« ■東京大学史料編纂所附属画像史料解析センター研究集会「ガラス乾板の調査・保存・研究資源化に関する研究」【11/6】 | トップページ | ■公文書館啓発シンポジウム「今なぜ公文書館が必要なのか」【11/8】 »

2014.09.29

■平成26年度第31回画像保存セミナー【11/7】

日本写真学会が、標記のセミナーを開催します。
参加には申し込みが必要です。
詳しくは、同会のサイトをご参照ください。
http://www.spstj.org/event/nissya_e_syosai_123.html
----------
開催日時 2014年11月7日(金)9:55-17:20
開催場所 東京工芸大学 芸術情報館メインホール
 東京都中野区本町2-4-7
 地下鉄丸の内線・都営大江戸線 中野坂上駅より徒歩約7分
主催/問い合わせ先 日本写真学会事務局
プログラム
9:30 受付開始
9:55 開会挨拶 セミナー実行委員長
10:00-10:55 講演1.大型化する現代写真作品の展示と保存
 -「アンドレアス・グルスキー展」などの事例をめぐって-
 東京国立近代美術館 美術課主任研究員 増田 玲
11:00-11:55 講演2.「カメラばあちゃん」の記録と記憶
 IZU PHOTO MUSEUM 学芸員 小原 真史
昼食休憩(65分)
13:00-14:30 講演3.災害時における写真材料の脆弱性(日本語通訳付き)
 デラウェア大学 文化財保存修復学科長 デボラ・ヘス・ノリス
休憩(10 分)
14:40-15:35 講演4.データ保持とデータ復旧
 株式会社ワイ・イー・データ 情報セキュリティグループ 本庄 豊
休憩(10 分)
15:45-17:15 講演5.写真の保存に関するFAQ(日本語通訳付き)
 デラウェア大学 文化財保存修復学科長 デボラ・ヘス・ノリス
17:15 閉会挨拶 日本写真学会会長
参加申し込みについて

セミナー参加費(講演要旨集代を含む)
 日本写真学会および協賛学協会々員 ………… 6,000 円
 非会員 ………… 8,000 円
 学 生 ………… 2,000 円
定 員 180 名(定員になり次第締切りますのでお早めにお申し込み
下さい)
懇親会
 日時:当日11月7日17時30分より
 場所:東京工芸大学 芸術情報館3階
 会費:2,500 円
申込締切:2014年10月20日(月)
----------

from 「Daily Searchivist」 http://d.hatena.ne.jp/searchivist/

« ■東京大学史料編纂所附属画像史料解析センター研究集会「ガラス乾板の調査・保存・研究資源化に関する研究」【11/6】 | トップページ | ■公文書館啓発シンポジウム「今なぜ公文書館が必要なのか」【11/8】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4836/60393516

この記事へのトラックバック一覧です: ■平成26年度第31回画像保存セミナー【11/7】:

« ■東京大学史料編纂所附属画像史料解析センター研究集会「ガラス乾板の調査・保存・研究資源化に関する研究」【11/6】 | トップページ | ■公文書館啓発シンポジウム「今なぜ公文書館が必要なのか」【11/8】 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

催事カレンダー

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

図書の案内

  • 小川千代子著: 電子記録のアーカイビング
    日外アソシエーツ 213 p ; サイズ(cm): 210 x 148 \2,800
    電子記録は、怖い?! (★★★★★)
  • 小川千代子、高橋実、大西愛編著: アーカイブ事典
    大阪大学出版会 A5版 320頁 2500円 アーカイブの情報が一杯詰まった本。 (★★★★★)

雑誌記事速報

  • 雑誌記事速報
    Loading...