社による紹介が以下のページにあります。
http://www.igakutushin.co.jp/index1.php?contenturl=book1.php?id=632

from 「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

■診療情報学

-日本診療情報管理学会編. 診療情報学. 医学書院, 2010, 456p.
主な内容は以下の通りです。
----------
I 診療情報学総論
 1 序論
 2 医療における診療情報の意義と役割
 3 診療情報管理と倫理
 4 患者情報としての診療情報
 5 医療機能と診療情報
 6 医学研究のための診療情報
 7 診療ガイドラインと診療情報
 8 医療における説明責任と診療情報
 9 高度情報社会における診療情報
 10 診療録の用字・用語の使い方
 11 診療情報に関連した用語について
II 診療情報の価値を高めるためのシステムと評価(診療情報学と応用)
 1 医療制度のなかの診療情報
 2 分類体系と疾病・傷害登録
 3 IT化
 4 医療の評価と診療情報
 5 経営分析システム
 6 DPC
 7 診療情報と支払方法
III 診療記録の種類と記載法
 1 診療録
 2 看護記録
 3 リハビリテーションの診療記録
 4 薬剤記録
 5 栄養記録
 6 院外における診療記録
 7 諸制度と実務 各種診断書・意見書
 8 死亡診断書(死体検案書を含む)
----------
出版社による紹介が以下のページにあります。
http://www.igaku-shoin.co.jp/bookDetail.do?book=81392

from 「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

2014.08.21

全史料協関東部会第278回定例研究会の開催

1.日時:2014年9月19日(金) 午後1時30分から5時まで
2.会場:東京大学山上会館 201・202 講座室(定員50名)
3.内容
 テーマ:「大学における公文書管理の現状と課題—公文書管理法施行から3年を経て」
  講義1「国立大学法人と公文書管理法—東北大学の事例からー」
            東北大学文書館 永田英明氏
  講義2「東京大学文書館の設置ーこれまでの道のりとこれからの展望」
            東京大学文書館 森本祥子氏
  質疑応答
4 申込み  申込書に必要事項を御記入のうえ、9月12日(金)までに下記事務局
  へFAXによりお申し込みください。
  または、参加者氏名、会員・非会員の別、定例研究会・情報交換会(懇親会)参加
  の意向、連絡先をご記入の上、FAXにてお申し込み下さい。
5 その他  定例研究会終了後、本郷三丁目駅周辺にて情報交換会(懇親会)を予定
  しております。申込書にてお申し込みください。

【送付先】FAX 048-839-0539

事務局(埼玉県立文書館)新井・番匠・宇野・髙野
 〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂4-3-18
  Tel.048-865-0112

なおhttp://www.jsai-kanto.jp/もご覧ください。

2014.08.10

■学習院大学大学院アーカイブズ学専攻助教の募集

学習院大学大学院人文科学研究科アーカイブズ学専攻が、助教1名を募集して
います。
職務内容は以下の通りです。
----------
(1)アーカイブズ学専攻の研究教育に関する専門的事務を担当する。
(2)アーカイブズ学専攻の研究教育活動に参加し、採用後2年目からは授業を
担当することがある。
----------
応募資格は以下の通りです。
----------
次のすべての条件を満たす者。
(1)修士の学位を有すること。博士の学位または、それに相当する学識を有
することが望ましい。
(2)アーカイブズ学または、それに密接に関連する分野の研究業績と、アー
カイブズ学の研究教育への強い意欲を有すること。
(3)すぐれた外国語能力を有すること。
----------
応募締切は2014年9月30日です。
詳しくは、同専攻のサイトをご参照ください。
http://www.gakushuin.ac.jp/univ/g-hum/arch/index.html

from 「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

2014.08.04

福井県文書館嘱託職員の募集のお知らせ

受付期間:平成26年8月1日(金)から 平成26年8月15日(月)まで 必着
面接日 :平成26年8月21日(木)

詳しいことはhttp://www.library-archives.pref.fukui.jp/?page_id=137でご覧下さい。

■文化庁非常勤職員の公募

文化庁が、研究補佐員(非常勤職員(期間業務職員))1名を公募しています。
業務内容は、「建築に関する資料の調査等の補助業務」です。
応募資格は以下の通りです。
----------
・ アーカイブズ又はデジタルアーカイブズについての知見,建築学の分野の
知見があれば望ましい。
・ パソコンで「一太郎」,「ワード」,「エクセル」等が使用できること。
 在学中の者は不可とする
ただし,夜間において又は通信による教育を行う学部・研究科等に在籍して
いる者で,当該学部・研究科等における教育上支障のないと認められる者は除
く。
----------
応募締切は平成26年8月18日です。
詳しくは、同庁のサイトをご参照ください。
http://www.bunka.go.jp/oshirase_koubo_saiyou/2014/hijokin_boshu_140724.html

from 「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

■イベント「東日本大震災に関する書類・写真の整理・保存講習会 ~被災支援活動の経験・ノウハウを活かすために~」【8/20】

標記のイベントが開催されます。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、国立国会図書館のサイトをご参照ください。
http://kn.ndl.go.jp/information/310
----------
題  目:
東日本大震災に関する書類・写真の整理・保存講習会
~被災支援活動の経験・ノウハウを活かすために~
講  師:
田中 洋史氏(長岡市立中央図書館文書資料室主査)
プログラム:
午後1時30分~2時30分 講演「新潟県長岡市における避難所資料の整理と保
存 ~市民ボランティアと災害・復興をかたりつぐ~」
午後2時45分~3時45分 避難所資料を用いたワークショップ
午後3時45分~4時    質疑応答
日  時:平成26年8月20日(水)午後1時30分~4時(開場午後1時)
場  所:岩手県庁 12階特別会議室(岩手県盛岡市内丸10番1号)
参加費 :無料
定  員:50名(先着順)
申込み締切:平成26年8月15日(金)(受付中)
----------

from 「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...